2012/11/21

芸能タレント 否、退行化現象  

今朝の『ビジネス展望』は関氏。話題は北上地方の農村の試み。運転しながら聞いたので間違いがあるかもしれないが、1つ認識を新たにしたこと。それは、

兼業農家では手間がかからないことから稲作中心になるとのこと。この地区では90%が稲作地区とのこと。


石原氏述べる
 「核兵器(保有)に関するシミュレーションぐらいやったらよい」と。

彼は実に芸能タレント、話題性で飯を食う。とても責任のある政治家の行為ではない。

   …「芸能タレント」とか云えば芸人に失礼か?


加齢が進むと退行化現象が起こり、幼児化すると云うがその口か。


0

2012/11/20

『中国の歴史12』5 & Before After  

ニュースによれば安倍氏が建設国債を日銀に買わせて強制的にマネーを市場に出すことでインフレターゲットを起こさせることを述べたことで円安に動いているとか。

何故、これまでこれが「禁じ手」として行われなかったのか、ということに対する説明がない。私は素人だが国債の信用が失われたらあとは坂道を転がるようにとめる事が出来ない事態になると怖れるが、大丈夫か?

私の素人的提言は、いつも述べているように相続税の高率化と生前贈与の免税処置で年寄りの持つ金融資産を若者に移動する事、これで市場に金が出ると期待するが?

今度はないと切望するが、万一経済が危機的状況になったとき、前回みたいに途中で政権を投げ出すことはないよね?! 「口先だけのヘタレ」の名誉挽回をして貰うよう切に望む。



『中国の歴史12』
AD96年 後漢、西域都護の班超によってローマ帝国に派遣された甘英はシリアまで行ったがローマに行くのは諦めて帰国した。p209

   高校の世界史で憶えなければならなかった事項だが、てっきりローマまで行ったものと思っていた… 

それにしても、このようなこと、果たして世界史の重要な出来事として高校生が覚える必要があるのだろうか? 今ではそう思う。私の今の歴史認識ではこの使節は中国にはもとより、ローマ帝国にも少しも影響を与えなかった「単なる出来事史」。



Before

クリックすると元のサイズで表示します

After

クリックすると元のサイズで表示します



Before

クリックすると元のサイズで表示します

After

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/11/19

限界集落  

今天我们大学有学会, 很忙 但是 不太累
Good



近くの医療機関まで最短で15キロ。公共交通機関はないが行政区としては100万都市の一部。住居は10軒台で住民の数は30人程度、8割が高齢者。

このような限界集落の医療は難しいとポスターをみながら感じた次第。 いずれこのような村落は日本から消えていくのか?


大きな地図で見る
0

2012/11/18

休日出勤  

土日と職場主催のイベント、休日出勤
0

2012/11/17

『中国の歴史12』 4  お勧めの1冊

浙江省義烏市の崇山村が舞台。この村は1942年に日本軍により731部隊が開発したペスト細菌兵器により1200人の村民のうち400名弱の犠牲者がでて、しかもその後、自軍へのペスト蔓延を防ぐため日本軍により村は焼き払われた。壮絶な過去を持つ。 地図の斜線部分が焼き払われた家屋部分。


クリックすると元のサイズで表示します

Google mapで探すと此処


大きな地図で見る

地図を縮小してみて下さい。

著者は云う、日本では周恩来は民衆の間に絶大な人気があると誤解していると。 しかし中国では彼の1つの過ちを指摘する。それは、

「日本に対する戦争被害賠償の請求権を放棄した点」 p168





着々と整備中
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/11/16

『中国の歴史12』3 & 居酒屋での酔っぱらい談義  お勧めの1冊

今朝の『ビジネス展望』は藤原氏。例のように現在の政治経済の危機的状況を述べ、「抜本的」、「強いリーダーシップを」と云うだけで何ら数字を示した具体的提言はない、これでは「居酒屋での酔っぱらい談義」とかわらない。実に不満。

それに加え、最近の政治状況にも同じような傾向がみられる。「小異を捨てて大同につく」と誰かさんが盛んに述べているが、その大同とは何か? 具体的には何も言わない。 突っ込まれば、お得意の「恫喝」でその場を取り繕うだけ。

増税や原発が小異か? では大同とは余程、凄いものなのだろう。精々「面子や憂さ晴らし」程度の内容にしか思えないが?



『中国の歴史12』 3
「你好」という言葉は近代になって用いられるようになったもの、解放前は「吃饭了没有」 p122

漢族にとって歴史は、現在と切り離された物語ではない。現在を生きる人が… 人間関係を築く為に時間を遡る。p141

この中で著者は浙江省義烏市の小さな村でのフィールドワークについての記載がある。今の時代は、Google mapでこの小さな村を衛星写真で俯瞰しながらこの本を読むのは臨場感があってとても面白い。便利な時代になったものだ!

各論であるには違いないが、総論もこ具体的各論の中から組み立てられるもの。具体的各論なしの総論は「居酒屋での酔っぱらい談義」とかわらない。

0

2012/11/15

自作棚  教育

ニュースによれば解散、総選挙が決まったみたいだ。

短期間で政権がころころ変わるのは本当に困ったものだが、これが民主主義の払わなければならない代償かもしれない。国民の側にも政治家を育てるという意識がないことも衆愚政治政治を蔓延らせる原因でもあるが…

国民のレベル以上の政治家を持てないということか。


<胡錦濤総書記、完全引退>
引退した党高官の政治介入を禁じる内部規定を定め、長年続いた「長老政治」に終止符を打つための決定をしたとか。

胡錦濤氏、見直したゼ。 これまで特に悪い印象はなかったが、温家宝氏にくらべ表情がないのが評価を難しくしていた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1876/trackback



クリックすると元のサイズで表示します


棚がないと非効率

クリックすると元のサイズで表示します

こんな棚が欲しいが、買う予算はない…(ベンツが何台か買える機械を何台も買うことは出来ても!)

クリックすると元のサイズで表示します

そこで自作することに。くまなく職場を探して十年近く前に倉庫を造った時の残り材があることを発見! 

クリックすると元のサイズで表示します

関係部局の許可をもらい、これで棚を作ることに♪

次世代機器の試運転

クリックすると元のサイズで表示します

カラムの取り付け。これまでは最大0.1mlの試料での解析が、最大0.01mlに。十分の一のスケールになる。つまり感度が10倍? 

     「たかが十倍? されど十倍」


クリックすると元のサイズで表示します

タグをつけると自動的にカラムの使用履歴がパソコンに記録されるらしい。すごく便利になったものだ!

下画面ほぼ中央、黄色いタグがそれ。ペタリとつけるだけ、超簡単♪

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/11/14

地熱発電  震災ー原発事故

「太陽の党」ならぬ、「大盲の党」がスタートしたらしい。安っぽい小説から名前をとったみたいだ。 「たちあがれ日本」も「たち枯れ日本」になるか。

もうウンザリなのでこれ以上は議論しない。


<地産地消>
昨日の『ビジネス展望』は京大のもろとみ氏。話題は地熱発電。 ここでバイナリー発電という面白い話を聞いた。
http://riodb.ibase.aist.go.jp/GEOMAP/by001.html

これだと比較的低温の温水でも発電が可能で、温泉の余ったお湯でもいけるらしい。潜在的エネルギーは原発20基分だとか、現在はその3%?くらいしか使われていいないとも。

Q大は八丁原地熱発電所の近くに研修所を持つ、
http://www.kyushu-u.ac.jp/student/facilities/pdf/kokonoepamphlet
http://www.kyuden.co.jp/effort_geothermal_t_hattyoubaru.html

そのため、昔何度もセミナーや合宿で行ったことがあり、そのついでに発電所も見学したことがある。その時代の話では。最大の問題点は温泉排水の環境汚染だったような記憶があるが、バイナリーだとそれも大きな問題にはならないみたいだ。

今回の話では現在の地熱発電をめぐる問題は、
1)多くが国立公園内であること。 
2)コスト高(ただし、もろとみ氏はそれは克服出来ると云うし、放射能廃棄物処理費を考えると原発より安いと私は考える)
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2860/trackback 
とリスク高(温泉を掘り当てるのと同じリスク、全て当たるわけではない)

3)温泉観光業の反対が問題だとか(バイナリーだと解決か?)。

地中熱や地熱発電は規模は小さくとも分散型でしかも風力や太陽光発電と違い24時間安定な稼働が出来る点が強み。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1653/trackback

送発電分離ができれば新規参入の可能な分野であるし、世界でトップクラスの技術を持つとかいうので新ビジネスとして世界に打って出ることが可能な分野。 ちなみに国が原子力を基幹エネルギーに据えて以来、この分野への研究資金援助は切られたとか。
0

2012/11/13

『中国の歴史12』 2  お勧めの1冊

小沢一郎氏、二審も無罪のニュース。さもありなん。

今こそ言おう、「あれは陰謀だ」と思っている。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2749/trackback

どんなに小沢氏が嫌いでも、彼の存在が日本の政治に害がある、と思っても「陥れる」ことが許されていいはずはない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2751/trackback

最初に陰謀ではないかと気がついたのは2009/6/21 その時点ではボカして書いたが、そろそろこの闇の部分を明らかにしないと日本の司法に対する信頼感が失われる。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1493/trackback



『中国の歴史12』 2
中国文明は西方の文化との接触によって時代により大きく変化してきた。p95

著者はそれを壁画に描かれる*服装や椅子の導入など身近な生活様式で判りやすく説明する。*漢の時代の深衣からスカート風の胡服、正座(脱靴してひざまずく)からあぐら;胡座(まさしく胡風ではないか!)。p101

長江などで洪水が近年起こるのは上中流域の森林の伐採の他、中下流域での湖沼の開拓だったとする=湖沼は貯水地の役割をしていた。
0

2012/11/12

原因を知ることが必要  教育

日曜の「東京上海流行通信」で西塘xitangが紹介されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

此処は最初に上海に行った時寄った場所。 人もそれほど多くなく、なかなかお薦めの観光地。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1563/trackback





『大学を減らすために何ができるのか?』
http://blog.tatsuru.com/2012/11/07_1601.php
http://blog.tatsuru.com/2012/11/08_1156.php

納得。自分の考えが「いま1つ」ということも自覚した(涙)
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3006/trackback

ところで、内田樹氏とはあの内田氏だろうか? それならば納得。 流石。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1948/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ