2012/8/13

2日目  海南島三亚

お昼に腐乳をパンにつけて食べる、好みが別れるだろう。臭豆腐が食べられる人には人気かも? 私はOKですが。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、散歩と称して銭塘江沿いに車で行く。オープンカーにして疾走〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

河畔にはペットを連れた人を多く見かける。以前は余りみたように感じないが? 最近の流行? ここは在中の人に聞いてみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

団地は車の路上駐車が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

地下の駐車場はガラガラなのはお金を払わないといけないから。 オープンカーにしていたのをウイーンともとに戻すの図。ガンダムか? それにしては贅沢なオモチャ!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/8/13

1日目  海南島三亚

さて、ようやくストレスなく画像が載せられる状態になったので改めて三亚行きの記録を載せようと思うが同じ文をつけても何なので少し改変というか、背景説明や解釈も入れて書いてみたい。



もともと今回はアメリカ旅行のつもりだった。 しかし、ZYの分はビザが取れたが両親の分は取れなかった。それでアメリカは諦めての急遽、三亚行きということになった次第。ただし私としてはわざわざ中国に行ってそれから団体旅行に参加するという変則的なものより良かった。

いずれにせよビザは1年間有効で両親の分は無理なことが判ったので、次回行くとしても2人での個人旅行で向こうでレンタカーをしてのカルフォルニア旅行になるだろう。 尤も後で青島説も浮上してきたので如何なるかは判らない。

それにしても、ここら辺は、中国的感覚なのだろうか? 両親連れの旅行というのは、日本だと余程年のいったカップルでないと「両親連れ+弟の長男」ということはしないと思う。 とにかくこの一族だからかどうか判らないが家族の絆が非常に強いのを感じる。妹カップルも普通にZYの弟の長男を自分の子供のように世話をするのを見ても、そう思う。

なお弟には現在今回同行した2歳の長男とまだ1歳にならない次男がいるとのこと。ここらへんも1人子政策に完全に反する家族(3人兄弟姉妹の末っ子に2人の子供) よく判りません。YZによればちゃんと罰金は払っているらしい。




<1日目>
いつものとおり早め(2時間以上前)に空港に到着してランチ。 

クリックすると元のサイズで表示します

ところがこれが裏目に出て、遅発で結局5時間ほど待つことになる(18PM位の出発に結局なった)。写真の変更の表示がみえるだろうか? (15:40→17:10)

クリックすると元のサイズで表示します

快晴の福岡から実質2時間遅れで豪雨の上海に。上海浦東空港が台風の影響で大混乱だったらしい。それで福岡に来る便が2時間遅れ、その便で折り返しなので今回のような遅延に。 

妹のボーイフレンドが空港に迎えにきてもらっていたので長時間待たせることになった。 帰りもやはり彼に送ってもらいとても手数を掛けたので次回は往復バスで気楽にしたい。

たまたま着陸時に下を見ると長江河口だったようで、海の色があるところを境にかわっている。この境、海水と河の水の境界線。

クリックすると元のサイズで表示します

これが、長江の川が海に流れている部分

クリックすると元のサイズで表示します




以上、文章を改めて書き直して、4枚の画像をupしても時間は5分とかからない。これが中国ではとても長く、30分以上になる。これが画像をupしたくない理由。それに後で付け加えたり、新たな考えが浮かぶこともあるので自分としては必然的になった事とは云え、2回にわけてやるのは気に入っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ