2011/6/11

トラブル & 日本の商品の価値を下支えするもの  

昨日トラブルがあって帰国が1日延びた、でも航空券が無駄にならず1万円の追加支払いで済んだのはラッキーと云うべき。原因は入国管理局に再入国の為のスタンプを貰う必要があったようだが、よく判らない。本人もよく判らないようで、飛行機には10分遅れて間にあわなかったとのこと。 発行に手間取った係官の文句を言っていたが、これは仕方ない。今朝はいつもより早く出発したが別に不満も云わず従った。反省はしたようだ。再来週には外国人登録証が出来上がるのでそれがあれば問題はなくなるだろう。

さて、今回義理のお姉さんが木曜まで日本に滞在していたが、この方中国の富裕層に属するようだが(個人旅行で日本に観光旅行出来るということから)買い物で忙しかった。 もともと買い物好きのZYも少しうんざりしたようだから、相当のよう。

勿論、百貨店とか、有名ショップでの買い物は当然だが、驚いたのは普通のスーパーでも色々買い物をする。当然、中国でもありそうな小物だが、わざわざ日本で購入してお土産や個人的に使用するようだ。どうやら日本製に並々ならぬ安全・品質信仰があるようで、中国製でないかのチェックをしていた。

これとは別に、一般的に中国の人の日本製に対する評価は高い、反日的なことばかりをいうような層ですらである。そんなに嫌いなら買わなければいいのにと思う程。ここら辺はなかなか観察していて面白い。

以前、China Netがいつも政治的なことでは反日的なことをよく書くのにある面では高い評価をすると書きその背景について論じたが、それは余り間違っていないと思う。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2030/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ