2010/2/28

オリンピック & うかつな人  

土曜のSalsa
7時から12頃まで脚がガクガクになるまで、何時ものことですが。 脚もだったが、息も切れそうなくらいに飛ばす。 県外に出ていた人もちらほら見る。 その他、昔の職場の人も!

<カルガリーオリンピック>
日曜TVで冬期オリンピックを観る。 さっぱり興味がなく観ていなかったがたまたまニュースを見ようとつけた時、エキシビジョンがあっていた。 時間がなくちょっとしか観なかったが、流石にアイスダンス?は素晴らしいと思う。 特に中国の銀メダルのペアーのアダージョ! アクロバティクなだけでなく動きが綺麗。 それとマニアックな点だが、男性が女性の片手だけで回転させる技、あれはサルサでもやるが、脱臼しないよう普通女性は反対側の片手で男性に回される肩を固定する。 しかし彼らはそれをしない。 かなり周到で緻密な計算が出来ないと非常に危険な技。

それとスケート一般に言えることだが、スピンの時、サルサでは視点を出来るだけ一点を見つめるようにするものだが、彼らはそれをしない。三半規管をどのように制御しているのか、不思議だ。

それとあのウィスラーの風景を垣間みる。 あ、あそこか! あの風景はこの前の学会で見た風景。

http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1480/trackback

このところオリンピックで中国や韓国の選手がメダルを穫るのに、日本の選手がさっぱりとれないことでエキサイトしたのか、「毒」を持つ言葉をネットに書き込む人がいる、残念なことだ。

それぞれにお国事情があり、必ずしも同じ価値観を持つわけではないし、利害が対立する場面がないわけではないが、今や東アジアは色々な意味で運命共同体になりつつある。 

いやむしろ違いがあるから、それを利用することも出来る。そこは知恵の出しよう。 狭い領域で喧嘩しても得はない、それより互恵的関係を築くことの方が得だということが判らないのだろうか? 

<うかつな人>
昨日、領事館へつきあう。 ところが月〜金のみ開館。 最初から「土曜日?」と思っていたが、まさか本人達が確認していなかったとは思わなかった。

警護の警察官に聞いても判らないよね。

クリックすると元のサイズで表示します

領事館の写真を撮ると怒られるだろうか? 盗撮的ショットにドキドキ。

クリックすると元のサイズで表示します

仕方なく帰る。

クリックすると元のサイズで表示します

実に迂闊な人!
0

2010/2/27

重要で緊急なお知らせ  

今朝からAOLのメールが使えません。

パスワードが正しくないと言ってきます。同じIDとPwdを使うこちらのblogは問題ないので、AOLの問題か、私のPwdが悪用されている可能性があります。10時よりAOLへ電話で連絡する予定です。

昨夜から今日にかけて私の < AOL > のアドレスで来たメールは悪用されている可能性があります。ご注意のほど。

追伸 回復しました

8:32AMでの接続で何事も無かったかのようにAOLに接続出来ました。 AOLの問題でしょう。
さて、AOLが障害情報を出すかどうか、見物です。
0

2010/2/26

『中国の人口問題と社会的現実』 5  お勧めの1冊

昨日、心療内科の先生と話す機会があった。 なかなか素人では思いもよらぬ、新鮮な視点を得た。

先生曰く、
『リストカット』を常習的にする若者にリストカット無理にやめさせるように指導するのは却って危険。 彼、あるいは彼女は、リストカットをすることで、感情のはけ口を見出している。 むしろ「リストカットをさせながら」少しずつ治していくことが1つの方法。 「させながら」という部分に驚きと、新たな視点を得た。

『中国の人口問題と社会的現実』
冒頭は総論で世界の人口問題について。

「イランのシーア派は多数派のスンニー派に対抗するために…(子沢山を薦めた)」p28
これはイラクの間違いだろう。ちなみにイランのシーア派は極端に出生率がモスレムとしては少ないことで有名。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/872/trackback

『ゆりかごの復讐』 この言葉を見た時、最初に思い浮かんだのがケペルの『神の復讐』である、その言葉をもじったものであるとすら思った。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/345/trackback
しかし、これはそれより以前、フランス系ケベックでの人口増加を指すらしい。p32 即ち、イギリス系により支配されたケベックのフランス系住民は人口を増やすことで対抗したということらしい。

ロシア革命で生じた内戦、外国軍の干渉、飢餓、伝染病により、革命後2851万人が死んだ。これは、当時のソビエト人口が1億4500万人なので、何と2割に当たる。p33

最近のことだ、中央アジアに朝鮮民族がいるというのを知ったのは。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1345/trackback
これは1937年のスターリンによる強制移住であることもその時に知ったが、その原因の1つが満州事変により日本の北東アジア侵略が進行し、これに対して「日本軍国主義のスパイである」と濡れ衣を着せられたことによることを初めて知る。p35

反日闘争に燃えていた朝鮮民族にとってはとんでもないことだが、1910年の日韓併合はこの事実を覆い隠した。

現代中国史、朝鮮史を日本人が学ぶことは、それなりに辛い。
0

2010/2/25

大体目星はついている  試行,指向,志向、思考

大阪地検特捜部が摘発した事件 、その後。

http://www.asahi.com/national/update/0224/OSK201002240060.html

どうも腑に落ちないと思っていたことは、やはり勘が当たったみたいだ
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1493/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1489/trackback

何故、このようなことが起こったかについても、大体目星はついている。ただし迂闊な事は此処に書けない。
0

2010/2/24

4月末の上海行きの準備  上海3

職場はこの大学と姉妹校で、↓ 今度共同イベントがある。これに参加。 
名前からは想像出来ないが(笑)江沢民氏の卒業校で中国では名門校である。

つい最近もグーグルへのサイバー攻撃の拠点となったとして名前が出た(汗)
http://www.asahi.com/international/update/0220/TKY201002200133.html

http://blue.ap.teacup.com/salsa2001/img/1262059753.jpg

salsa bar map
木曜日から日曜までのSalsa bar スケジュール

http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1521/trackback

木曜 <Bar789>
金曜 <世紀大上海影院西餐庁>
土曜 <9Dragons>
は済み、次回は別の場所を! 勿論上記は安全牌として確保

それとZapataでのSun day salsa nightが復活したとか。
住所:衡山路5号,近东平路


大きな地図で見る
0

2010/2/24

いつか来た道  教育

今朝はTeacupのサーバーがメンテナンスで停止するとのことだったのでアップが遅くなってしまった。

今朝の『ビジネス展望』は東京福祉大学の水谷氏。 評論家の中では比較的信頼している人。 今朝の話題も日本の財政破綻のことだった。 

「仰る通りですが…」と同時に「とは言ってもね〜」と同じパターン。 「だからどうするのか?」という提言が無かったのは残念。

<いつか来た道>
昨日のニュースによれば、医師不足対策として、医学部定員がこの3年間で1221人増えたとか。 民主党もマニフェストで「医師養成数1.5倍」を掲げる。
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY201002230105.html

馬鹿げたことである。 彼らが前線に加わる10年後には、また医師過剰が話題になるだろう。 これはいつか来た道。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1542/trackback

1986年、厚労省(当時は厚生省)は95年までに医師10%減の方針を立て、98年に9%減達成となったが、既に98年の時点で、医師不足が誰の目にも明らかになり現在に至っている。 つくづく厚労省も民主党も学習能力というか、想像力がないと思う。 

それより5Kと云われる過酷な医療現場への配慮や、すぐ訴訟に持っていかれる外科、産科等の医師を適正に保護する仕組みや、診療報酬の上昇の方が医師不足には即効性が高いし、長い目でみた場合社会に負担をかけなくてよい。 国民も全ての医療行為は常に生命のリスクを伴うものだとの理解も必要だろう。

しかもこの処置、あまり知られていないが、様々なところに実はしわ寄せを引き起こしている。 例えば、いま歯学部の受験者数は激落している。 同時に当然のことだが、歯学部を受ける学生の学力(偏差値)が落ちている。 これは医学部に入りやすくなったことと連動していると思われる。

0

2010/2/23

大阪地域  勝手連=里親リンク

詳細はこちら、「ニャパネットリターンズ」で↓
http://ameblo.jp/aisys/
なお、当方「勝手連」にて、ニャパネットリターンズの了承は受けていません。

できれば是非、 募金にご協力をお願いします。
インターネット募金です、手軽に、無理なく、多くの方に!


http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1554001/index.html


以下のような話を聞くと悲しくなります。

【募集に至った経緯】
飼い主さんが一人暮しのおばあちゃんで、病気のため急に施設に入居することになりました。野良猫だったまるが家に住み着いたので子猫の時から今まで一緒に暮らしてきました。おばあちゃんには子供がなく、この先まるを世話してくれる人がいません。まるが一人ぼっちになり、また野良に戻ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/23

『中国の人口問題と社会的現実』4 真の姿を示すものは?  お勧めの1冊

今朝はパスポートセンターに更新の手続きに行くため、休みをとる。 平日だがアクロス3階で開館の8時45分まで暫く待つあいだかなりの人が集まる。 手続きは簡単に終了。せっかく休みをとったのでゆっくりシアトルズで朝ご飯しながらネット接続。

『中国の人口問題と社会的現実』
この本を読んでいくと、上海と云う都市が見かけによらず非常に中央に従順な都市であることが判る。中央の政策に従い、その模範的行動をとっていることが判ったことは意外。 上海はもっと開放的で、自由で、「上に政策あれば、下に対策あり」の典型かと思っていたが…

Toddだっただろうか? 人口の推移や乳児死亡率の変化、あるいは識字率の変化は、マスコミなどで盛んに流される情報と異なり、真の姿をより正確に表していると。

かれは『原理主義とは何か」で以下のように語る、


『大衆識字化と受胎調節はともに、テレビのニュースで伝えられる世界の動きとは異なって、実に心強い世界の歴史の姿を描き出してくれる』
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/33/trackback

これもその1つの例かもしれない。

さて、本題に戻って、、、

驚くことに、中国は80年まで高齢化について問題を感じていなかったらしい。「一人っ子政策」の方針を徐々に変えたのは82年以後。その結果総人口が15〜16億に増大しても仕方ないと考えるようになったとか。p405

特に高齢化が上海で65歳以上の人口比は2000年段階で11.53%。全国比は6.96%。p409
2020年段階で高齢者(65歳以上)のいる世帯が常住戸籍人口の半分(49.5%)にもなると予測されている。p415

都市の社会保障はそれまで国有企業改革で単位が所有していた学校や病院を手放した結果「社区」地域コミュニティーが登場した。 p413
0

2010/2/22

『中国の人口問題と社会的現実』3  お勧めの1冊

世界の人口予測は年を追うごとに低くなっている。
2050年の人口予測は 
92年に100億人、94年に98億、96年に94億、そして最新98年(この時点で)の予測では90億となっている。原因は途上国の出生率低下と91年のソ連崩壊、民族紛争、エイズ等の感染症とされている。p370

中国では年間85万ヘクタール(国土の何と1%!)の耕地が毎年失われている。原因は土壌流失や砂漠化のほか、肥沃な耕地する耕作放棄(三農問題による出稼ぎ)が起こっている。p378 一人当たりの耕作面積は49年の0.18ヘクタールから、現在0.086と半減し、2050年には0.08 にまで低下すると予想されている。p380 これは世界平均の0.3に比べ非常に低い。 中国は広大な国土を持っているようだが、実際には世界の耕作面積の7%で世界人口の22%を養っている。

一方、都市化については97年の都市人口は3億6989万人(30%)から2020年には9億5474万人(64%)と予想されている。p379

ある人が述べたように、中国の危機は
  『誰もが問題を指摘出来るが、誰も解決策を見出し得ない点』

だと言える。 「目に見える危機」だが、「回避の困難な危機」とも言える。
0

2010/2/21

『中国の人口問題と社会的現実』2  お勧めの1冊

下図は上海の人口ピラミッド、人口構成が毛沢東の「産めよ増やせよ」政策と「一人っ子政策」で、極めて奇形的になっていることがよくわかる。 なお2000年の黒い部分は非戸籍人口で、その足らない部分を流入人口が補っていることがよく判る。p301

クリックすると元のサイズで表示します

しかもその主体は30歳を中心とする若年層であることが次の外来流入人口のピラミッドで判る。p307

クリックすると元のサイズで表示します

日本における国籍別外国人登録者数 『中国の人口問題と社会的現実』若林敬子著、ミネルヴァ書房、2005年初版。p353の表より、図を独自に作成

クリックすると元のサイズで表示します

我が国では2050年には人口が1億500万人になると予測されている。このことから1995年段階の労働力を維持する為には2050年までに3350万人の移民を受け入れる必要があるというようなことを云う人がある(著者ではない)つまり年間60万人を受け入れることになる。

ヨーロッパを先行例をみれば、このようなことが如何に愚かな選択であるかが判る。国境は狭く開かれていた方がよい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ