2014/9/4


関志雄氏の最新論文(2014.8.5)がこうして無料で読むことができるのは本当に有り難い。特に図式化された資料は頭に入り易い。
http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/ssqs/140805ssqs.htm

図2の、対照的に推移する中国と日本の世界貿易に占めるシェアというが象徴的で、これが日中の国際的立ち位置の変化を示している。実際、中国の日本離れは、日本の中国離れ以上に進んでいる

中国の対日投資も増え、この直接投資は、中国にとって技術やブランドなどを獲得するための有効な手段であり、逆に日本企業にとっては急成長する中国市場への足がかりを得られるという利点を認識しないといけない。何でも両面性があるものだし、「片手落ちだ」と云うなら、それは「能力がない」ということ。

さらに中国による日本の債券の保有額は14.3兆円に上っていて諸外国の中で日本国債の最大の保有国となっている。

とはいえ表1が示すように、2013年の一人当たり中国のGDPが7,000ドル未満、日本の約40,000ドルにはまだ遠く及ばない。また、平均寿命、乳児死亡率、第一次産業のGDP比、都市部のエンゲル係数、一人当たり電力消費量といった経済発展を示す指標を見ると、直近の中国の数字はおおむね1970年代前半の日本と同じ水準にある。

クリックすると元のサイズで表示します

このことから何が現時点で予想出来るか? この応用問題を如何に解けるかどうかが重要。例えば日本で70年代から最も発展した分野は何か?ということだ。


さらに論者は、

両国が競合関係というよりも補完関係にあり、互いに協力する余地が十分に残っていることを意味する

と結論する。そしてその補完関係を示す図5が載せてある。 そして、競合関係はゼロサムゲームになるが、補完関係はウィンウィンゲームになりうると論者は述べる。

最後に論者はウィン・ウィンの前提条件となるには政治関係の改善が必要だと述べられる。当然のことだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/3

「北京・庶民生活の中で」  お勧めの1冊

「北京・庶民生活の中で」
折笠俊之著、鳥影社、2002年初版

以前から気になっていた寡作な著者がいる。「人生三道茶」の著者である‪折笠俊之‬氏のもう1つの作品である‪「北京・庶民生活の中で‬: ‪中年留学生の生活探検」‬を図書館で入手出来た。‬‬

2000年頃の話であろうか、著者が中国の自動車工場を見学する機会があり、そこでのレベルの低さから著者は、

『(当時)自動車会社が160社ほどあるらしいが… 中国のWTO加盟後にはとても生き残れそうにない…』p81 

と述べられている。ところが、2013年時点でも100社以上の自動車メーカーがあるらしい。
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201305/2013-5-5.html

おそらく、これは国内企業の保護政策によるものだろう。今、将に外資叩きが盛んになっているが、そのような国内産業の過度な保護政策はいずれ日本で起こったようにその企業の国際競争力を失わせ、結局は中国人民の負担となっていくだろう。

ところでこの著者、今はどうしておられるのだろうか? いくら検索してもhitしないのでこの2冊のみの寡作な作家みたいだ。

0

2014/9/2

「青春の北京」2  お勧めの1冊

「青春の北京」2
5月25日 北大校長批判を書いた聶元梓(Niè Yuánzǐ)の大字報(所謂、壁新聞)が大学に張り出された。

それに対し中央人民放送局の特別ニュースによる支持は6月1日、つまり1週間後。p212 同時に工作組がやってきた。p228 著者は この工作組が劉少奇の手先だと考えている。p238 

そして6月18日工作組が学生運動を抑圧にかかる。p234

その間、著者は帰国する機会を得た。そのときの著者の感想が面白い。曰く、

『(日本の)空気の汚さ、人と車で埋まってしまうような雑多な町、頭が痛くなるような騒音… 』p248

まるで現在の中国(笑)。

その他、留学生宿舎と中国の学生が住む寮とは別物。p203



<昨日の続き>
水害復興碑の裏に神社がある。少しそこまで歩いてみる。日も落ちてきたので暗いが大山祇神社とある。後でwebで調べてみると、愛媛県の大三島町にある大山祇神社の分社とか。山の神・海の神・戦いの神である大山積神を祀っているらしい。何故九州のこんな場所に分社があるのか不明だが面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/1

土曜の午後  

いつもより早めに職場を離脱し図書館へGO。以前から気になっていた本を検索して書庫にあることが判明、早速入手。題名は「北京・庶民生活の中で」。同じ著者の以前読んだ本「人生三道茶」が地味だが味のある本だったのでまた同じ著者の本を読んでみる。今度の本はどうだろう?

図書館から足を伸ばし、最近行きつけになった郊外のStarbucksに直行。そこで読み始め、あっと言う間に半分以上読み終わる。気がつけばいつの間にか5時過ぎまで居座っていたことになるが、此処は市内のStarbucksのように込み合うことがないのでつい長居してしまう。それでも周りに大型店が多いせいかそれなりの客が出入りしている。この店のビジネスもそこそこ巧くいっているのではないか? 

その後、暇だったので。このところ気になっていた住宅地に足を伸ばす。最近広島で土砂崩れが起こり多くの人が犠牲になった。同じように山麓の斜面地に住宅が密集しているところが自宅から近い場所にある。場所は山麓を走る高速道路沿い。

幸い自宅は丘陵地帯の平らな山頂中央部になるので山崩れは心配ないが。周囲に広がる団地には広島でみたような地形に張り付くような団地が存在する。

車で巡回してみたが、流石に坂が急で予想通り大雨が降ればかなり危険な場所。実際、あちこちに土嚢が積んである。特に山際の排水溝周りには土嚢が沢山積んである。最近も多分出水したのだろう。 奥には養護園?がある。少し移動すると水害復興碑まである。周辺の人は知っているのだろうか? 

私の場合は自宅を購入する前、大雨の時に現地を訪れ安全を確認した後、契約した。団地の中でも崖際の景色のよい場所を避け、T字路の場所で周りに家が建て込んでも前に道路が広がり視界が広がる場所を選んだのは正解だったな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ