2012/6/4

人は何故宗教に痺れるのか  試行,指向,志向、思考

今日は6・4の日(天安門事件)



また手配中のオウム逃亡犯が捕まったとのニュース。今回の場合も、半ば覚悟の自首という感じがする。

日本を震撼させた凶悪事件には違いないが、どうも個人的には犯人を憎めない。むしろ洗脳のおそろしさを感じさせた事件。

「人は何故宗教に痺れるのか」は永遠の課題
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/783/trackback
http://jspp.gr.jp/doc/news06_03.html




ラジオを聞くのは運転中だけだが、これはとても重宝している。時間が有効に使えるという意味以外にそれ以外にラジオに時間を使われない、つまり時間制限をしているという点。

それは兎も角、ある人が言うにFacebook, twitterをするというのは「絞り込み行為」だと。つまり同じ指向、思考、志向、あるいは嗜好の人だけとの関係をつくるには重宝だが、新しいことの開発にはむしろ負に働くとか、成る程と思う。

これは図書を検索で調べる時にも感じる。 最近はよく横断検索をする、
http://www2.lib.pref.fukuoka.jp/wo/crs/crs
それはそれでとても重宝しているのだが、新たな発見は少ない。やはり時には図書館の中を散歩することも必要。その過程で思わぬところから思わぬ宝物も見つけることがある。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ