2019/11/3

『10年後の仕事図鑑』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.youtube.com/watch?v=KajzwESzDyQ
李姉妹ch 十分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=RBvTiSELGqs&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=6
HKS 4 #4〜6。背了一个小时十七分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=KpGSRXipSe4&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=70
#66〜70 ブレチャイな,学了四十一分钟语法。66很难!

https://www.youtube.com/watch?v=Qp5mFPN9VXU
二十分钟。写中文。 一共两个小时二十八分钟。

运动;爬山散步350kcal和有一个Zumba课。



<案の定、再び>
新テストについて起こりうるだろう、様々な懸念について「案の定」と言ったのは3年以上も前の話。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4622/trackback

それから十分な時間があったのに今頃になって <見送り?> バカじゃないかと思う。

何度も言うが『大学人でない人たちが「大学入試改革」を提言するとこういうことになる例』
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3398/trackback

それにしても、その裏には文部官僚がいる。彼らの罪はこれだけではない、実に大きい
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5758/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/655/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/262/trackback



Halloween Salsa
https://www.youtube.com/watch?v=EZReq7CWUdA



確かにPhuketは南国のリゾート?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4385/trackback




『10年後の仕事図鑑』2
ホリエモンもアリババの芝麻信用(ジーマ)を高く評価し、早く日本にも導入すべきだと主張するが同感だ。p154 以前、

『信用のない人は自転車も借れない、タクシーも呼べない』

つまり、「お金」ではなく「信用」こそが社会を動かす原資という考え方だ。世の中にはこれが中国で開発されたということで、反中的感覚で嫌悪する人がいるが私から言わせれば「愚か」の一言。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5502/trackback

これに関して彼の言葉を追加すると、

『お金は何かをしたい人のためにあるもので、貯めたいと思っている人のところにただ貯まっても、少しも世の中のためにならない』p155

この一節を読んで、やはり私のホリエモンに対する以前の評価は間違っていたのかな?と思うようになった。

面白いことが書かれていた、「借りる」と「貸す」は本来表裏一体ということについてだ。p169 これがツボに嵌ったのは中国語では「借,jie」にこの2つの意味が有るからだ。日本語だと漢字がそれぞれ、「借」「貸」と違う。

我借了他一本书。=彼から本を1冊借りる。
我借一本书给他。=彼に本を1冊貸す。

と言う具合だ。これは日中のお金に対する社会的価値観あるいは人的繋がりの違いによるものだろうか? 今後の課題。因みに日本語の「貸」に当たる中国語の「贷」はローンという意味らしい。貨幣と言う機能に注目すれば中国語の使い方が正しいように感じる。


ここでも物理的貨幣の欠点が指摘されているがわかり易い。p178
1) マイナス金利が有効に使えない=タンス預金する
2) 流通にコストが膨大にかかる=簿記記入、現金の保管・輸送、
3) 違法行為誘導=匿名性
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5502/trackback

<データーベースとして>
カード決済は1回払いならばお店が手数料を払う、それに比べるとATMの時間外取引手数料は大きすぎる。p160 尤も、最早銀行は低金利でこうした手数料で稼ぐしかないほど疲弊している。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ