2021/1/8

ナッジ & 『熱狂、恐慌、崩壊』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ +20XP,22210 XP,十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=Kgha36EPdf0&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=2
HSK4#13 HKS1 #2 背了三十九分钟单词。一共五十分钟。

勉強意欲ゼロ。こんな寒くて気が乗らない時は昼からお酒でも飲んで気楽な読書三昧に決定! はい、年金生活者の特権です(断定)! 最高気温が零下というのは福岡でも珍しい。



<大バカ者トランプ>
かって「トホホのブッシュ」と呼んだことがあるが、今や「大バカ、トランプ」とすべき、外国のことではあるが弾劾すべき事態、でなければ民主主義が泣く。現職大統領が民主的手続きを無視し続け、支持者を扇動して暴徒化させているという出来事に希望を失う。



<ニュージー・ランド、台湾、そして中国から学ぶ>
From “With Corona” to “Zero Corona”にすべきか

2波の時に感染が完全に静まらないうちに経済に舵を切り、アクセルを踏んだ。具体的には ”GO TO” を動かした。それが敗因だろう。上記の国のように国内感染をゼロ近辺まで落とすことが必要。第一波でほぼ感染が収まった後で第二波が起こるまで一ヶ月以上の時間があった。第二波では完全に落とす前に第三波が始まった。

緊急事態が出ても3月までに収束は難しいと疫学の専門家は言う、ならばオリンピックは無理に決まっている。覚悟を決めよ! 金権オリンピックが日本のコロナ対策を失敗にした原因だと以前から考えている。




『熱狂、恐慌、崩壊』2
戦争や革命などを著者は「ブラックスワン」と表現する。これは『確率分布としてモデル化できる通常のリスク事由には当たらない』という。p87 以前、コロナを「ブラックスワン」だとした。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6078/trackback

但し、逆に言えば、「ブラックスワンの降臨後は確率分布としてモデル化できる通常のリスク事例」となる。コロナ直後、日経平均が大きく落ちたのは当然。問題はその後、世界経済がこの先大きく影響を受けることがわかっているにもかかわらず徐々に元のレベルに戻ってきたことだ。これは何を意味するか?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6413/trackback

特に日本の場合、東京オリンピックが今年開かれなければその経済的ダメージは大きいはずだが、その可能は限りなく大きいと考えている。もし開いたとしても多分、無観客試合になる可能性が高い。だとしたらそれを見越しての株価の動きがあるはずだろうと素人は思うがどうなのだろう。やはりナッジか? 多分、そうだと思う。いずれ分かる。それと、ナッジが起こるのはそれで儲けようとする人間がいるからだ。これも予測しておく。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5739/trackback

それは兎も角、マスコミに登場する経済評論家、ジャーナリストにはこのナッジが多い。例えば、名前は伏せるがよく「ひるおび」に登場する政治記者がそうだと睨んでいる。彼はよく政治家からのインサイダー情報を披露する。それが多くの場合、正式の報道よりも早く人々が知ることになるのでマスコミ受けするが、逆にこれらの情報はアドバルーン的な機能、ナッジが含まれている。

政治家とジャーナリストの持ちつ、持たれつ、の関係。都合が悪くなれば政治家は知らん顔をすれば済むことだし、時にガゼがあるにしても8割程度が当たっていれば政治記者のマスコミ価値は上がるので双方1両得というわけだ。そこらをよくみておく必要がある。

だからといって嫌う必要はない、それなりの背景を捉えた上で喋る内容を考慮すれば、政治家がなにを考えているかを知る事にもなるのだから。

<データーベースとして>
1982〜99年までにアメリカの株価は13倍に上昇した。p284 これをもとに最近、海外への投資を勧める宣伝が多い。その間日本の株価は89年の最高値後、バブル崩壊で元の木阿弥状態になったのだが、その日本と米国の株式を比較するのは極端すぎるように感じる。米国には海外から常に資金が流入する仕組みになっているので自ずと株価は上昇する仕組みをつくってきた。但し、株式が上昇して儲かるのは一部の富裕層のみ国民全体でみれば決してそうはならない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4110/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ