2021/6/22

馬鹿馬鹿しい! & 『曹操』  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +50XP,33957XP,三十二分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=NYwFD0jP_Ks&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=5
HSK1〜3 #2〜5 背了四十八分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=-XInxwAPkxQ&list=PLkry8pUG1m4tRSuIPM_R2Rs3Ysai1A3dp&index=1
Eko, 一个小时十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=5SPW67Zucv0
OrientalDS,十八分钟。一共两个小时五十三分钟。

本日は昼休みすぐから自治体活動。内容は地域防犯教室の補助で公民館長として参加。この時間帯はリタイヤした人しか参加は無理。というか、リタイヤ人しか、地域の役員にならなのでこの時間帯が必然的に選ばれたということか。

最初は体育館で1年生対象に安全歩行指導。体育館にはコロナ対策で今年入ったばかりの大型換気扇が4台、風を送り換気している。体育館自体が高台にあるのでよく風が入る。ビデオでの学習後、実技訓練。聞けば一時期1,000人近くいた児童も今では500人を切り4階の教室は空き部屋になっているとか。中庭にはウサギ小屋があり大小20匹ほど飼われていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、次は4年生対象の自転車教室がグランンドで行われる。ほぼ半数が自転車に乗れるようだ。水筒は熱中症対策で、以前から行われ、別にコロナ対策ではないとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します




<バカじゃないか?>
新500円硬貨にハイテク?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210621/k10013095951000.html

馬鹿馬鹿しい。このキャッシュレスの時代、重い硬貨を持ちたくはないし、自動販売機や駐車代のためにワザワザ硬貨を準備しないといけない不便さ。特に駐車代にキャッシュレスができれば、「あと5分で100円高くなる」とソワソワする必要もなくなり、端金の支払いができるようになるはず。(つまり、500円硬貨1枚ではなく、405円で支払い可能なはず)いずれにせよ、コインを扱う自動販売機は交換しないといけない。それならキャッシュレス対応に変えたほうが断然良い

それだけでなく、自動販売機内の硬貨=現金の保管コストや防犯対策も、それに脱税対策も無用となる




『つくられた格差』はまだ半分も読んでないが、その合間に読み上げた本を忘れないうちに記録しておく。『三国志の風景』の続編的な感じで選んだもの。

『曹操』
副題:魏の曹一族、陳舜臣著、中央公論、1998年初版。

また陳氏の本である。読んでいて勉強になるがそれ以上に面白い。そして曹操は昔から一度、詳しく学んでみたい人物でもあった。勿論、小説なのでどこまでが史実なのかは判らないが、この著者は歴史を小説の形で書き残すことを目標にした作家。

座乗の馬車である「安車」というのが此処で出てくる。当時の馬車は一般には立乗だったらしい。これを褥を敷いて背もたれをつけた車は婦人や老人用に使われたとか。p67 前漢まではただの箱タイプだったが、この後漢時代は窓があったらしい。p69 こうしたところが流石、陳氏である。

後漢はその税収の殆どが塩税だとか。だから私塩販売は違法となる。p84 しかも大罪ではあるがそれ故に巨額の富を生む。こうした密売人の集団が中国の歴史でしばしば国家を揺るがす事件を起こすことになる。

単于というのをこれまで、個人名だと思っていたが、これは官職?みたいなものらしい。p87

此処でソクドの民が出てくる、どうやら今後、曹操を陰で助ける人物みたいだ。どこまでが史実でそこからが小説なのか分からないところが、同氏の本の困るところ(笑)p116

著者によれば、元々教団を作らない道教が(そりゃそうだろう。老荘思想に教団は相応しくない)教団を作るようになったのは仏教=サンガの影響があるとする。p135

後漢の183年の記録には『後漢書』では異常気象が記録されているが、豊作であったと書かれているらしい。しかし資治通鑑にはこの記載が省かれている。著者によれば中国は巨大な国なので、一部の地方で洪水や旱魃があっても全体では豊作もありうるとしている。p151

それはそうだろうと思う。ただある意図を持ち歴史をまとめる者には都合が悪い。だから意図的に司馬光は削ったのだろう。 『資治通鑑』の名前の由来も「政治上の参考に資するもの」から来たという。ならば司馬光が

 <治世に役立つもののみを択び取ると云う編集方針に合わない記述は省いた>

と考えるとわかりやすい。異常気象とは「天命」で、全てが漢王朝の滅亡を示すものでないと都合悪い

<データーベースとして>
東の太平道、西の五斗米道 p148
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ