2021/9/14

『ナッジで人を動かす』4  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
黒曜石リーグ 〜スポーツ2+70XP,36707XP,三十四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=gKUoka-HWPA&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=13
HSK4 #11〜13背了四十三分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=SD8BcbD8HDg&list=PLrlwIJ5o0QFih1_09vLSwFuN1i5bcd6EH&index=71
Kazu Shanghai Life。#52,十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了一个小时三分钟单词。继续努力!

https://www.youtube.com/watch?v=31wpoM2rUEc
王陽のほぼ毎日中国語 #21 三分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=XGhE8JleNtQ&list=PLX5jhIuWaM7jADCQDDMg-mw_oLoOh0jXY&index=12
【青島日美】初级6〜12,二十二分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=Mg_k35mFlXg
ヤンチャンCH/楊小溪,八分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=YBykyS-0T78
やさしい中国語,四分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=WrjePuLiYdw&list=PLneZiE_zP2-whqrn6nLB06yY4z9RM7Mwg&index=3
Learn Basic Chinese Vocabulary 1〜3,四十三分钟。一共三个小时五十一分钟。

运动;爬山散步 5.9km,8579步,7楼。




<食行動調査結果>
「食行動の変容に向けた尿検査及び食環境整備に係る実証事業」への参加結果。
https://hc-sys.com/news/press-release/210506/

2回にわたる、尿検査の結果が送られてきた。それによれば、
推定食塩摂取量=10.7g/day 理想=7.5g/dayで過剰
推定カリウム摂取量=2575mg/day 理想=3000mg/dayで不足
Na/K比=2.7 理想<2 総合判定=良好

どうやらいずれも日本人の平均的摂取量のよう。

クリックすると元のサイズで表示します





<リーダーシップ文化マッピング>
日経ビジネスの記事を読む。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00046/081700004/

日本が階級主義でかつ合意形成型というのは昔の家長制構造が文化背景にあるのかもしれない。一方、欧米が平等主義的でトップダウン型というのは核家族的家族形態を考えると納得する。また中国やロシアの階層的でトップダウンというのも同じ視点で考えると、欧米が核家族形態なのに対し、中ロは共同体社会構造が背景にあるのかもしれない。

ここらの視点は如何に私がToddに影響されているかがわかるね(笑)
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3477/trackback


…ただ1つ頭に入れておくべきことは、20世紀に入り地球規模で急速に少子化が進み、またフロンティアも無くなってしまい、さらにグローバル化が進んでいるので、これからは同じような家族構造に人類が収斂されるかもしれないということだ。この先暫くの間は過去の家族構造が文化に影響を与えることは十分考えられるが、いずれそうした影響は消えて無くなるだろう。




<銀杏並木に関する実証的研究?>
また銀杏の成る時期になった。去年の仮説?が正しいか実証的に検討してみることにした。今日は第1回調査。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6360/trackback

並木の銀杏で銀杏をつけているものは28本のうちゼロ。
斜面に生えていた(植えられた?)12本のうち、銀杏をつけているもの3本。但しかなり距離がある地点での観察なので見落としはありうる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

図2 斜面の銀杏が黄色い銀杏をつけているのがわかるだろうか?

まだサンプル数が少ないので何とも言えないが、これは有意な気がする。

因みに推理とは、

『街路樹としては、雄の銀杏を植えるのが理想的だが、判別が難しいのでとりあえず、雄と思われるものを選択的に植える。判別ができた時点で雌だったならば接木で雄の枝をつける』





『ナッジで人を動かす』4
ナッジの持つネガティブな面も議論する。これはナッジが人々の「判断能力を弱める」という批判である。それに対し著者はある種のバイアスを正すのならナッジはむしろ自律を促進するかもしれない。またそのようにデザインされるべきだとも述べている。p98 

具体的な方策となると難しいところかもしれないが、どうだろう? また人々は全ての判断に必要な情報を人々は持っているわけではない点も強調する。その意味でも教育的なナッジがデザインされるべきだろう。

著者はしばしば、「最良の選択アーキテクチャー」という言葉を使う。

一方で、どんなに愚かな判断でも個人の判断、意思を最重要視する考え方と、それを代弁するハックスレーのデストピアを描いた『素晴らしい新世界』を挙げる。そこでの主人公の叫びを紹介する。

『醜く、不能になる権利、梅毒や癌になる権利… 筆舌に尽くし難い痛みに苛まれる権利… それら全てを、私は要求する』

しかし著者はこういう『こうした抗議を美化したり、強調しすぎたりしてはならない… それを経験したことがない人間でなければ「要求」などするものではない』p91 とたしなめる。

ハックスレーの文章は確かに人々を奮い立たせ、個人の自由と尊厳を強調するものかもしれないが、慎重であるべきということか? それが特に当人だけが関わる場合と第三者が関わる場合には注意が必要ということだろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ