2020/1/16

『60歳からのリアル』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 782XP,+538 三个小时五分钟。

运动:一个Salsa课

<絶不調>
今日は勉強する気力がなく、ソファーで横になって本を読みながらダラダラ。こんな日は読書も進まない。こんな日、ゲーム感覚で勉強できるツールは良い。β版でいろいろ不備はあるが、無料で使わせてもらっている身、文句を云う立場ではない。ただしソフトの改良の為のコメントはされてもらっている。一番の問題は「ta」の発音が「他」なのか「她」なのかわからない点。ソフトが要求する答えでないと先に進めない。
https://www.duolingo.com/learn

それにしてもこのソフトで3時間はやりすぎ?



『60歳からのリアル』2
リタイヤ後の「生き方」としては、すべてをリセットすることが大切だとか。p73

その通り! 現役時代と同じような生活と考えるから間違いが起こる。私は『ダウンサイジング・プロジェクト』としてゲーム感覚で進めたゼ!
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5257/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5249/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5266/trackback

ここで意外なことが書かれていた。それは物価上昇率で、40歳未満世帯では3.7%に対し、60歳以上の世帯では5.5 %と逆に高い。これは家屋の修繕費や通信費などが増えるからだとか。p98 修繕費が増えるのは持ち家の老朽化で当然だろうが、通信費が増えるのはなぜだろう? 暇でスマホ使用時間が増えるから?(笑)

ここでも特別出費の重要性が指摘されていた。医療費や修繕費などだろう。これは最初から想定済みのこと。p104

この後、NISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)が議論される。後者は以前何度も「不道徳な見えざる手」で散々議論された仕組み(笑)前者は2018年よりスタートした制度で利益が全額非課税で投資神託ができ、インフレリスクの備えとして適しているとか。p128 積立期間が長期間で投資が比較的少額なので経験がない人に適していると著者は述べる。p124〜5

インフレの問題は別にして、時間もないし年金の範囲でなんとか生活できると結論できた私としては考えないことにしている。

ただし一番の問題はインフレの可能性。 金融政策で大きな間違いがない限り、人口減少社会にインフレの可能性は低いだろう。しかしインフレが起これば貯蓄はすぐ目減りする。この場合は話は別。。例えば10%物価が毎年上がれば(1.1)^n n=5として、  5年で6割程度、超インフレで50% ならば5年で1/7くらいまで金の価値が下がる。つまり5年で1000万円が100万円ちょっとの価値まで下落する。これは大問題。この時は行動が必要

そのほか、最近TVでよく宣伝しているリバースモーゲイジとリースバックが議論されるが、これは完全に除外。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ