2021/5/24

ネコババおじさん辞任 & MMT理論 & 『14億人のデジタル・エコノミー』5  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +70XP,32217XP,四十四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=rqCA-PAqcdE&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=12
HSK4 #10〜12 四十两分钟。
https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了三十一分钟单词。继续努力!

https://www.youtube.com/watch?v=AJTPhwh3mvo
https://www.youtube.com/watch?v=S5edgXexhY4
看玩了李姉妹和ヤンチャンCH/楊小溪频道,一共二十一分钟

https://www.youtube.com/watch?v=2NGH5MKSwFw
びびさんのポスト 0〜22min,几乎听写,二十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=vwuSZLwqeyY&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=63
ブレチャイな! 59〜63, 学了半小时汉语文法。

https://www.youtube.com/watch?v=Al0VxineqM8&list=PL2qMvlnKBIIymJ7OT9xFonvCpHITGYmoZ&index=4
チャイナ道場4 学了二十六分钟文法。一共三个小时三十九分钟。

运动;爬山散步 2.9km,4386步,9楼。





今日、何とか一番簡単で、よく判りそうなMTTの本を読み上げた。第一印象としては、とても「トンデモ理論」とは思えない。論理に従い理解する限りそれなりに理屈は通っているように感じる。

その理由の1つに、私に一般的経済学の知識がないからだろう。しかしそれは逆に言えば先入観に惑わされないことを意味する、素直な気持ちで読んだということではないか?

とは言え、何となく常識的に危うい雰囲気も感じた。それはこれまでの常識的理解から外れるような点があるからだ。たとえばエコノミーというのがギリシャ語で「家庭を治める」という語源を持っていることを知っているから。それに対しMTT理論では『家計と国家財政は別物』だという点から入る。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1034/trackback

また、私の覚めた部分は、MTT理論は人々の『正常性バイアス』あるいは『現状維持バイアス』に訴える部分があるという警戒心もある。特に日本人にとって、GDPの2倍以上の借金をこれまで長く抱えていても、まだ大丈夫だから、「これからも大丈夫じゃない?」という感覚だ。不安や危機意識を忘れようとする性向だ。

いずれにせよ、もう少し勉強しないといけないと感じた次第。少なくとも「トンデモ理論」と切り捨てることは出来ない。幸いもう1冊図書館で借りていたので、正統派経済学者の書いたMTT理論紹介本を読んでみたい。




<ネコババおじさん辞任>
当然だろう、こういう人を参与にするということ自体に現政権のレベルがわかるというもの。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6556/trackback

どんなにサウナでボーとしても他人の現金と高級時計をポケットに入れる人はいない!!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/463773
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/289005/2

イデオロギーの違いや、マナーの良し悪しは気にならないが、人として許せない違法行為をする人はどんな思想信条を持とうとも信頼しない。




『14億人のデジタル・エコノミー』5
著者は中国の持つ問題の指摘も忘れない。我々は中国のIT社会にしばしば目を奪われがちだが、基本的な問題として著者は銀行や保険会社といった伝統的機関が旧態の構造を持つこと。そのため農村や小企業が置き去りになっている点だとする。p152 そして今後、当局の規制が行われ、こうした旧態の企業と統合されるときにこうした企業が足枷になるかもしれないと言う。p153

また、中国経済が貿易とインフラ投資に偏りすぎていることからくる大卒ホワイトカラーの就職難があり、彼ら(アリ族)の失業率は初等教育卒の4倍だとか。p156

さらに社会インフラ、公共財やサービスはいずれも不十分。p157 但しこの点が逆にシェアードエコノミーの発展する背景にある。つまり便利な公共交通機関がない。またタクシー料金は政府の規制を受け低く抑えられ運転手のストも多いとか。p160 つまりこうした背景がシェアードカー発展の背景にある。

米国で発達したシェアードビジネスは使われずに眠っているサービスや資源をP2Pで交換したが、中国の場合はモバイル化が乱暴に全ての物を結びつけた。 従って失敗も多い。そのいい例が中国のレンタルバイクだろう。あの場合は見せかけだけのシェアードエコノミーだった。ただし、このことは著者は述べていない。私の独断と偏見。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5757/trackback

百度は検索エンジンの広告収入路線から、自動運転に進出している。p194 2019年時点でユニコーンは米国の151社に対し中国は89社。p195

AIの研究論文は2017年時点で米国34%、中国が2位で23%。202 但し、大学からのが多く、企業からのは少ない。p204 ところでそれを示す表の中で著者は言及していないが、日本の企業からも論文が出ているが、11位NEC、16位東芝、20位富士通なのは分かるが、実は15位にホンダが入っていると言う事実に気がついた。これは自動運転故か? それならば何故、トヨタがない?これは今後の課題。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ