2017/3/9

『国家はなぜ衰退するのか』3  お勧めの1冊

『国家はなぜ衰退するのか』3
ここで著者らは産業革命の原動力をイノベーションとして特許によって財をなした人々の例を挙げているが、p63 先に読んだ本の中『10万年の世界経済史』ではこれを否定する記述があった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4791/trackback

前の本の説明では出生率の増加による、人口波によるものだとした。つまり<英国で産業革命ができたのは、1)人口が増えたこと と 2)米国で農地が拡大したこと> だったという

現時点でどちらが正しいかはもちろんわからない。わからないからこそ読んでいく意味があるというものだ。

合衆国とメキシコにまたがる1つの町、ノガレス。これを象徴的に取り上げながら著者らは最初の時点で合衆国でイノベーションが行われる上で有利が条件として銀行システムをあげる。p64 つまり合衆国の方が資金をかなり低い金利で借りられたことだとする。p64 そしてそれを可能にしたのが、背景にある社会の仕組み、政治権力の合衆国における分散=民主化だという。p66
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ