2021/5/20

『14億人のデジタル・エコノミー』  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +80XP,31987XP,四十八分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=RBvTiSELGqs&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=6
HSK2〜3 #4〜6 四十一分钟。
https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了二十三分钟单词。继续努力!

https://www.youtube.com/watch?v=iJ_1fn4kZx4
ヤンチャンCH/楊小溪
https://www.youtube.com/watch?v=nobh5e3w_PQ
https://www.youtube.com/watch?v=3IRl03gon68
Mini 一共看了二十分钟频道。本当に日本は立ち遅れてしまった。

一共两个小时十二分钟。今日は週末にモールが閉鎖されそうなので休日バージョン。

運動;大雨の中でもモールは快適な散歩を提供してくれる。2.7km, 4622歩、4階分。



<福岡県、大型商業施設に土日休業要請>
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/741691/

土日のスタバ行きは中止となりそうなので、木曜日午後に思い立って出かける。平日の昼間は人が少ないはずとの判断から。事実少なかった。土曜にその分少し勉強すれば良い(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大手さんは既に閉店している。




<昔の常識を一度捨てよう>
最近いろいろ常識を捨てる時期に来たと感じている。例えばこれまでの経済学から一度自由になってMMTを勉強しようと思ったのもその流れ。また現役時代には間に合わなかったが、生物界におけるベキ分布の存在を意識した見直し。

さて今日、頭に浮かぶのは日本の「環境汚染」と「社会システムの劣化」について。

複合汚染から綺麗すぎの海へ:
瀬戸内海で海水汚染がなくなったことから海苔の色落ちや、漁獲量が減っているとのニュース。綺麗過ぎた海水では植物プランクトンや貝の減少を引き起こし、ひいては魚類の量が減っているとか。確かに綺麗なエーゲ海は「死の海」だと聞いたことがある。それで現在試験的に「綺麗な海」から「豊かな海」への転換が試験的に広島で行なわれているとか。90年代の窒素、リンの量に合わせる試み。それで、つい先ごろ(汚染に関する)改正案が閣議で決定されたとのニュース。
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/54539.html

確かに今は、マイクロ・プラスチックなど、別の環境汚染が進んでいるのかもしれないが、適度な有機物の存在は却って豊かな海を回復させるに必要なことかも? 最近自宅の土地の表層10センチ下は茶色の地層で栄養の少ない地盤であることを野菜を植えてみて初めて知る。これについては、いずれまた。



日本の社会システムの遅れ:
昔、「安全神話の崩壊」というのが話題になっていた時期があった。当時は「天災」よるもので半分人知の及ばない部分があって諦めの部分もあったが、現在のコロナ禍は明らかに「人災」。お隣の管理社会は実に完璧に防疫をこなしているのでその差があまりにも対照的で失望感半端ない。

今、我々は凄く立ち遅れていることを痛感すべきだ。日本の社会システムが何年もお隣の国に遅れていることを自覚し、奮起が必要だということを国民が自覚すべき。このままだと日本は世界の二流国になるのは間違いない。令和維新が必要。



『14億人のデジタル・エコノミー』
副題:中国AIビックバン、馬文彦著、早川書房、2019年初版。

最初の数十頁を流し読みしただけだが、非常にわかりやすく中国のデジタル革命について書かれた書。1つの大きな契機が2017年に、あの乌鎮で開かれたディープマインドのα碁と名人との対決だったとか。これにより世界は、少なくとも中国は、AIに全力を注ぐ方向にシフトした。それは以前のディープブルーがチェスで名人を負かせたのとは異なるショックだったようだ。それ程碁とチェスの複雑さは桁違いだったようだ。p16

中国のAI企業としてBATは有名だが、それ以外にメイビー、センスタイム、イートゥテクノロジー、クラウドウォークの4社があるらしい。前3社は視覚認識の会社。わかり易く言えば顔認識。p21 顔パスのデジタル版だが、そい以外にも、犯罪捜査にも使われている。

中国のIT社会の特徴は、殆どの人がパソコンを使った経験がなく直接スマホ、モバイルから入ったという事だ。p27 90年代前半にインターネットに入ったものからすれば隔世の感がするが、確かにコマンドとか覚える必要もなく、勘でやれる。つまり敷居が低いので誰でもやれそうな端末から入った。この点、「スマホなんて」と公言する、中高年男性の多い日本とは段違い。彼らが日本の発展の足を引っ張っている集団だといつも感じている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6306/trackback

また現在では医療分野での音声認識によるカルテ記入の迅速化が実用されているらしい。p30  日本はその前の病院の受付予約に早く中国のようなシステムを導入して貰いたいものだ。とはいうものの、数年前までは中国でも上海とかの有名大病院では受付は大変で学生さんの代わりの予約代行サービスが200元の高価なバイトとして流行っていたくらいだ。p32 但し、それからは早かった!
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3981/trackback

そうした必要性を迅速にサービス化する所に中国のダイナミズムを感じる。翻って日本の場合は既得権益層がこうしたサービスの導入に抵抗している。オンライン診療は勿論、未だに3時間待って5分、二回の問診というのが現実だ。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6553/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ