2012/10/3

<2012/1/8〜2012/9/24>  人文科学系参考文献リスト

<2012/1/8〜2012/9/24>
8ヶ月で30冊程度、年で45冊? 10年で図書館の本棚1列分も読めないね…

2012/9/24 『10年後の中国;65のリスクと可能性』2
2012/9/23 『中世ヨーロッパの生活』
2012/9/3 『東アジア地図帳』
2012/8/28 『謎の大王 継体天皇』3
2012/8/24 『謎の大王 継体天皇』2
2012/8/20 『謎の大王 継体天皇』
2012/8/19 『ショック・ドクトリン』6
2012/8/16 『ショック・ドクトリン5』
2012/8/14 『ショック・ドクトリン4』  
2012/8/2 『ショックドクトリン』 3
2012/8/1 『ショックドクトリン』2
2012/7/30 『ショックドクトリン』
2012/7/29 『僧侶と海商たちの東シナ海』 5
2012/7/25 『僧侶と海商たちの東シナ海』 4
2012/7/24 『僧侶と海商たちの東シナ海』 3
2012/7/23 『僧侶と海商たちの東シナ海』 2
2012/7/22 『僧侶と海商たちの東シナ海』 
2012/7/20 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』 4 
2012/7/18 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』3
2012/7/17 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』2
2012/7/16 『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか』 
2012/7/15 『中国農民调查』8
2012/7/14 『中国農民调查』 7 
2012/7/13 『中国農民调查』6
2012/7/4 『中国農民调查』5
2012/7/1 『中国農民调查』4
2012/6/29 『中国農民調査』 3
2012/6/28 『中国農民調査』 2
2012/6/26 『中国農民调查』 
2012/6/25 『奇妙な経済学を語る人々』 3
2012/6/22 『奇妙な経済学を語る人々』2
2012/6/20 『奇妙な経済学を語る人々』
2012/6/17 『甘苦上海』 
2012/6/16 『寧波の美術と海域交流』 5
2012/6/14 『寧波の美術と海域交流』4
2012/6/12 『寧波の美術と海域交流』3
2012/6/11 『寧波の美術と海域交流』2 & 『甘苦上海』 
2012/6/5 『寧波・天台・金華と浙江省南部』 
2012/6/3 『中国江南の稲作文化』 
2012/5/27 『稲―その源流への道』
2012/4/30 『中国は21世紀の覇者となるか?』  
2012/4/25 『中国江南古鎮遊』
2012/4/25 『デフレの正体』10
2012/4/24 『杭州の伝説』2
2012/4/23 『デフレの正体』9 
2012/4/22 「デフレの正体」8
2012/4/21 『杭州の伝説』
2012/4/20 「デフレの正体」 7
2012/4/19 『江戸の知恵』
2012/4/17 「デフレの正体」6
2012/4/15 「デフレの正体」 5
2012/4/14 「デフレの正体」 4
2012/4/12 「デフレの正体」3
2012/4/10 「デフレの正体」2
2012/4/9 「デフレの正体」
2012/4/1 『世界経済が回復…』 3 
2012/3/31 『世界経済が回復…』 2
2012/3/30 『三国志談義』
2012/3/26 『世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか』
2012/3/22 『いまさら聞けない中国の謎66』 2
2012/3/21 『いまさら聞けない中国の謎66』 
2012/3/19 『客家民居の世界』 
2012/3/7 『イスラーム歴史物語』2 
2012/3/6 『イスラーム歴史物語』 1
2012/2/28 『科学で読むイスラム文化』2
2012/2/26 『史記・貨殖列伝』3
2012/2/23 『史記・貨殖列伝』2
2012/2/21 『史記・貨殖列伝』 
2012/2/20 『科学で読むイスラム文化』
2012/1/31 『農耕の起源を探る』 2
2012/1/28 『農耕の起源を探る』
2012/1/25 『稲作の起源』8 
2012/1/23 『稲作の起源』 7
2012/1/21 『村は問う:副題 激動するアジアの食と農』
2012/1/19 『稲作の起源』 6
2012/1/17 『稲作の起源』 5
2012/1/16 『稲作の起源』 4
2012/1/13 『稲作の起源』 3
2012/1/12 『DNA考古学』2 
2012/1/10 『DNA考古学』
2012/1/9 『稲作の起源』 2
2012/1/8 『稲作の起源』 
0

2012/10/3

数字でナンボの世界  震災ー原発事故

<便利な疑問文>
〜、貴方は?
〜、你呢?
〜、How about you?

<表現スタイル>
(私は)熊本出身です
我是熊本人
I’m from Kumamoto


<エコ効果>
原発事故後の1年、省エネに心がけた。その成果を総括する。

ガスは前年比58%となり絶大な効果がみられたが、意外にも一番心がけた電気は前年度比98%と殆ど効果はなかった。

これは既にそれまで省エネが進んでいたので、主に照明だけの効果しかないLEDへの転換では効果がなかったのだろう。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2642/trackback

また水道は前年度比108%と全く進んでいないが、これは特に意識しなかったのが理由。

また月別ではガスは6月を除き、全ての月で省エネ効果が認められた。これは冬場でも天気がよい時期は太陽熱温水器のお湯を洗濯に利用したなどの効果があるのだろう、それまでは湯沸かしのお湯を利用していた。強調したいのは、意識が変っただけで不自由な思いは全くしなかったという点。

こうして実際に数字で出すと、色々なことが判るし今後の対策も自ずから出てくる。これがいつも云う、

   『数字でナンボの世界』 

イメージエコは役に立たないね。

そして『蛍の光、窓の雪に戻るのですか?』といった政治家に聞かせたい。すべては数字を基盤として数字からスタートする。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2607/trackback

第一原発依存になったのは日本の高度成長期でない。失われた20年のこと。この間エネルギー大量消費型産業は海外に出て行った、この間の電気使用量の増大は主に民生用の増大、民意が変れば原発はいらない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ