2014/9/15

3日目ヒルトンシーホーク  

<3日目ヒルトンシーホーク>
3日目の温泉宿が全然見つからない。高級過ぎるか、せっかくなのにこれはちょっとというところしか残っていない。特に黒川温泉は全滅。そうこうするうちに温泉でなくドームの横の高層ビルに泊まりたいと言い出す。地元なので機会ないが、一度イスラに参加する為泊まったことがある。ただし、窓からの景色はドームしか見えない部屋だったので。印象はない。
http://blue.ap.teacup.com/salsa2001/1550.html

web上でツインの部屋があることは判っていたが、部屋の景色が問題なので直接ホテルにおもむき部屋からの景色を確認して決める。なかなかそのような習慣は我々にはないが中国では普通に部屋をチェック後に替える事ことは多い。

その夜景がこれ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は勿論近くの此処、とってもアメリカン。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮りまくるZY。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに持ち帰りまで注文し部屋に戻りシャンペンを開ける。だが1つの料理が2人分くらいのボリュームで大抵食べ残す。

クリックすると元のサイズで表示します

夜、散歩に海岸を歩く。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもホークスタウンが寂れていることに驚いた。シャッターのしまっている区画の多いこと! 
早朝の景色。

シーホーク4階のレストラン横に教会が出来ているもたいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/9/15

2日目湯布院行き  

今年は店の方の経営は10万元程赤字だったとか。その理由は、いま习近平氏が進めている汚職追放の一環か、これまで香格里拉饭店で開かれていたパーティーの類いが急激に減って、香格里拉の付属施設みたいな状況にある店の売り上げも激減したらしい。今後ともこの環境が続くようなら色々変更しないといけないとか。ま、いろいろ大変です。


<2日目湯布院行き>
湯布院市内から由布岳の方へしばらく走ると「ゆふいん泰葉」が位置する。なかなか雰囲気がよい。フロントで手続きをしていると韓国語と思われる会話が聞こえる。その後、中国語も、アジアからの観光客が相当来ているみたいだ。実際、料理を運んでくれたスタッフは中国の人、日本語もなまりはあるもものかなり巧い。ZYよりも巧いと云ったところ怒られた。
http://www.yasuha.co.jp

食事前にマッサージの予約を入れそれまでの間時間をロビーや玄関前の足湯で。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マッサージ後は食事。食前酒(カクテル)を目の前で作ってくれる、これもパーフォーマンスの1つか。

クリックすると元のサイズで表示します

料理も見た目が命とばかりに芸術的。盛んに写真を撮るZY。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋は洋室。部屋の下が露天風呂になっている。なかなか露天の雰囲気はよい。

クリックすると元のサイズで表示します

源泉はあまり硫黄臭はないが、湯の華が白く固まっている。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉を楽しんだあと、しばらく散歩する。周囲は森が深くなかなかよい雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ、マッサージ等も含めて51,490円也。たまには贅沢もいいでしょう。
0

2014/9/15

連休中の旅行  

金曜は湯布院の「ゆふいん泰葉」をかろうじて予約できた。土曜日はどこも黒川は勿論、有名どころはすべて満室。

クリックすると元のサイズで表示します

「ゆふいん泰葉」では温泉は勿論だが食事が売りみたいだ。それと、この宿を予約した理由の1つがタイ式エステを提供するとのことでZY希望。2人してマッサージとかをやってもらう。個人的にはそこそこやかったがZYによれば普通レベルとのこと。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/108997/108997.html

クリックすると元のサイズで表示します

土曜はついに温泉は諦めて、此処ヒルトンシーホークに決定。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉とは180度違うが、夜景が見たいということで決める。webで予め空き室があることは判っていたが、直接ホテルに出向き。受付で部屋の夜景を確認後決定(最初は29階だったが海が見える21階にも変更もしてもらう)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ