2012/6/22

遺伝子組換えの法的規制2  教育

具体例をまとめてみる

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/6/22

『奇妙な経済学を語る人々』2  お勧めの1冊

<中国発デフレの嘘>
この中で著者は言う、

「中国への(日本の)直接投資額は2002年で1132億円、全世界への投資額2兆円の5%。進出した日本企業の雇用数は2000年で58万人、日本の全雇用数の1%以下」 同氏はこのことから中国への企業の進出による空洞化は言われる程に大きくないと結論する。p16

  …それはそうとして、10年後の現在はどうなのだろう?
 
何方かご存知の方がいたら教えてほしい。ただし「空気」でなく「数字」を。やはり重要なのは「数字」だと思うから。


「中国発デフレ」が根拠のないものとして著者は幾つもの論拠を示す、その中でも「中国からの輸入額対GDP比」と「物価上昇率」の相関図を示す。 それによれば、逆相関(輸入額対GDP比が大きい程デフレ傾向)は多少あるが、巷で言われているほどではなさそうだ。なにより各国間でバラツキが非常に大きい。それも上昇率が5%以下の国で弱い相関があるだけで、OECD全ての国では無相関。p23 


中国に行けば誰もが気がつくが、ドイツの中国への進出は凄い、特に自動車産業では完全に日本は出遅れている。 誰も国産(中国製)より高くて、ブランド力のない日本車など買おうとしない。少し無理をしてでも皆、BMWやベンツを買う。性能は日本車がよいとか言う人がいるが、これこそ中国のマーケットを自分の目で見ていない証拠。過去の成功体験だけでものを言う人の言葉だ。

それでもドイツは今元気でEUの落第生をその経済力で救おうとしているではないか?!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ