2011/4/27

『現代中国農村の高齢者と福祉』 2  

今朝の『ビジネス展望』でといち氏は、福島の原子力事故と今後のエネルギー政策について、

この事故は日本だけではなく世界の事故、情報の随時公開が必須であることを述べる、同感。 

また今後のエネルギー政策としては、大規模集中型から小規模分散型へ、バランスが重要とも。共に納得できること。



『現代中国農村の高齢者と福祉』 
著者は実名を記することなくA村としているが、添付された地図上の島の名前から容易に場所を特定することが出来る。

いや、Google mapの力とも言える、著者が訪ねたであろう家までも写真で確認する事が出来た。


大きな地図で見る

フィールドワークがなされたのは上の地図上、右下の村である。

また、このような記載もある。 1984年以降、山東省出生条例により、農村では第一子が女児の場合、母親が28歳以上であれば、第二子の出産申請が許可されたとか。p49

母親の年齢次第だが、妹までは許可されたのかもしれない、ただしいずれにせよ罰金を払ったということなので第三子の弟は対象外となる。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ