2021/1/7

コロナ・ナウ & 『熱狂、恐慌、崩壊』  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ +30XP,22190 XP,十三分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
HSK4 #12〜#13 背了三十六分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=300TCpwHo-w
看了九分钟李ちゃん频道。

https://www.youtube.com/watch?v=3ZT54M1OuV0&list=PL41R2vH_CL43WOFSr2BhtE8V5W5DzG_yh&index=3
中国語の耳を作るリスニング・入門会話編 0〜13.3min,听写二十二分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=sP3mgfumKHY
杏彩 in 中国 八分钟。一共一个小时二十八分钟。

没有运动;1.9km,2883步,2楼。日常活動より。



<図書館から病院>
1日掛かりで風雪の中、予約していた本(オードリ・ターン著、『自由への手紙』)を午後一番、図書館に行き受け取り、その足で月1の病院通い。今回は循環器内科と泌尿器科の他に、頚椎に痛みが続いたので念のため整形外科にもかかる。レントゲンを4枚撮ってもらったが、特に骨に異常はないとのこと。おそらく寝違えの酷いやつだろうということで痛み止めと湿布薬を出してもらう。医療費は3,380円に薬代が2,500円で合計5,880円。

病院には新たに発熱外来用のテントが外に2つ。この時期、普通の風邪の患者は多いだろうし、コロナの患者も急激に増え、福岡も昨日最大数316を記録。今日は今までのところ388。一方、1都3県にはついに緊急事態宣言が出る。特に東京はほぼ爆発的感染拡大状態。




『熱狂、恐慌、崩壊』
副題;金融危機の歴史、C.P.キンドルバーガー、R.Z.アリバ著、日本経済新聞出版社、2014年初版。Manias, Panic and Crashes 6th ed. History of Financial Crisis. 2011,

最初の二章は総論的で理解が困難。それでもわからないままに読み進めながら、現状の経済についてこの本をもとに色々考えてみた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6413/trackback

ここで突然あのフェルナン・ブローデルが引用される。彼は15世紀から18世紀までのヨーロッパの日常生活を論ずる際に、「狂気」や「情熱」という言葉を主に消費に関して使っているそうだ。即ち、スパイスやドレス、知識欲、土地購入など。p66

あの『21世紀に貨幣論』にもブローデルが出て来たが、日本の経済学の本に突然このように歴史の話が出てくるのだろうか? 経済の正式な講義は取っていないので(大学1年の教養でのそれを除き)知らないが、相当な深く広い知識がないとこうした経済学にはついていけない気がする。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6397/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/911/trackback



<中国的?>
中国が小学校から競争が厳しいね、知り合い総出で人気投票に駆り出される(汗)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ