2011/12/31

3日目(25日)  杭州4

『東日本大震災・映像に残された「生と命の記憶」』 を観た。 突然人生を奪われた多くの人々のことを思えば自分の事など大した事ないなと真から思った。



3日目(25日) 
朝はやく自宅にGO。泊まったYork Hotel(多分2星レベル? 基本OK) ホテルから自宅までは車で3分程度だが歩けばそれなりの距離。3413

クリックすると元のサイズで表示します

最近ではかなり住民が増えたようで自家用車が所構わず駐車している、幸いすぐ近くに空きがでてラッキーだったが、場合によってはかなり歩くことに。3415

クリックすると元のサイズで表示します

両親が来ているとは聞いていたが実際には弟夫婦も2人の子供を連れて来ていた、さらに直接親類関係でない妹(ここら辺よく判りませんw)も1人いて、お客は総勢7名。2部屋しかないのにどうやって寝たのだろう? 兎も角家族全員集合状態。 ということは山東省は空状態? それにしても仕事は皆どうしたのだろう??

皆で時間差朝食(なにせ妹カップルを除いても9名なので)、お母さんと偽妹?はご飯派、他は饅頭派みたいだ。私は満腹といいつつ両方食べる(汗)

昼ごろ自宅近くの自動車整備所で点検と洗車をしてもらうのにつき合う。ZY洗車を眺めるの図。3419

クリックすると元のサイズで表示します

集合住宅の周りは田園風景、道路の脇は雑草が茂っているかと思っていたが実は野菜がどこもかしこも植えてあった。車から見ていては判らない。3417

クリックすると元のサイズで表示します

杭州の町中にでる。スターバックスもあちこちに見る。3421

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスで混雑が半端ではない。これはどこからの車だろう 3422

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル内の店に着く。足湯をしてもらう。昨日のSPAといい、身内にしていたら商売にはならないだろうに… これも他の店に比べると2時間で388元とはかなり高価ではないか? 
3424 3426

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

足湯の後しばらく休んだのち、妹のボーイフレンドと一緒に夕食に韓国料理の店に行く。タイムシフトで弟(妹のボーイフレンド)が前半、ZYが午後から深夜までマネージメントするらしい。
3427 

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/30

2日目−2   杭州4


<2日目−2>
3時頃杭州の西湖湖畔の高級ホテルにつく1年ぶり。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2148_9/image

ここでスペースを借りて最近店を開いた。夜と朝の玄関。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まだ今のところは本格的にオープンしているわけではないが、ホテルの宿泊客は受け入れているよう。今後どれだけホテル外の客を取り込めるかが勝負だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

男女別にメニューがあるが料金はほとんど変わらない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく客室で休憩していると受付の方からQQのピピピという呼び出し音がしょっちゅう鳴る。 QQは中国ではもはやデファクトスタンダード。しばらくしてお客になってSPAを体験、なかなか素晴らしいが、お値段もかなりの額。 

クリックすると元のサイズで表示します

最高クラスで2000元ほど、これは前日見た野村ラーメンの従業員の給与と変わらない、外国の観光客か中国国内の富裕層しか無理。

執務室には弟が(実際には妹のボーイフレンド)は先ほどまで仕事していた様子。防犯カメラ?があちこち配置されている。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら兄弟姉妹で運営し始めたよう。これにはちょっと安心。 このお兄さん、若いがなかなか頼りになりそうと感じていたから。ZYだけではいかにフランチャイズといえ心配。

食事後はまた兄弟姉妹で揃って宴会? 今夜はクリスマスイブということでそれでなくても人が多い街が凄い人だかり、中国ではクリスマスはそれ程盛んではないと聞くがやはり大都市では欧米化しているということだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

このアロエのジュースはとても美味しかった♪

クリックすると元のサイズで表示します

今夜は両親がまた来ているとのことでホテル泊。
0

2011/12/30

『稲作渡来民』 3  お勧めの1冊

年内にやらなければならない仕事が山積み、とても大掃除も賀状書きも出来そうにない。年明けか?(汗)明日はシラバスを完成しないと… 如何に今年の分の修正で済むとはいえ、4教科! 大変だ〜〜〜!!


でた〜〜 日本版アクロバット走法。負けじと我々もエネルギシュにやらなければ!

クリックすると元のサイズで表示します




『稲作渡来民』
予想通り実験家でもある農学者の見る目は、机の上で地図を広げて思案する歴史学者とは違う視点を持つようだ。

このところ忙しいのであまり時間をかけないようにしているがちょっとした待ち時間などで得意の「10分読書」をして読み続けている。

著者は、「水を湛えた水田で穀物を生産するという世界的にみても特異な稲作の発明とその普及」は小集団の漂流か偶発的な渡航によって可能になるとは考えていない。

むしろ船を操り移動性に富んでいた水田稲作民が長江下流領域の古代国家、呉や越の国から沿海沿いに山東半島に、さらに朝鮮半島西部に海を横切って稲作を広げていったと考える(山東半島から遼東半島は100キロで晴れた日には目視できるとか)。p142-144

同氏は後年の遣唐使の実例や現代の実験航海の例を引いて、よく云われる長江下流から帆走して九州にたどり着くのは無理だと考える。p141 

勿論漂流は数多くあっただろうが、「水田稲作」という当時最先端の技術をそのような偶発的で小規模の渡航で根付かせるのは無理だと考えている。成る程と思わせる説得力がある。

自分もこれまでそのような本をよく読んでいたので信じていたので気づかされる思い。

0

2011/12/29

2日目−1  杭州4

朝、ホテルの窓から眺めるの図、高層アパートと昔からの町並みの共存がいかにも中国的

クリックすると元のサイズで表示します

朝遅くホテルをでて隣の野村ラーメンという日式?のレストランに行く。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメン屋といっても何でもありのお店、いつものように沢山の料理を頼んで朝から宴会? ラーメンは豚骨味だが薄い、これなら誰でも食べられる味。 

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮らなかったが、野村ラーメンの服務員募集の看板に2,000元の金額が書かれていた。これが月収か?

食事後杭州へ、

クリックすると元のサイズで表示します

途中道を間違いながらなんとか高速の入り口にたどり着く。その間、運転しながらスマートフォーンで位置確認をする、全く気が気ではない。

クリックすると元のサイズで表示します

杭州の街に入るとまだどんどん高層アパートが建設中。不動産バブルの危険性が囁かれているとは思えない。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、3人乗りのバイクに出会う。ま、毛沢山さんのアクロバット走行の足下にも及ばないが一応激写。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/28

1日目  杭州4

消費税を上げることはマニフェストに違反するという理由で離党する民主党員。 国会議員の定員削減も出来ない者たちがマニフェスト違反だと偉そうにいうことではないね。

改めて画像付きで杭州行きをこれからupします。

<1日目>
上海浦東空港はいつもの通り大混雑、しばし迎えを待つ。次回は長距離バスで一人で行けるようにならないといけないと決意する。

クリックすると元のサイズで表示します

途中のサービスステーションはいつもの通りがらんとしている。これで採算がとれるのかと余計な心配をする。

クリックすると元のサイズで表示します

最初上海で1泊して遊ぼうと言い出したが、道を間違う。ナビを購入しなさいと云うが、お金がもったいないという。BMWに乗って云う言葉?? 結局嘉興で途中下車。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず此処で夕食をとる。毎回沢山の料理を注文するのにはいつも気にかかる。今回は人数の3倍の皿が並ぶ、やはりもったいないね!

クリックすると元のサイズで表示します

夕食後演劇場に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今夜の宿はetime inn、何だかとても今日日な名前。それにしてはwebはとても遅い(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/27

帰国前  杭州4

空港まで送ると五月蝿く云うが今回はバスで浦東空港までいくことにする。3448 

英語が通じないというが、いざとなればこちらは漢字という強みがある。 杭州中心部の杭州大厦近くにパーキングする。 このビルは有名らしいのでランドマークになる 3450

この近くに長距離バス乗り場がある。チケット売り場は判りやすそうでそうでもない。 外見は普通のお店の感じ。3453 3454

午前中は30分おき、午後は1時間おきに出ている。3455 11:30分発にぎりぎり間に合う。(ただし付いたのは3時頃で2時間近く時間待ち)

バス乗り場が問題で、路上なので適当にバスが移動するみたいだ、ここが注意点か?3457 3458

3時間程かかる。2時間は混んでないので高速で走れる。3459

あと47km地点まできて、すぐだと思ったがこれからがラッシュで時間がとられる。今回は遠出しなかったのでアクロバット走行はなし、せいぜい後ろのドアを開け放して走るトラック程度(汗)3462

遠くに上海の摩天楼を見つつ浦東空港に 3463

時間に余裕があったので次回にむけ杭州行き長距離バスの情報収集。簡単に場所は判る。ここも1時間おきにバスがあり、最終は8時。これは楽勝そうだ、乗車場所に気をつけることもなさそう。3464 3465

前日の夜、膝を突き合わせ、「中国語を勉強してください」と約束をさせられた。指切り拳万など何十年ぶりか? 5年計画など云っていると失敗するので2年計画でやろう。


0

2011/12/27

5日目(12/27 最終日)  杭州4

5日目(12/27 最終日)
今回は一人で浦東空港まで行くことにした。ZYは誰も英語を喋らないからと心配するが、いつまでも車で送り迎えしてもらうわけには行かない。次回は行きも浦東から杭州までバスで行く予定。 今回は最初なのでチケット購入とバスに乗り込むまで付き添ってもらう予定。

メモ:
まだ開店したばっかりでここに宣伝が出ていない。日本語のみならず英語版にも必要だな。
http://www.shangri-la.com/jp/property/hangzhou/shangrila/health/overview
0

2011/12/27

4日目(12/26)  杭州4


午前中弟(本物)さんがホテルに迎えにして1日自宅にゴロゴロする。ZYと弟は仕事でその後外出。 両親と弟さんのお嫁さんに子供2人で留守番。今のところ何もない1日です。3443

午後、散歩に出る、今まで気が付かなかったが団地の塀の外は何処もかしこも畑。ただし、一見しては畑とは思えないように粗雑な作付け、商売用のではないかもしれない。 3430、3437

ファンシーな造りの集合住宅は今も入居者がいないようだ。戸建てではないとはいえ、アパートに比べれば高価なはず。3433

地下駐車場があるが、此処に入って行く車をみない、別料金がかかるので誰もが無料の路上駐車になるのだろう。3436

明日はもう帰国、ちょっと短かったと後悔。だけど、年末までに片付けないといけない仕事が待っているし…
0

2011/12/25

3日目(25日)  杭州4


朝はやく自宅にGO。泊まったYork Hotelから自宅まではすぐ。3413

最近ではかなり住民が増えたようで自家用車が所構わず駐車している、幸いすぐ近くに空きがでてラッキーだったが、場合によってはかなり歩くことに。3414 3415

両親が来ているとは聞いていたが実際には弟夫婦も2人の子供を連れて来ていた、さらに直接親類関係でない妹(ここら辺よく判りません)も1人いて、お客は総勢7名。2部屋しかないのにどうやって寝たのだろう? 兎も角家族全員集合状態。 ということは山東省は空状態? それにしても仕事は皆どうしたのだろう??

皆で時間差朝食(なにせ妹カップルを除いても9名なので)、お母さんと偽妹?はご飯派、他は饅頭派みたいだ。私は満腹といいつつ両方食べる(汗)

昼ごろ自宅近くの自動車整備所で点検と洗車をしてもらうのにつき合う。ZY洗車を眺めるの図。3419

集合住宅の周りは田園風景、道路の脇は雑草が茂っているかと思っていたが実は野菜がどこもかしこも植えてあった。車から見ていては判らない。3417

杭州の町中にでる。3420 3421スターバックスもあちこちに見る。クリスマスで混雑が半端ではない。

これはどこからの車だろう 3422

シャングリラホテル内のZYの店に着く。3423

足湯をしてもらう。昨日のSPAといい、身内にしていたら商売にはならないだろうに… これも他の店に比べると2時間で388元とはかなり高価ではないか? 
3424 3426

足湯の後しばらく休んだのち、妹のボーイフレンドと一緒に夕食に韓国料理の店に行く。タイムシフトで弟(妹のボーイフレンド)が前半、ZYが午後から深夜までマネージメントするらしい。
3427 3428
0

2011/12/25

覚え書き  杭州4

1)ZYの店は男女別のコースになっているが値段はそれほど差はない

2)フルコース2時間の値段は2,000元近い、これはジャーシンで行った野村ラーメンの服務員募集の看板に書かれていた給料とあまり変わらない。どれだけの人がこれを受けるのだろうか? 日本円ならば購買力換算(為替レートでなく)でいけば4万円くらいになるはず。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ