2020/7/7

大雨警報中(レベル3)& 67歳のリアル  

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 230XP。+30 十四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=RBvTiSELGqs&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=6
HKS2 1/2〜HKS3 2/3 背了一个小时九分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=Z2SqS_IZ4o4&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=40
ブレチャイな! 36~40. 学三十三分钟语法。

https://www.youtube.com/watch?v=eFgbQ73zbRc&list=PLFXE399Rro4WtDUuoPbN-LuTtGf7zVZ0r&index=5
李ちゃんねる 1〜4 背十五分钟句子。一共两个小时十一分钟。

运动;爬山散步6.1km, 7523步, 9楼。
午後から外出で勉強は午前中のみ。


リホーム代金の銀行振り込みのため、昼食後すぐに外出。何しろ三時までに振り込まないと銀行は閉まってしまう。不便この上ない!

帰宅後は勉強も読書もできず、折からの大雨警報発令中でニュース番組ばかり見て時間を浪費する。これではマズイということで雨の中、散歩がてら周囲の状況観察にGO! 警戒レベル3発令中

クリックすると元のサイズで表示します

団地は丘陵地にあるので問題は崖崩れ。自宅は団地中央部分に家を作ったので個人的には問題ないが団地外縁部の住民は心配だろう。コンクリートや石垣で補強されている部分もあるが、多くはこうした斜面。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした所は非常に危険で事実、ハザードマップ上に記載されている。下記URLの1番目の図の右下、ボールドで「炭焼」と書かれた付近の赤色部分。景色はいいが、どうしてこんなところに家を建てるのか内心不思議に思う。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2232/trackback

まず、井野川に向かう坂道を下ると調整池が満杯になっている。階段横の排水路からは団地からの雨水が勢いよく流れている。普段はほとんど水がないので驚きだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下のURLの普段の調整池や排水路の写真と比較するとよくわかる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6159/trackback

井野川は普段、チョロチョロ水が流れている程度の小川だが今日は水量が凄い、隣接する家の住民は心配だろう。

クリックすると元のサイズで表示します


<Dance with Corona>
ベトナムのダンサーQUANG ĐĂNGによる“Dance with Corona”
https://www.youtube.com/watch?v=NToFjgkOMzM



超〜面白い!!
https://www.youtube.com/watch?v=i5NEkeY8SOs


<67歳のリアル>
「30年目のリホーム」で屋根の補修と一部雨水路の追加工事で合計116万円強の出費が出たが、これは想定内。これを最後のリホームとしたい。

退職時からの貯蓄が初年度の様々な特別出費も含め220万円近く減った。しかしこれは想定内。今後も想定される介護、医療、車などの他、災害や事故など不測の事態もあるかもしれないが、それを心配しても仕方ない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6026/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

それとは別に、今日も代金振込みで感じた日本の遅れた仕組み。わざわざ窓口に行かないと不便なことがある。例えば業者さんは「振込み手数料は業者持ち」だというが、窓口に行かないと利用者は無料にならないので自動振込みが使えない。第一、未だに大手でもクレジット決済が使えない。キャッシュレスにすれば時間もお金も節約できるはずだが? 業者は「クレジット手数料が高い」というが、そこら辺の規制緩和が必要では?  中国は近くデジタル人民元を導入すると聞く。アリペイ、WeChat Payに慣れた中国人に違和感はないだろう。何時になればデジタル円が使えるようになるのか?  

おかげで午後から外出で勉強は午前中のみ <これは言い訳(汗)
0

2020/7/6

『日本人の宗教と動物観』  お勧めの1冊

<人吉の水害について考える>
ニュースによれば人吉が水害で甚大な被害を受けたらしい。確かにTVで観ると、あの球磨川が大河のようになっている、まるで激流の長江だ。

この水害で水没した特養で14人が心肺停止の状態になっている。聞けば50〜60人の入居者がいたとか。日常生活にもかなりの支援が必要な入所者だろうから避難は大変だろうが、それにしても被害があまりにも大きく、言葉を失う。

特養と老健:
特養は基本、「終の住処」としての意味を持ち、要介護3以上の高齢者を対象とする。要介護3以上とは「立ち上がり時や歩行、食事、入浴、排泄のときに、介護者による全面的な介助を必要とする」というのが定義。つまり、一人の高齢者の介護をほぼ一人の介護者が必要なことを意味する。60人の入居者がいればのべ60人の介護者がいないと避難は難しいはずで、基本避難が必要な場所での設置は想定外だったのだろう。つまり、今回水没するなど予想できなかったということだ。

球磨川:
熊本出身で、高校時代は山岳部だったが、ほとんど人吉方面の山に行ったことがない。それは熊本市内からだと人吉は当時(多分、今でも)距離的に非常に遠く、山登りには2泊以上が必要だった。1泊でそれなりの登山ができる、阿蘇や大分の由布院などのほうがアクセスは容易。それに人吉は深い山が多いが、単峰は少なく(市房や国見岳など有名どころはある)よほどの「通」でない限り、山登りとしては面白みがない?と感じるがどうだろう? 

それにしても、渓谷で急流のイメージがある球磨川が今回荒れ狂う大河のようになって鉄橋を押し流したのには驚いた。先日、四川省で大雨が降り続き、三峡大坝の危機が噂されていたが、人吉も規模は小さいが地形的には四川省に似ている。

いずれにせよ、今後は「想定外の事態がこれから起こりうる」と考えていた方が良さそうだ。これも1つの地球温暖化の現れだろうか?



『世界を救う処方箋』はようやく半分を過ぎたところだが、ここで気分転換に以下の本を紹介する。ずいぶん内容が異なり、少し批判的な内容紹介になるかもしれない(汗)

『日本人の宗教と動物観』
吉川弘文館、中村生雄著、2010年初版。

鈴木大拙は僧侶の肉食を肯定していたらしい。しかしこの考えの背景にあるのはキリスト教的な、あるいは近代西洋的人間観の影響下にあるとする。p30 この考えは彼が20代でアメリカ在住時の発言であり、彼のこの時の見解を「その時代の社会的背景を無視して現在の基準から批判するのは適当ではない」と著者はいう。p32 それには同意だ。

原始仏教の伝統を受け継ぐ、上座部仏教の場合、布施された物は何でも食べるべきとの立場なので肉食は禁忌ではない。事実、犬の肉などを食べる低カースト・アウターカーストの人からも初期の仏教教団は布施を受け入れていたらしい。

ところが、4世紀頃に成立したと考えられる『涅槃経』などでそれを全面的に禁止する立場があるらしい。それゆえ、現在の仏教教団が肉食を禁忌とするのは、その後カースト制を強化するヒンドゥー・インド社会からの要請だとする。p49  

全く知らなかった。しかしここまでは何となく納得できる。さらに著者はこの思想が日本に導入される時には神道的な「穢れ」の観念と歩調を合わせたとも。p50  さらに、大国中国に対する『日本的ナショナル・アイデンティティの一表現… 仏教以前の土着信仰に無原則にさかのぼらさせてはならず…』p56 とするにあたっては、いつもの通りの根拠に欠ける。「何でも言える」世界だと言わざるを得ない。



0

2020/7/5

『世界を救う処方箋』8  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 160XP。+30 十分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
https://www.youtube.com/watch?v=NHVoYBhFWiI&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=3
HSK4,6/6 〜HKS2 1/2背了五十四分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=LFXR4oIvKX4&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=35
ブレチャイな! 31~35. 学二十四分钟语法。

https://www.youtube.com/watch?v=YDKsMaA4GSM&t=13s
中国語睡眠学習 (2), 2h37min〜end。作文和听写二十三分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=BqrHOQkeyL0
李姉妹ch 看十二分钟李频道。一共两个小时三分钟。
今日土曜はオフ日だが、昨日勉強できなかったので少し取り返すために勉強。

夜、ついでに運動も追加:3.9km, 5,698歩、15階分。



<異なる受け取り方>
内田氏が山田泰司著の『食いつめものブルース』について書評を載せている。
http://blog.tatsuru.com/2020/06/30_1913.html

私もこの本を読んだことがある。著者の名前に覚えがあったので、手にとり読み出したもので、通常ならば読まない本に属していた。つまり読んだら即、「可燃ごみ」行きの本のような<体裁>だったということだ。しかし、内容はその体裁からはほど遠かった。

ただし、内田氏とは注目した点が微妙に違う点も指摘したい。確かに、全体的な構図からは農民工の持つ『次(成功するの)は自分だ』というのはあった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5313/trackback

しかし、それが最近になり段々薄れてきたという点だ。どちらが著者のより言いたいことかは今の時点では分からない。しかし、後者の方を私はメッセージとして受け取ったということだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5311/trackback



『世界を救う処方箋』8
アメリカ企業の総収益に占める海外収益は1960年代の5%から2008年には25%にまで増えている。p103

この中で著者は2020年までに中国は購買力平価で米国を追い越すだろうと予測している。実際調べてみると、確かにこの予測は当たっている。それどころか2014年時点で順位はすでに入れ替わっている。2019年時点で、一位の中国は25,278.77(10億USドル)で米国は20,580.25。ちなみに現時点で3位はインドで、4位が日本。インドに日本が抜かれたのは2009年時点。もちろん人口が違うので総GDPで比較するのは意味のないことことではあるが。
https://ecodb.net/ranking/imf_pppgdp.html

いずれにせよ、これは地政学的パターンを変えると言うが、まさにこれが現実に起こっている。アメリカは共和党、民主党に関わらず、今は中国を脅威と見ている。

グリーンスパンの時代に金利を低くしたが、インフレは起こらなかった。彼はそれがアメリカのニューエコノミーの力だと考えたが、実際はグローバル化で、つまり中国から安い消費財が流入したからだと著者は断言する。つまり、グリーンスパンは判断を誤ったのだと。その代わりにこの低金利は抵当権付き住宅ローンを急増させ、ウォール街はこの抵当権を証券化し2008年のバブル崩壊へとつながったとする。p107  この教訓として著者はアメリカの雇用問題は金融政策では解決しないと断言している。p108

さて、問題は日本だ、デフレ克服のためにゼロ金利政策をすすめているが、低金利は結局インフレターゲットに成功しなかった。わずか2%のターゲットですらだ。ここでも金融政策の限界が示されているのかもしれない。但し、金利をあげればさらにデフレが進むことは予想される。金利をゼロに維持することは必要かもしれないが、それが日本のデフレ対策にはならないということだろう。

先日も書いたが、日本は労働生産性が低迷している。これは新しいことを導入することに遅れをとり、挑戦が行われていないことによると考える。とりわけ昔ながらのやり方で、過去の成功体験が足を引っ張っている。変化や挑戦を引き起こさないのは、「成果主義の欠如」だと確信している。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6199/trackback

個人の能力に応じての評価がなされていないことが旧態依然とした体制維持に働いていると感じる。もちろんこうした成果主義は勝者と敗者を生み出す。しかし敗者に対するセーフティーネットさえ準備していけば社会に不安を引き起こすことなく克服できるはずだとおもうが、どうだろう?
0

2020/7/4

Contact work & 『世界を救う処方箋』7  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 130XP。+20 七分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
HSK4, 5/6〜6/6 背了四十八分钟单词。一共五十五分钟。

运动;5.2km, 7667步, 8楼。



<コンタクト・ワーク>
今日は公民館の修理等の手配で午前と午後に業者さんの下見に付き合う。HPから最初3箇所に問い合わせても返信はゼロ、全然HPが役に立っていない。その後、個別に3箇所に問い合わせて1件だけ返信が有り、下見・見積もりが出る。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6199/trackback

それで決めようとしたが、見積もりは2つ以上取ってくださいとの区長さんから要請が有り、さらに個人的つながりを利用して3箇所の業者から下見希望が来たが全て電話連絡。下見・見積もりが重なるのは都合悪いので時間を変えての立会いで全日潰れる。 しかも立会い等、完全にコンタクト・ワーク。コロナ関連でリモートワークが叫ばれている昨今だが全く別の世界。先の自宅リホームでも同様だった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6181/trackback

建築・設備関連は元々リモートワークが難しい業界だろうが、下見や見積もりなどは幾らでもリモートワークは可能なはず。「遅れた組織」というのは言い過ぎだろうか? 因みに在職中、電話連絡での注文などは過去10年以上したことがない、全てHP経由かメール。


<インフォームド・コンセント>
昨日の通院に関連してインフォームド・コンセントについて述べたが、この概念は1997年に医療法が改正され、初めて法律として明文化されたらしい。

ということは今の40代以下の医師しかきちんとしたトレーニングを受けていないということだろう。長年、医系の大学に勤めていたので直接ではないにしてもしばしば耳にしていた身近な考え方だが。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1582/trackback

年寄りの医師にはない発想なのかもしれない。私は若い医師の方を評価する傾向があるが、結局そういうことか!
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6216/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6148/trackback



『世界を救う処方箋』7
<スノーベルト、サンベルト、ラストベルト
よく言われることだが、サンベルトはキリスト教原理主義の拠点。ここが60年代の公民権運動、移民問題の文化的激変によりもともと強い反連邦政府的傾向をさらに激化させたという。p91

多分、それに新興国に産業移転が行われ衰退した、ラストベルトが反グローバル勢力として、同じ勢力に加わったのではないかと想像する。

<棲み分け>
また、これとは別に白人富裕層の「郊外への脱出」が分裂を加速したとも。脱出組は共和党へ、居残り組は民主党支持を強めたが*、この分裂は同時に教育と所得格差を固定化することにもなったようだ。p93  

これについては、個人的な経験もある。3年間の留学中に3箇所住処を替えたが、いずれも大学関係者の沢山住む地区、家賃は高かったが、ハイウェーの反対側の家賃の安い地区には住まないように指導があった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/173/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1294/trackback

そしてそのハイウェーの入り口にはいつもパトカーが待機していて反対側から来る<犯罪予備軍>を見張っていた。

安い散髪屋がその地区(S. P. A)にあったので、たまに足を踏み入れることがあったが、駐車場所には十分注意していたし、(ま、2,000ドルで買ったボロボロ中古のステイションワゴンで盗まれる心配はなかっただろうが)現金も20ドル札以上は持たないようにしていた。因みにある程度の現金がないと逆に危ないと言われ、強盗に襲われたら抵抗せずにその現金を渡して逃げろと指導されていた。

このように棲み分けは、人種差別に非常に神経質なカルフォルニアでも歴然と存在した。このところの「Black Lives Matter運動」をみると何も変わっていないなと感じる。ただ、個人的には黒人を見る機会は少なく、むしろアジア系とヒスパニック系の方が多かった。黒人は実際、深夜ラボの掃除にきていた人しか話した経験がない。彼らから多くの言葉を学んだがラボ内では使用禁止だった(笑)
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5055/trackback

*民主党支持母体もその実富裕層や大企業の支持母体でもあり貧民層に優しかったわけではない。

米国で反税運動を先導している州は実は連邦支出の最大の受益州。表5.1 p98

著者は特殊権益集団が政治を支配しているのは金があるからではなく、国民の多くが不勉強だからだとする。p99
0

2020/7/3

『世界を救う処方箋』6  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 110XP。+50 二十三分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=rqCA-PAqcdE&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=12
HSK4, 4/6〜5/6 背了四十三分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=Lp20GwwkMy8&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=30
ブレチャイな! 26~30. 学习三十二分钟语法。

https://www.youtube.com/watch?v=tkPLO9lXAkU
ヤンチャンCH/楊小溪, 十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=YDKsMaA4GSM&t=13s
中国語睡眠学習 (2), 2h01min〜2h37min。作文和听写四十五分钟。
一共两个小时三十四分钟。

今日は午後通院で潰れたので仕方ない。てか、明日は自治会の仕事で1日潰れる、、、 

运动;3.8km, 5231歩、1階。


<通院>
今日は1ヶ月ぶり(正確には35日)の通院。ここの医師は気に入っているのだが、何せ総合病院なので時間がかかる。循環器内科と泌尿器科の2つだけだが行き帰りの時間も入れて正味3時間もかかる。診察は共に10分程度(涙) 

血圧の薬をさらに減らすかどうかの議論が出たが、夜トイレに行くのが減った(現在1回)のが血圧の低下に関係しているだろうとの意見で、しばらく様子を見ることになった。こうしてキチンと処方と理屈を患者に知らせる、所謂インフォームド・コンセントが若い医師には身についている感じがしている。年寄りの医師より気に入っているのはこうした点。

今日は2つの薬にジェネリックが出たということで前回より2,730円も安くなった。医療費も入れて4,170円。35日分の医療・薬価費としてはまあまあではないか? 国の社会福祉費を減らす上でもジェネリックの普及は重要。



『世界を救う処方箋』6
レーガノミクスと呼ばれる政策転換で経済がどのように変化したかの表が78ページに載っている。富裕層優遇の最高限界税率は半分近くの39%台まで減少した一方で様々な経済指標はインフレ率を除き改善していないどころか悪化している。著者は役に立たなかったと結論する。これについては因果関係としてみることは適正ではないように思う。グローバリズムでそれまでのアメリカ一極がなくなるのは当然のような気がする。時代の流れだと感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
図 p78

第5章は「分裂した国家」。これはあのサミュエル・P. ハンチントンの「分断されるアメリカ」で詳しく議論されたことだが、この著者はこれが米国の趨勢を決めた原因だという捉え方のようだ。ハンチントンの『文明の衝突』は駄作だと思ったがこの本は読む価値があると了解している。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/54/trackback

いずれにせよ、著者は「小さな政府への転換」と「グローバリゼイション」そして「社会の分断」を米国衰退の原因としているようだ。p80

特にヒスパニック人口の増大が緊張を高めた原因として挙げている。黒人を巡る問題は建国以来、長年のことだが、近年の中南米からの大規模な移民(含、不法移民)が米国の問題を複雑化したというのには同意できる。この動静により増加するヒスパニックへの対応へ税金が使われることへの反発が白人コミュニティーで高まったらしい。p85  これはなんとなく判る。

ここで非常に面白いことが書かれていた。それはスノーベルトからサンベルトに人口が移動する(産業移転)だけで政治勢力が変化したとの分析である。この移動には鉄道電化や空調の普及、ダム、水道などのインフラ整備があるという。p86〜90 サンベルトの人口と経済の重みが増えるだけで全国規模での価値観の変化を伴わずに政治勢力図をかえるとの指摘である。p89

実際、1900〜1960年までは一人の例外を除き、大統領は北部から出て、1964年から2008年のオバマまでは全員がサンベルトから大統領がでているらしい。p87

クリックすると元のサイズで表示します


Dance with Corona = Dance with masks

クリックすると元のサイズで表示します

オリジナルソースは以下のサイトより

http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1593778343/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9nci5waW50ZXJlc3QuY29tL3Bpbi8xNjQwOTk5ODAxNTc2NDE2OTAvP2FtcF9jbGllbnRfaWQ9Q0xJRU5UX0lEKF8pJm13ZWJfdW5hdXRoX2lkPXt7ZGVmYXVsdC5zZXNzaW9ufX0mc2ltcGxpZmllZD10cnVl/RS=^ADBDlT9mlPtRx4nT0MqVnnorSXgKDo-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUTdONkxjMFlZbkd1TFh4Ni1OcVdMNVNzN2M2ZmJJaHJFLXN6ck1MTUNwaFlUSWNxQ01ZU29PSjY4BHADUkdGdVkyVWdkMmwwYUNCdFlYTnJjdy0tBHBvcwM0BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jy
0

2020/7/2

『世界を救う処方箋』5  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 60XP。+30 十三分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-6dvSNw93Xs&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=11
HSK4, 3/6〜4/6 背了四十四分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=YDKsMaA4GSM&t=13s
中国語睡眠学習 (2),1h01min〜2h01min。作文和听写一个小时三十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=CrOxIK337xk
【中国語聞き流し】作文和听写四十八分钟

https://www.youtube.com/watch?v=OafefuhIpt8
オリエンタルDS, 看十四分钟频道。

https://www.youtube.com/watch?v=mZlganDZw5c&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=25
ブレチャイな! 21~25. 学习三十四分钟语法。一共四个小时四分钟。

运动;一个Salsa课。



『世界を救う処方箋』5
61ページにGDPに占める政府の民間支出の割合が1930〜2010年にかけてグラフにしてある。これによれば、1930年代の大恐慌時の5%以下から徐々に上昇し1982年ごろまでの15%強まで伸びるが、レーガン政権で上昇は止まる。そして2008年のリーマンショック後少しのびて最後の2010年時点で20%近くまで上昇している。これはレーガンが小さな政府を提唱し税金が悪者扱いになったからだと著者はいう。これは事実だろう、そのように今まで聞いてきた。新自由主義の主張通りだ。これにより、教育、インフラ、エネルギー科学技術などの政府の投資が削減されたが、医療費や高齢化に伴う年金は増加したので全体的には平行線になっている。p69

クリックすると元のサイズで表示します
図4.1 p61


小さな政府のスローガンは減税と裏表である。特に高額所得者に対する限界税率はレーガン前の70%程度から段階的に引き下げられオバマ前には35%までになっていた。p70 

クリックすると元のサイズで表示します
図4.3

こうしたことが、米国の格差拡大の原因であるとの意見はピケティをはじめ色々なところで述べられてきた通り。
0

2020/7/1

『世界を救う処方箋』4  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 30XP。+30 十分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=xer8C_poG98&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=10
HSK4, 2/6〜3/6 背了四十七分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=YDKsMaA4GSM&t=13s
中国語睡眠学習 (2),24.48〜1h01min。作文和听写一个小时五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=HrC4sEqzrNU
https://www.youtube.com/watch?v=xYpvE73cTrE&t=3s
李姉妹ch 看十四分钟李频道。一共两个小时十六分钟。

运动;一个Salsa课。


今日は1日雨だと思っていたが、朝には青空が見えて何とか1日雨無し。午前中にそこそこ勉強ができたので、これ幸いとばかりに天気のいいうちにとばかり庭に机を持ち出して読書&ネット三昧。特にWiFi導入してからこれが日課になった。

ところが天気が1日良かったのでいつの間にか1日庭で過ごしてしまい勉強は午前だけ(汗) ま、明日からまた頑張ろう!



Salsaクラスに出るために、1週間ぶりに天神に行ったが、天神界隈の駐車場はまだガラガラ。経済が相当痛んでいることは一目でわかる指標になっている。



『世界を救う処方箋』4
著者は混合経済の正当性を説く。即ち、利益は市場原理で得る一方で、政府は1)所得の再配分をし、2)インフラや科学研究などの公共財を提供し、3)マクロ経済を安定させることだとする。p38

しかし、彼が大学で学びはじめた70年代は混合経済の代表であるこうしたポール・サミュエルソン派への批判が始まり。ハイエクやミルトン・フリードマンが流行した。p39 つまりレッセフェールの世界だ。この動きを著者は「(70年代の)知的大変動」としている。まさに80年秋に、フリードマンの時代が始まる時期にハーバードの准教授になったらしい。p40

転換期は1980年代以降だとして、レーガン大統領の誕生を挙げる。それにより、政府の権限が企業の既得権益集団に移り私利私欲のために利用されるようになったという。しかしこのことは何も共和党政権ゆえというわけではないと著者は指摘する。次の民主党政権のクリントンも企業部門への権力移譲を超党派的に成し遂げたとも。この状態を著者は『別々の方向を目指すようにみえて実は共通の政策を持つ中道右派の2つの政党』だと明確に述べる。p60

この影響は、ビル・クリントンの負の遺産を引きずるヒラリー・クリントンが、先の選挙で「ウォール街寄り」だとしてトランプに負けた理由でもあろう。

さて、70年代までの大きな政府が何故、方向転換を起こしたのかということについて著者は2つの理由を述べる。1つは1971年の為替相場の崩壊と、73〜74年および79〜80年の2回の石油ショックだという。いずれにしてもこれら経済の大変動が国民の政府に対する信頼を失わせた。著者は象徴的なレーガンよりもその前のカーター時代に既に転換が起こったとしている。p66 さらにレーガンは問題の核心は「大きな政府にある」として次の政権をもぎ取った。この主張が薄っぺらさは数字(連邦政府の税収のGDPに占める割合は18〜21%で僅かにしか増大していない)が明らかにしているという。p67

終戦からレーガン大統領の出現までの40年あまりの間に縮まった格差はそれ以降大きく逆方向に「金ピカ時代」に向かって動き出すことは先のピケティの研究からも明らかだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ