2012/10/4


BSプライムニュースで野田毅氏登場。同氏は都が尖閣を所有するより、国有化する方がよいと中国に説明したが向こうは「それは絶対駄目だ」と言ったことに対し、司会の反町氏がその説明をどうも判らないといった風に装っていたが、そんなに判らないことか?

領土はお互いに譲歩出来ないイッシュー、日本が日本の領土としての前提でいくら説明しても中国が納得するはずがない。立場を逆にして考えれば簡単に判ることではないか? それが何故判らない。 判らないのは自分の論理でしか考えないからだろう。これは想像力の欠如。


いずれにせよ、領土問題の唯一の解決法は戦争しかないというのが歴史的事実。中国は戦争することに躊躇しないはず、少なくとも軍事衝突は「あり」のはず。国内の不満分子から、愛国無罪と袋だたきになる位なら、戦争は躊躇しない。このことは何度も述べていること。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2051/trackback

誰かさんは「攻めて来ない」などピンぼけしたことを言ったとか。国内で命を賭けた権力闘争をしている政治家と親父の庇護の下の政治家では覚悟が違うだろう。比較的親日路線の胡耀邦胡錦濤、恩家宝も国内の、特に解放軍の強硬派には抗じきれないだろう。

 …段々腹が立ってきて過激、暴言、毒舌はご勘弁 m(_ _;;m


戦争をしたくなければ対中的にはソフトに、日米同盟はハードにする以外に方法はないのでは? ところが都知事がシャシャリでて対中的にハードに、一方で民主党、特にあの鳩さんが日米同盟にヒビを入れた。真逆なことをしたね。

最後に両人の提言は、

野田毅氏 『小異を残して大同につく』
  残すのは領土イッシュー。領土の問題は捨てられない。確かにそうだと思う。

岡崎久彦 『日中交渉より日米戦略協議を』
  岡崎氏には色々な面で同意できないところがあるが、後半部分については同感



0

2012/10/3

<2012/1/8〜2012/9/24>  人文科学系参考文献リスト

<2012/1/8〜2012/9/24>
8ヶ月で30冊程度、年で45冊? 10年で図書館の本棚1列分も読めないね…

2012/9/24 『10年後の中国;65のリスクと可能性』2
2012/9/23 『中世ヨーロッパの生活』
2012/9/3 『東アジア地図帳』
2012/8/28 『謎の大王 継体天皇』3
2012/8/24 『謎の大王 継体天皇』2
2012/8/20 『謎の大王 継体天皇』
2012/8/19 『ショック・ドクトリン』6
2012/8/16 『ショック・ドクトリン5』
2012/8/14 『ショック・ドクトリン4』  
2012/8/2 『ショックドクトリン』 3
2012/8/1 『ショックドクトリン』2
2012/7/30 『ショックドクトリン』
2012/7/29 『僧侶と海商たちの東シナ海』 5
2012/7/25 『僧侶と海商たちの東シナ海』 4
2012/7/24 『僧侶と海商たちの東シナ海』 3
2012/7/23 『僧侶と海商たちの東シナ海』 2
2012/7/22 『僧侶と海商たちの東シナ海』 
2012/7/20 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』 4 
2012/7/18 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』3
2012/7/17 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』2
2012/7/16 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』 
2012/7/15 『中国農民调查』8
2012/7/14 『中国農民调查』 7 
2012/7/13 『中国農民调查』6
2012/7/4 『中国農民调查』5
2012/7/1 『中国農民调查』4
2012/6/29 『中国農民調査』 3
2012/6/28 『中国農民調査』 2
2012/6/26 『中国農民调查』 
2012/6/25 『奇妙な経済学を語る人々』 3
2012/6/22 『奇妙な経済学を語る人々』2
2012/6/20 『奇妙な経済学を語る人々』
2012/6/17 『甘苦上海』 
2012/6/16 『寧波の美術と海域交流』 5
2012/6/14 『寧波の美術と海域交流』4
2012/6/12 『寧波の美術と海域交流』3
2012/6/11 『寧波の美術と海域交流』2 & 『甘苦上海』 
2012/6/5 『寧波・天台・金華と浙江省南部』 
2012/6/3 『中国江南の稲作文化』 
2012/5/27 『稲―その源流への道』
2012/4/30 『中国は21世紀の覇者となるか?』  
2012/4/25 『中国江南古鎮遊』
2012/4/25 『デフレの正体』10
2012/4/24 『杭州の伝説』2
2012/4/23 『デフレの正体』9 
2012/4/22 「デフレの正体」8
2012/4/21 『杭州の伝説』
2012/4/20 「デフレの正体」 7
2012/4/19 『江戸の知恵』
2012/4/17 「デフレの正体」6
2012/4/15 「デフレの正体」 5
2012/4/14 「デフレの正体」 4
2012/4/12 「デフレの正体」3
2012/4/10 「デフレの正体」2
2012/4/9 「デフレの正体」
2012/4/1 『世界経済が回復…』 3 
2012/3/31 『世界経済が回復…』 2
2012/3/30 『三国志談義』
2012/3/26 『世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか』
2012/3/22 『いまさら聞けない中国の謎66』 2
2012/3/21 『いまさら聞けない中国の謎66』 
2012/3/19 『客家民居の世界』 
2012/3/7 『イスラーム歴史物語』2 
2012/3/6 『イスラーム歴史物語』 1
2012/2/28 『科学で読むイスラム文化』2
2012/2/26 『史記・貨殖列伝』3
2012/2/23 『史記・貨殖列伝』2
2012/2/21 『史記・貨殖列伝』 
2012/2/20 『科学で読むイスラム文化』
2012/1/31 『農耕の起源を探る』 2
2012/1/28 『農耕の起源を探る』
2012/1/25 『稲作の起源』8 
2012/1/23 『稲作の起源』 7
2012/1/21 『村は問う:副題 激動するアジアの食と農』
2012/1/19 『稲作の起源』 6
2012/1/17 『稲作の起源』 5
2012/1/16 『稲作の起源』 4
2012/1/13 『稲作の起源』 3
2012/1/12 『DNA考古学』2 
2012/1/10 『DNA考古学』
2012/1/9 『稲作の起源』 2
2012/1/8 『稲作の起源』 
0

2012/10/3

数字でナンボの世界  震災ー原発事故

<便利な疑問文>
〜、貴方は?
〜、你呢?
〜、How about you?

<表現スタイル>
(私は)熊本出身です
我是熊本人
I’m from Kumamoto


<エコ効果>
原発事故後の1年、省エネに心がけた。その成果を総括する。

ガスは前年比58%となり絶大な効果がみられたが、意外にも一番心がけた電気は前年度比98%と殆ど効果はなかった。

これは既にそれまで省エネが進んでいたので、主に照明だけの効果しかないLEDへの転換では効果がなかったのだろう。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2642/trackback

また水道は前年度比108%と全く進んでいないが、これは特に意識しなかったのが理由。

また月別ではガスは6月を除き、全ての月で省エネ効果が認められた。これは冬場でも天気がよい時期は太陽熱温水器のお湯を洗濯に利用したなどの効果があるのだろう、それまでは湯沸かしのお湯を利用していた。強調したいのは、意識が変っただけで不自由な思いは全くしなかったという点。

こうして実際に数字で出すと、色々なことが判るし今後の対策も自ずから出てくる。これがいつも云う、

   『数字でナンボの世界』 

イメージエコは役に立たないね。

そして『蛍の光、窓の雪に戻るのですか?』といった政治家に聞かせたい。すべては数字を基盤として数字からスタートする。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2607/trackback

第一原発依存になったのは日本の高度成長期でない。失われた20年のこと。この間エネルギー大量消費型産業は海外に出て行った、この間の電気使用量の増大は主に民生用の増大、民意が変れば原発はいらない。
0

2012/10/2

戦後世代政治家の危険性 & エコの思わぬ落とし穴  

昨夜のBSプライムニュースは読売会長、渡邉恒雄氏のインタビュー
同氏が最後にリーダーに望むものとして挙げた2つのことは、

(1)ポピュリズムの超克
(2)理性と情熱

渡辺氏は1つ気になることを喋られていた。それは政治家、それもかなりの地位にある政治家が日中戦争になれば日本が勝つというようなことを平気で喋っていたとか。

誰ということは 「問題になるので喋れない」 とのことだったが、そのような認識の政治家が存在するとは驚きだ。 どうせ戦争体験もない戦後世代だろうが、全く見識のなさを証明するようなもの。

渡辺氏はバリバリの保守のように思えるが(よく知らない)、その渡辺氏も先の戦争が侵略戦争でその反省が十分でないとの意見を述べられていた。このようなことを聞くのははじめてではない。同氏も戦争末期学徒出陣で本土防衛の最前線に立った人。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/192/trackback

このような意見は自民、民主の多くの長老からも聞かれる。勇ましいことをいうのは皆戦争体験もない戦後世代
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1252/trackback

日本が右傾化しているとの(中国からは兎も角)欧米からの指摘は素直によく耳を傾ける必要がある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2901/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/189/trackback



<エコの思わぬ落とし穴>
昨日朝突然ガス温熱器が故障した。取りあえずメーカーに連絡して修理して貰う事に。そこで判明したことは!

原発事故以来太陽熱温水器をフルに活用し、ガスや電気の使用を控えた。その結果、ガスは前年比58%となり絶大な効果。 (ただし電気はLEDに代えたが効果は98%と殆ど省エネ効果はなかった)ところがこれが意外な影響を与えた!

ガスのメーターについているマイコンがこの使用量を学習して、ガスを自動的に絞っていたらしい。それで昨日、1日からガスを使いはじめたところ <異常> と判断し元栓を遮断したとのこと。 

写真はもとに復帰した時点、Lと表示されているが、その前はSでガス温熱器の使用はこの制限を越えるということで自動的に遮断したとか。

クリックすると元のサイズで表示します

マイコン制御のガス管理というのははじめて知ってその進歩性には驚いた。出張費をして2,310円とられたがよい勉強になった。
0

2012/10/1

地動説と領土問題 & 過去の戦争犯罪にきちんと向き合っているか?   試行,指向,志向、思考

日曜久しぶりに太陽熱温水器からガス温熱器に転換。

福冈很凉快!
今天月亮很圆很亮
是的, 福冈云
吃月饼
明天我吃,今天吃饭多了
OK


<地動説と領土問題>
今日日、地動説は当然のことと考えられ、むかし天動説を信じる人たちに対しては「迷信に惑わされた人々」と考えられている。

…しかし、地動説を数理的にきちんと証明できる人が何人いるだろう? 

   『尖閣諸島(あるいは竹島)が○○固有の領土であることは明白』

このフレーズ何度聞いたか判らない。しかし実際に「明白」であることを説明出来る人は日中韓で何人いるだろう。 大抵は自国のプロパガンダのコピーに過ぎない。 

では何故、誰も説明出来ないことが「明白な事実」になるのだろう? 自身で説明出来ない事を信じるのは「迷信に惑わされる」のとかわらないはず。


…実は領土問題は国内問題である部分が大きい。領土問題は国内の反対・異論を「封殺」するのに一番よい手段だから。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2918/trackback

   「明白」は「封殺」と同義語に過ぎない。


それならば、国内問題が解消されれば領土問題は解消するという理屈になるが? 問題は日中韓のそれぞれの国でこの「国内問題」が解消できるかどうかだろう。多くの識者が云うのは、中国の場合は党大会が終わって China 9 が決まり、政局が安定してからだと。 また韓国の場合は大統領選が終了してからだと。

そうかもしれないが、それならばついでに日本も総選挙を早くやって、安定してはどうか? …もっとも日本は総選挙をやっても安定化にはほど遠いというのが頭の痛いところ /(_ _;;


<過去の戦争犯罪に向き合っているか?>
それと、1つ気になることがある。それは欧米のマスコミが 「日本が右傾化している」 との指摘だ。 確かに今回注目された自民党の総裁候補はいずれもその印象がある。かつては自民は幅広い人材がいたような気がするのだが…

反論があるかもしれない、しかし必ずしも中韓のネガティブキャンペーンのせいではないと思う。 第三者の視線は無視すべきではない。 私自身、確かに政治家が戦後派世代になって過去の日本の戦争犯罪にまともに向かっていない人が多いと感じる。 

いつまでも南京事件や従軍慰安婦問題に引きずられているようでは日本の国際社会での立場は危ういものになる。早く歴史問題は解決すべき。これは知日派のアーミテージ氏すら指摘していること。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2901/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/189/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ