2014/5/18

『東洋思想の現代的意義』4  お勧めの1冊

<日曜報道ステーション>
安保法制懇メンバーの岡崎氏、同氏がどのような人物かはよく判っている。だから安倍さんは「お友達」懇談会にメンバーとして迎え入れたのだろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2965/trackback

同氏は云う、

『鉄砲を撃つと云う行為は総理大臣しかできない、国益を考え抜いて総理が遣るほか無い』 

その通り! 国益を考え抜いてやるしかないのだ、それがあの自己中=父ちゃん無念を晴らし、爺ちゃんトラウマのあの人に国益を考えぬいてということが出来るはずがないというのが私の結論。

国益の為に自己を殺すことが出来ない人の典型ではないか?!




『東洋思想の現代的意義』
また日本文化について、著者は云う、

『日本文化の最も基本的な特徴は、多元的な交雑文化であると考える…』p114
『日本文化の外来文化に対する吸収は全方位的、多元的なもの… しかしこのような摂取は「採り得れ主義」ではなく、真剣な鑑別と選択をへて、彼らの必要にあわないものや、腐朽し遅れたものは全て排斥してから、彼らの伝統的文化と融合させている』 との指摘は鋭いと思う。p116

また著者は韓国について、1、権威主義 2、家族主義 3、尚賢と教育の重視 を挙げる。まさにE Toddが韓国と日本の家族類型で述べたのに似る。この類型には日本やドイツが入る。p118

また
『インドと中国の思想交流が、いつ頃からはじめたのかということは… 一般的には、一世紀中葉に仏教が西域から中国の漢族地区に伝わる以前に、新疆や四川、雲南の辺境で接触が会ったと考えられている』 という。これは別のところでも話題になった。
http://blog.goo.ne.jp/yichintang/e/9a22a1616a01f6b7f0326ea829b8c8e8

またこの経路はイネの伝播経路としてそれ以前にも使われた可能性が高い。
blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3158/trackback
0

2014/5/18

中国バブル崩壊?  試行,指向,志向、思考

<中国バブル崩壊?>
数日前の『ビジネス展望』で評論家、田中直樹氏が調整局面に入った中国経済を話題にしていた。曰く、国家と経済界両方からソフトランディングに向けて動きが始まったと。

この点はいずれ何処かの時点でバブルを終息の方向に向かわせないと駄目だと感じていたのでそれはそうだろうと思う。 ただし先日も書いたように中国では目下、核家族化が進行中(2011年の2.4億世帯から2050年には3.8億世帯、1.5倍以上に増加する)なので家自体の要求はこれからも、少なくとも2050年までは続くと思われる。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3605/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3604/trackback

だから日本で見られた「虚構の土地神話」の場合とはちょっと違う。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/791/trackback

要は都市集中のインフラ、住宅投資ということだろう。これは地方政府がこの不動産開発でこれまで発展を維持して来たことによる。 この地方政府の抱える大量の不良債権をどのように処理するかが問題だろう。田中氏はこの点について語られたが、私としてはもう1つの問題も指摘すべきだと思う。

それは、中産階級の個人資産も銀行に行かず、この住宅不動産として蓄えているらしいということ。従って、もしデフレにでもなれば地方政府のみならず中産階級の資産が一挙に失われる。これは長いインフレが続き、庶民も銀行に預けるより不動産=住宅として資産を置いておいた方がよいと考え、それが地方政府のむやみな不動産開発と重なって大量の資産、それも中産階級の資産があの「夜電気の点かないビル群」を支えている。

日本との違いは、日本はバブル崩壊が起こったが、それで資産を失ったのは一部。それが中国の場合は中産階級全体に広がる可能性がある。これは大変なことだ。

個人の見方としては、政府が強力な施策で何としてもバブル崩壊を阻止する行動に出ると予想する。 それは多くの庶民に経済的な損失や不便を引き起こすだろうが、やりそうなことだと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ