2012/6/30

目に見える節電競争の導入は如何? &何を成し遂げて来たのか?   

目に見える節電競争の導入は如何?
九電はこの夏10%の節電を要請している。これについては協力したいが、果たして電力は本当に足らないのだろうか?

原発が完全に止まってから、ほぼ毎日のように電力状況を確認しているがこれまで特に危険な水域に達した事はない。
http://www.kyuden.co.jp/power_usages/pc.html

と言う事は、電力の不足は産業用の使用故でなく、夏の冷房によるものと考えられる。実際、職場の省エネ委員になっているのでその状況はある程度把握しているが、クーラーの設定を1℃高めにするだけで絶大な効果がある。電灯やエレベーターの半減よりも効果がある。

もしそうならピークカットが全て。ピーク時に2〜3時間家庭と職場のクーラーを切る仕組みと広報をやりこの夏を限定的な社会実験の場にするという試みは無謀だろうか?

仕組みとしては携帯が有効だろうし、地区ごとの節電競争をさせたらいい。 何でも目に見える形で、数字で表さないと人は努力しないものだ。

例えば本日中央区は南区よりも節電意識が低いとか出されたら、中央区は明日はより頑張ろうと言う気になるものだ。

そしてもしこの夏が乗り越えるという経験を経たら、これから社会は劇的に変わると思うが…

それとも、そのような経験をさせることが都合が悪い???

いずれにしても原発事故がまだ終息していない現時点での、まだ福島の事故の原因究明も現在の原発の安全性確認も出来ていないこの時点での、「難民」となっている福島の人の今後の見通しも立たないこの時点での、原発再開には反対だ。




<何を成し遂げて来たのか?>
小沢氏の離党でこのところニュースは持ち切りだ。

個人的好き嫌いを離れて、私は彼を今まで「信念の人」だと思っていた。 二大政党制を実現するため、「壊し屋」と言われながらも新党結成を色々画策してきたと、

しかしいま振り返ってみると、これまで彼は何を成し遂げて来たのか? 単に混乱を引き起こして来ただけではないのか? その理想とするところが見えず、現実で判断するならば彼はやはり単なる壊し屋、政局屋と考えるしかなさそうだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ