2011/3/31


125μCiのPラベル化合物(β線)を使用して半日実験。 被爆線量は1μSvなり。

クリックすると元のサイズで表示します

普段は気にもかけないが、あの原発事故があって流石に被曝線量に注目してしまう。  

それにしても色々気を使うRI実験だが、原発事故と比較すれば馬鹿みたいな線量。

クリックすると元のサイズで表示します

追加
125μCi=4.625MBq
0

2011/3/30

日本は負けない!  

震災で「崩壊の10年」が囁かれている。
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2011-03/22/content_22196119.htm

新興国にとってチャンスとみる向きもある。一方で日本の地震によって新興国、例えば中国のGDP成長率は0.5ポイント下がるとの試算もある。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/22/content_22193659.htm

短期的には新興国にとってマイナスでも長期的には日本の震災はチャンス。阪神淡路の例で考えれば、地場産業は全て中国に取って代わられたし、神戸港の機能は韓国の釜山にとって代わられた。

いずれにせよ、日本は試されている時。負けんゼ!
0

2011/3/29

原発事故の影響 & 似非学者  震災ー原発事故

産業界のみならず、学問・研究の世界でも震災と原発事故の影響が出てきている。

まず切実な問題としてアメリカから輸入便がキャンセルとなり試薬が届かない、最悪5月以降との連絡すらある。

それと、これは完全に原発事故の影響だが、学会の招待演者が日本に来たがらない。海外からの研究者の講演を目玉にしている学会は延期を検討しはじめた。

さらに東北・関東の大学、研究所の研究者の研究継続が困難になり、別の関西や九州地区の大学、研究所に仕事場を求めている連絡が学会のメールでどんどん入る。特に時限のポストドクにとっては深刻だ、この1年2年で成果をださないと次の職がないから、この思わぬ事故の影響は大変なことだ。

…地震だけならこのような混乱は起こらなかったのではないかと思う。原発事故の影響はいつまで続くかいまだに判らない。非常に高いコストになりそうだ。

***********************

今朝の『ビジネス展望』でも内橋氏が、「原発安全神話はいかに作られたか」という話題で語られていた。同氏はこのような安全神話を広めた学者、研究者を厳しく批判していた。

先頃、物理系の放射線防禦学が専門の大学教授T氏が防御の為に『乾燥昆布を30グラム食え』 だとか、反原発派は親中派の左翼だとか述べていた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2230/trackback

http://www.youtube.com/watch?v=B5KeT0JBq-w&feature=youtube_gdata

昆布については本当に必要な程の被曝時にはヨウ素剤の摂取でなければ間に合わないし、
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/rb-rri/gimon.html#Q5

反原発派が親中派の左翼だというのも事実とは反するだろう。 

私自身、日本の原発は安全だと信じていた。ただしこれ以上の原発は作らない方がいいと考えていたのは反原発というよりは「隠されたコスト」による。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2234/trackback


いずれにせよ、問題はこのようないい加減なことをいう評論家、大学教授がきちんとマスコミから、そして世間から批判・糾弾されないことだろう。

… しばらくは批判めいたことは言わないようにしていたが、今朝は流石にそうとばかりも言えなくなった気分で、また過激に批判してしまった。

2

2011/3/28

Skype初開設  

これは凄い、面白い!
TV電話が可能。隣同士でskype介して会話(爆)

クリックすると元のサイズで表示します


なおZYは、金曜日に再来日して、在留資格申請のための手続きに必要な書類を領事館でそろえ、31日ビザが切れる前に再度帰国の予定、なんとも大変なスケジュール。
 
…それにしても、31日間に合うか?? 駄目のときは少しオーバーステイ?  
こちらは心配するが本人はいたって平気、肝が据わっているというか? 脳天気というか???
0

2011/3/26

試験管1本に至るまで全てコンピューターに登録  

昨日超低温保存槽が故障して−80℃から−65℃くらいまで温度が上がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

他の超低温保存槽の空きスペースに早急に移す必要があるが、とても全部は移せない。そこでトリアージ(Triage)の真似をして、

(1) 捨てられないもの 
(2) 場合によってはあきらめるもの 
(3) あきらめるもの、

に分類して素早く移動させた。中には世界中此処にしかないサンプルだって沢山ある。

クリックすると元のサイズで表示します

これが可能になったのは、試験管1本に至るまで全てコンピューターに登録し、どこに保存してあるか検索できるシステムを以前から構築していたことによる。 ちょっと周りに自慢できた(笑)
0

2011/3/25

今日は素直にそう思った  

今朝の『ビジネス展望』は14年間コメンテーターをつとめられた水谷氏の最後の日。内容は「再生日本」というものだった。

同氏は日本再生のためには、国民一人一人が変わらないといけないし、またこれを契機に変りつつあると述べられた。

誰もがこのところはじめて、多少日々の生活を犠牲にしても被災者の為に何かやろうとしているような気がしている。それまでの国任せ、他人任せの態度から何か自分でやれることをやろうという声があちこちから聞こえる。

幸い、今の日本には他のどうような被災地で見られるような社会秩序の混乱もない。日本もなかなかすてたものではない
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1815/trackback

また、全国的にみれば物資供給も十分にある。それに戦後の復興を考えれば、もっと酷いところから日本は這い上がりここまでやってきたではないか、とも。

たまたまその前の時間の番組で武田鉄矢氏も同じようなことを述べていた。

「希望は我々の中にある、その火を灯そうと」

希望は外にはない、我々自身の中にあるということだろう。国民一人一人が変ればまた新たなルネッサンスがやってくると私も思う。

普段ならやや皮肉ぽく受け止めたかもしれないが、今日は何故か素直にそう思った。

PS
現状分析や政府批判だけからは何も生まれない、どうすればよいか。さらに国民を勇気づけるメッセージこそがいま必要ではないだろうか?
0

2011/3/24

脱原発  震災ー原発事故

昨日のビジネス展望で慶応の金子氏が原子力から再生可能性エネルギーへの転換を力説されていた。同感である。

もともとこれ以上の原発は不要との立場だったが、それは隠されたコスト(永遠とも思われる廃棄物保存にかかるコスト)が理由で、必ずしも安全性からの考えではなかった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/686/trackback

いや、むしろ日本の原発は安全だと信じていた。m(_ _; m

ところが安全なはずの原発が地震、というより津波で脆くも潰れてしまった。 あの規模の地震に対して被害が少ない方だ、と言う者もいるがそれが何の慰めになろう。

事故は事故、今後何年も放射線に関わる問題は続く。廃炉にするだけでは済まない。これからどれだけのコストがかかるか誰も計算していないだろう。環境、特に農業や漁業への影響を考えると…

今後日本は「地震の国」という意識をもち、脱原発。新エネルギー開発にむけ最大限の努力をしないといけないと思う。太陽熱、風力以外にも、地熱がある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1653/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1675/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1591/trackback

もう1つの話題
いまCsによる内部被爆が話題になっている。これは同族のKと置き換わりやすく食物によっては生物濃縮も考えられ。さらに厄介なのは半減期が30年と長いこと。

      …久しぶりにメンデレーフの周期表を開いてみた(笑)

今のところ微量で実質問題はないだろうが、今後どうなるかについては誰も答えられない。 とにかく半減期が長い、内部被爆の可能性というのが厄介だ。 人間の寿命から考えれば30年の半減期は意味ない、60年かかっても25%になるだけだ。

なお、代謝による排泄はCsでは80~120dayとされているが、環境にあればまた体内に入ってくる。
0

2011/3/23

「不信の文化」  

普段、とても反日的なチャイナネットも時には日本を評価する。 

これだけの歴史的な巨大震災、巨大津波の被害に遭いながらも日本国民の冷静さ、秩序維持能力の高さは中国ならずとも、世界から賞讃されている。 

下の写真は給水に並ぶ被災者の列。東日本大震災の「一番」として紹介していたが、普段から列に並ばない、群がる、横から抜け駆けするという中国人の習性を知る人には納得の1枚だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

一方で、このところ原発事故をきっかけに、塩の買い付けパニックが中国で起こった。現在、公安が厳しい取り締まり(罰則500元は安すぎると思うが、拘束10日間は流石中国)で塩騒動は終息しつつあるようだが、それ以外にもいろいろと根も葉もないデマは今後も流れるだろう。

http://ponkotsunihongo.blog.shinobi.jp/Entry/812/

中国人がパニックを起こしやすいという理由に、政府が情報を好きなように操作していることを中国人自身がよく知っているということ以外に、漢族の「不信の文化」を指摘する人がいる。

さらにその背景には、中国近現代史における宗教、思想、共同体の崩壊があるとも指摘していた。 


確かにそうだろうと私も思う。政府も、他人も信じない、信じられるのは一族・親族だけというのがあるような気がする。

かつて中国人が政府に頼らないという民族性を凄いと思い、

『政府や権力を巧みに利用しながらも、それらを全く当てにしない。 それどころか政権(王朝)が倒れても一族同士で助け合い繁栄する戦略である。 到底、島国育ちの日本人では歯が立たない程の国際性と独立性というのでしょうか?  「中国共産党がナンボのもの?」というような強かさである。 中国3000年の知恵でしょうか! う〜ん、太刀打ち出来ないかも…』
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/850/trackback

と述べたことがあったが、これがこの『不信の文化』からくるとするならば、これはあまり好ましいことではないなとつくづく思った。

やはり「共同体を信頼できる」ということはある意味素晴らしいことかもしれない。

PS
昨日発表された国家試験合格率は予想以上に低かった、「上位定着」とはもはや言えなくなった。

いやいやこれから大変だ。私立は合格率がよくないと死活問題。 ますます学長からの指導徹底の檄が飛ぶだろう(汗)


0

2011/3/22

横ずれ断層に注意  

今度の地震・津波の教訓から、自分が住む所のハザードマップを探してみると、直ぐに出てきた。
http://www.kasen.pref.fukuoka.lg.jp/
http://www.sabo.pref.fukuoka.lg.jp/kikenmap/index.html

は洪水想定区域 は危険斜面 ピンクは土砂崩れ被害想定区域 

クリックすると元のサイズで表示します

取りあえず土砂災害に関しては問題なさそう。

断層についてはどうだろうと調べてみると、最近近くに宇美断層なるものが見つかったようだ。直下ではないが、かなり近い。直線距離にして1〜1.5Km。

クリックすると元のサイズで表示します

横ずれ断層とのこと、

クリックすると元のサイズで表示します

家具の配置から1階の寝室とダイニングキッチンの家具には補強が必要かも? 2階の寝室は多分OK。

福岡県内どこでも断層は沢山あるので絶対安全な場所はないだろうが。情報を得ることは重要だと思う。
0

2011/3/22

定点観察 あるいは 春近し  

桜の蕾が大きくなりだした。

クリックすると元のサイズで表示します

春よ来い、早く来い。
どこよりも先にまず東北へ。

さあ今日も淡々と日々の仕事を頑張って力を蓄えよう!

神戸だって見事に復活したではないか!
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2134/trackback

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ