2013/9/9

とりあえず「おめでとう」 & 『古代中国と倭族』2  お勧めの1冊



オリンピックの東京開催決定。とりあえず「おめでとう」と言っておこう。中国でも伝えていますよ。ただしサムアップより、サムダウンが3倍くらい多いですが(笑)


別に水を差す気はないが、先に「他にやる事があるだろう」と言った通り。福島を放ったらかしにして、東京だけのお祭り、経済活性化だけのお祭りにしてはならない。



『古代中国と倭族』2
越が呉を併合したあと、「呉越春秋」によれば「越王勾践25年、都を琅邪にうつす」とある。やはり、越は沿海部沿いに移動していたということ。P128

范蠡がこの地に亡命したとも聞く。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2666/trackback

著者によれば苗族はもともと黄河流域の土着民だとする。p137 それが、夏の国の覇権が及ぶ時代(BC2500~2400)に長江流域、洞庭湖に向かって南下したとする。p140 それに伴いこの地方にあった王国(城頭山古城遺跡はその名残だと著者はいうが)が滅亡したのではないかと。p138

う〜〜ん、なかなかついて行けないネ。つまり納得させるだけの客観的証拠なしにどんどん議論を進められてもね〜

長江上流域(金沙江)の倭族の王国についての記載が続くが、その中で大理近くで隆興した南詔国―大理国についての記載がるが、そこでナシ族で話題にした父子連名制があることが書かれている。著者によれば、これは倭族に共通に見られる事とか。p154
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3291/trackback

この国が勢力を持てたのは西部地区の交易の富と、怒河流域から西部は鉱物資源が豊富だったことによると。p155

<データーベースとして>
長江は重慶まで、それより上流は金沙江とよぶ。麗江の東西を大きく北でUターンしながら流れる。p144
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ