2020/5/21

地震の後の津波 & 『線文字Bの解読』第二版2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 110XP,+40,二十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=rqCA-PAqcdE
HSK4, 4/6~5/6 背了一个小时十八分钟单词。一共一个小时三十九分钟。

运动;爬山散步5.2km,7070步,16楼。



<久しぶりの外出>
今日も勉強進まず。仕方がないので2ヶ月ぶりくらいに懸案になっていた床屋に行くことにした。四六時中、髪の毛を気にしていたのでよい機会とポジティブに考える。事実、散髪後はスッキリして気持ち良い。ついでにスタバにもGO。

店員さんが誰しも笑顔で「久しぶりです」と声を掛けてくる。お客さんはまだいつもの2〜3割でガラガラだが、営業開始は店員さんにもよいニュースだろう。<新たな日常>へと言っても、これでは厳しいだろう。タクシー会社の駐車場にも沢山動いていない車が駐車しているのも普段にない光景。 Social distanceと言える人ばかりではないということだ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの車の中で国会中継を聞くが、やはり「コロナ後」に向けて検査体制の充実が痛感された。ワクチンの実用化が最も望まれるが、ウイルスのワクチンはこれまでの経験から考えれば楽観的にはなれない。ウイルスのワクチンはうまく行かない場合の方が多い。これはウイルスが「生物と無生物の間」に位置されるように、宿主と独立した存在ではないことによる。

まずは1)特効薬の開発、次には2)RT−PCRあるいは抗原検査で感染者、特に不顕性感染者を割り出して感染防止策を図る必要があると思う。いずれにしても「コロナ後」の世界への対応は難しい。経済はリーマンショック以来の不況と言うが、経済指標はそれ以上に悪い。ただ問題ははっきりしている。問題はこれが「灰色のサイ」だということだ。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6133/trackback



<「コロナ後」を考える=地震の後の津波>
スタバでも感じたが、レストランや居酒屋などのお店はいま大変だ。しかもこの「コロナ後」はいつまで続くか判らない。アベノマスクや、公務員や年金生活者も含めての一律10万円給付? それより経済的に厳しい状況に陥っている人たちへの救済だろう?! 政府の無策さが歯痒い。国民の日本政府の評価が世界的に最下位らしいが、それは当然だろう。

考えるに、小規模事業者の家賃や光熱費など一時的な1)固定費支払い延期などをできないものか? あるいは、2)大学や研究所に沢山ある定量的-PCR機器と眠った人材(ここにもPCR検査ボランティア希望の年金生活者がいるゼ! 因みにRT-PCRは30年近い経験あり)を動員して広範な疫学調査による感染者の洗い出しと感染防御対策とかはどうだろう? 知恵の出し方が問われる。

先日梵さんところで話題にしたが、網羅的スクリーニング法*の常道を使えば国民全員の感染スクリーニングも可能。98検体をプールにしてスクリーニングすれば国民全体だって100万検体強で済む。ウイルスは独自で増えられない宿主が特定できればウイルスも捕捉阻止できる。そうした非常時体制を構築せずに「コロナ後」は迎えられない。 

*因みにPCRだとプールによる網羅的スクリーニングが可能だが、抗原や抗体検査ではプールした分、感度はますます低下するので使えない。それぞれの特性を利用した応用が必要。


『頭を使えよ!』 と声を大にして言いたい。何がアベノマスクだ! そういえば、まだアベノマスクは届いていないが、いつ来るのか?? 市中では『マスクあります』の看板が沢山出ているが?? 全くお笑い沙汰だ。ま、笑い事ではないが…

いずれにせよ、今我々は<地震に襲われたが、その後に津波が迫っていることも知っている> 


<近所の家猫?>
最近、庭で本を読んだりパソコンを使ったりする時間が長いので、その間知り合いになった猫が数匹いるが、その中の1匹は今日ついにスリスリして、最後には触らせてくれた。これだけ人懐こい以上野良ではないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



『線文字Bの解読』第二版2
線文字AとBの違いとしてBには罫線があるという。また分数が表示の仕方で、Aには未発達な分数記号があるが、Bにはその代わりに分数的記号を持っていた。つまりポンド、シリング、ペンスの類。p25 なおクノッソスの粘土板はほとんど線文字Bで書かれていたとも。p26

小アジアやオリエントでは粘土板は焼成されたがクノッソスの粘土板はそのまま乾燥されただけで、これが保存を難しくした。これが残ったのは宮殿が火災で壊滅したからで、その火災の火で焼成されたことによる。ミノア建築には大量の木材が使われ石壁すらも木材の梁材を組み合わせ、耐震力をもたせていたとか。p26

ヴェントリスを導いて解読を成功させるのに貢献したもう一人の人物、アメリカ人アルス・コーバー博士のことが語られる。p54 彼女はなんと43歳で夭逝したとか。ヴェントリスが34歳。偶々かもしれないが線文字Bの解読に重要な貢献をした2人の命が短いことに驚かされる。彼女は方法論的に解析に取り組んだ初めての人物だとか。まず文法形式を示すのに(1)異なる語尾を用いる語形変化を備えているか、(2)複数形を持つか。(3)「性」を区別しているかを系統的に調べたらしい。そしてこれをその後、人々は『コーバーの三つ子』と名付けた。それまでの研究者は線文字Bが他の言語のどれかと(例えばキュプロス音節文字と)同じ系統であると前提を置いて検討したらしい。

(1)は日本語と英語、中国語でわかりやすい。日本語と英語は現在形と過去形が異なるが、中国語は同じだ。(2)は日本語と中国語は単数と複数形が同じだが、英語はsなどを付ける。(3)は3カ国語いずれも区別していない、ということかな?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ