2014/9/25

変化は続くか?  

いま习近平氏が進めている汚職追放、贅沢禁止令で、宴会が自粛されその手の業界の売り上げが落ちているとか。例え汚職していない公務員達も(ま、灰色官僚は多いはずだが)目を付けられないようにかなり慎重に行動しているみたいだ。その影響は店にも影響している。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3767/trackback

来月、北京であるシンポジウムに招待されているが、これまでは航空券は自分で勝手に買って、あとで現金で現地でもらうパターンだった。ところが今度から向こうで全て航空券は手配され、e-チケットでこちらに送られてくるらしい。こんなところにも変化が見られる。 

それと多分、向こうでのホテルや宴会もこれまでのような豪華なものではなくなるだろう。これまではいつも凄いところに泊まったり、宴会に連れて行かれて、とてもお返しはできないな(汗)と思っていたが今後はなくなるだろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1879/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2462/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2940/trackback

日本では昔から学会やシンポジウムで外国研究者を招待する場合、ファンドがあっても飲食代には使えない。だから宴会はもとより、観光に連れて行く場合も当然自腹を切るしかない。だから国際学会とかで外国人を招待すれば、それなりの個人出費は覚悟しないといけない。(ただし休日に温泉旅館の宿泊代を申請するのは料金の規定内であれば構わない、それでも宴会分は駄目。それは謝礼の中から本人が払うことになっている。でもお客さんに「宴会代払え」とは云えないよね!)。 

そんなわけで、招待者数によるが、いつも世話人がかなりの額を手出しし、温泉とかに連れて行った。これから中国でもそうなるのかな? 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3336/trackback


…多分、それでは色々な産業がやっていけないから、熱りが冷めれば元に戻ると思うが??(笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ