2016/6/2

『環境考古学への招待』4  お勧めの1冊

いろいろな人がObama氏の演説について逐語訳して批判的なコメントをしている。私は短いショートカット版を聞いただけで英文そのものには当たっていない。そこで私も試しに調べてみた。


https://www.youtube.com/watch?v=tNzt7gVz56c

しかし、途中で止めた。意味がないと思ったからだ。



オバマ氏にもいろいろな制約がある。その中で広島にきてあの演説をしてくれた。中には原爆を何か特別な物のように言う人がいるが、その人に問いたい。

  原爆よりも焼夷弾で焼き殺した方が人道的なのですか?

そして、この文章を再発見した時、十分に彼の真意は汲み取れたと思った。

  We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.




『環境考古学への招待』4
養老2年(AD712)に発布された『ク牧令』には、
「…馬牛をやむを得ない事情で死なせた場合、不可抗力という証拠があれば弁償の必要がなく、死んだ土地で、皮とシシ(肉)とを売りに出して、その代金を元の役所に収めよ」という記述から

<肉食禁止は建前だった> とする。p139

事実、天武4年の詔には

「四月一日より九月三十日までの間、牛、馬、犬、猿、鶏の肉を食べてはならない」とある。つまり、期間を限っていて、それ以外は禁止しないということ。p140

その後、戦跡考古学と現代史の章があるが、これはなかなか生々しい話で少し頭を整理しないとかけない部分。p180
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ