2013/9/30

地元から寧波へ  お勧めの1冊

NHK日曜討論で福島の問題が話題になっていた。政府の積極関与、政府が廃炉まで責任を持つ。技術者の確保、新技術の開発の必要性。現場のモチベーションとか色々言われるが、何故その東電が民間企業のままであるのか?それが基本の問題ではないか?

<その理由>
銀行から巨大な資金を仰がなければならない、民間だからその為には赤字続きではマズイ(まして事実上の廃炉にして不良債権過剰ではマズイ)。それで黒字にするため、原発再開か電気料金値上げが是非必要とか。 これって本末転倒ではないか? 

もし「事実上」の国有化でなく国有とすれば完全に国の負担でやる、そうなればわざわざ黒字にする必要はない、だって国債のことを考えればいつもやっていることではないか?

技術者の確保、技術の維持開発も公務員にしてしまえば東電から技術者が逃げることもないだろう。(もし逃げているという事実が本当であればの話だが?)

現場のモチベーションも別組織(公務員)に属していれば低下することもないのでは?
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3344/trackback

間違いがあれば指摘して欲しい。

どこかの馬鹿が、

「国有化とはとんでもない… 国有化して、きちんとした経営になった企業を見たことがない」

と口走ったこともちゃんと記録に留めている。本人は知らん顔をしているかもしてないが。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2659/trackback

これから先何百年、何千年も膨大なコストをかけて管理しなければならない。どこかの1企業の命運とはわけが違う。


…今更と人は言うかもしれない。しかし、

東電については拭いがたい不信感がある。 だから何時迄も執念深くこだわります。

「おかしい」と感じたのは3月15日の時点。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2222/trackback

「組織的消極的隠蔽」だと確信したのは次の日
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2224/trackback




<地元から寧波へ>
『くらしがつなぐ寧波と日本』の第III部 「いざ、寧波から海を越えて!」の章で地元に関わる話が出ていた。寧波の石材が(あるいは石塔そのものが)海を越えて地元にもたらされた可能性が非常に高いと言う話。

その塔は薩摩塔と呼ばれ、九州一円にあるらしいがこれが造形様式のみならず、物理化学的解析からも寧波の石材と同じものだとほぼ結論つけられたという話。

調べたところ昨年宇美町の文化財指定(町指定文化財7号)を受けたよう。↓の21頁付近
http://www.town.umi.lg.jp/uploaded/life/3407_7778_misc.pdf

早速宇美八幡宮に現地調査に行きましたよ! ところが実物が確認できないのみならず八幡宮の人に聞いても初耳だと。土日2日がかりで境内を隅々まで調べてみましたが確認出来ず。実物は別のところに保管してあるのか(それならば何故神主が知らない??)それとも表からは見られない場所にあるのか??

詳細はまたいずれblogに書き込むことになるでしょう。 貯めた記事がまだ残ってますので(汗)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ