2017/11/11

『世界に分裂と対立を撒き散らす経済の罠』12  お勧めの1冊

給与所得者の保険料および扶養控除申告書が今年からweb提出になった。早速入力してpdfをダウンロード、保険会社の証明書を添付して早々に提出。最初の提出者になったみたいだ。

ちょっとわかりにくい入力システムの部分(入力済みの画面が途中で確認できず、最後のpdfでのみ確認可能)があるが、そこは今後改良すればよい。慣れれば簡単なものになるだろう。 ついでに保険会社の証明書も将来はwebベースでの認証システムを取り入れればよい。中途半端なクラウド化は不経済



『世界に分裂と対立を撒き散らす経済の罠』12
著者スティグリッツは「極度の不平等は経済の安定性だけでなく、社会と政治の安定性を損なう」と繰り返し主張する。

ここで「パルマ比率」という言葉を初めて知る。これは国民総所得における上位10%の取り分と、下位40%の取り分の比率らしい。p351 そして、これが1以下だと良しとする。この比率を満足しているのは北欧諸国だとも。そして、この比率は現在では適切な指標としてコンセンサスを得ているらしい。p354 

webで調べてみるとユニセフのデーターによれば、北欧が0.7〜0.8で合格。日本は1.02(2014年)で、もう少し。 ちなみに米国は1.64。韓国は実は非常に低く0.83なのは意外だった。これはどうしたことか? 下のURLの図10.1
https://www.unicef.or.jp/library/pdf/labo_rc14j.pdf

これまでも何度か書いたように、著者は資本主義社会において「不平等は必然ではない」と主張する。これは同じデーターを出しながら、「資本主義の本質である」と考えるトマ・ピケティーとは異なる(ただし、そうだとピケティが述べているわけではないが文脈から考えればそうなるということだ)。そしてこうした結果を導いたのはスティグリッツ氏によれば「政治」であるとする。そうならば、当然「政治でこれは変えられる」という結論となる。p361

80年代以降、こうした状態が徐々に酷くなった背景の1つにソ連の崩壊によりライバルがいなくなったことを指摘する。p362 

実はこのことは、漠然として私自身が感じていたことでもある。私はこのことを「緊張感がなくなった」と表現した。 素人でも感じるものだ。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5069/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4422/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3956/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1585/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/803/trackback
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ