2021/7/6

遅刻してくれて有難う & 『デジタルエコノミー…誤るか』3  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ 〜日常2 +40XP,34487XP 二十四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
https://www.youtube.com/watch?v=Kgha36EPdf0&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=2
HSK4 #13, HSK1 #1〜2 背了三十八分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=ucYxBpZN9kY
DS oriental,六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=_tjkV1Mj5q0
https://www.youtube.com/watch?v=FgdkKbKvJ4Q
李ちゃん、背了二十分钟句子。

https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了三十四分钟单词。继续努力!

https://www.youtube.com/watch?v=6EqpzKo92Q8
看了九分钟杏彩频道。

https://www.youtube.com/watch?v=x_Fq8Os-FXY&list=PL2qMvlnKBIIymJ7OT9xFonvCpHITGYmoZ&index=5
チャイナ道場,5 学了三十九分钟汉语文法。

https://www.youtube.com/watch?v=2MvbJjIp1BI
Mimi in Shanghai, 五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=Y3e3fvEh3sA&list=PLptBftnEqNSNLwBW5C5xZEhAAVc53l2XC
ゆうきの中国語1,十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=bGFc6CHgyDg
毎日中国語, 0〜15.19min 十五分钟。一共三个小时二十五分钟。

运动;爬山散步 3.9km,5805步,10楼。




「市民が見た世界のコロナショック 5月〜6月編」
https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/JWP35ZM3J8/

とても考えさせられる番組。受信料払ってOKのパターン。



<断面図入手>
改めて国土地理院のHPで自宅の位置する地形を調査した。ほぼ台地の頂上に位置することがわかる。見た限り盛り土の可能性はない。なお川辺の散歩路のところまでは標高差約50mで、これまで40mとしていたのは間違い。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5988/trackback

クリックすると元のサイズで表示します


是非ご自宅の様子もご覧あれ!国土地理院のサイトは以下の通り。
http://maps.gsi.go.jp




『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか』3
ここでUberのことが例に上る。このシステムはタクシー運転手のスキルを無用にした。細かい道を知る必要もなく、利用者を探す必要もなく、現金の管理も無用になった。何よりそれに費やす時間が必要なくなった。全てスマホがそれを代わってやってくれる。p69

そう! 私がスマホの無限の可能性に気が付いたのもこのウーバの中国版、滴滴に出会ったからだ!

もとの話に戻すと、それで何が起こったか? スキルも無用だし、運賃は安いのにウーバの運転手の時給は普通のタクシー運転手よりも高い(13ドル>19ドル) 著者はこのテクノロジーの先を見通している。つまりそれはいずれ無人運転になるということだ。今のUberのフリーランス労働者もいずれお払い箱になる。p71

博士号を持てば学士より30%給料がよく、その差は開いている。中でも工学、コンピューター、財務、経済分野。p76 一方で、学士だけの大卒の給与は下方移動している。また学歴に合わない職業につく人も多い。インターネットは画像診断を地球の裏側の診断士に頼むだろうし、サーバーの管理も同様だ。むしろ夜中にあたるのでその方が都合が良い。p77 

1980年以降、給与の平均値だけに注目すると見誤る、中央値はアメリカでほとんど上昇していない。ドイツ、日本ではむしろ実質賃金は低下している。p82

テクノロジーの進歩と労働過剰により、1)高い生産性と給与、2)自動化に対する抵抗性、3)大量の雇用、この3つを満たす仕事は増えない。p90

これまで教育と医療分野の雇用が増えると言われていたが著者はこれは、「生産性が低いことを前提とした予測」だと突き放す。p92 これはよく分かる。そしてこのコロナ下でオンライン授業でそれが別の方向に動く可能性さえある。

例えば大学での授業を考えると、大講堂での100人相手の授業もオンラインで数万人に対しての授業もコストは変わらないと著者はいう。p97 それどころか講義室も要らないから安くつく。しかも大学のある場所に学生は住む必要もない。郊外の安いアパートからアクセスさえ可能ならばほとんどの授業に参加できる。たまに小規模クラスの対面授業に出れば済む。

これまでは凡庸な大学教授がありふれた教材を使い大教室で講義をしているがこれが不要になり、一握りの優秀な教師だけが生き残れる。著者はこれにより数十万人レベルの大学教師が失業するという。p99

これは大変なことだ、そういう時代になる前にリタイヤできたことは、幸いとすべきか? ここで書かれていることは正に私が最近感じ何度もこのブログで書いてきたことそのもの!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ