2012/2/15

1企業 vs 失われた国土  震災ー原発事故

今朝の『ビジネス展望』は関氏。話題は「仮設住宅住人への支援」ということでの例の事例紹介。大切な問題ではあると思うが、「ビジネス展望」に期待している事柄ではないような。



Cs137の半減期を30年とする、放射能が10%まで低下するのにどのくらい時間がかかるか、(ア)〜(オ)のうちで一番近いものを1つ選びなさい。 
 
(ア)3年 (イ)10年 (ウ)30年 (エ)100年 (オ)300年

正答は(エ)

この問題は某大学で実際に入試問題として出されたとか(汗)。 この問題が解ける人は現在福島で起こっていることの重大性が理解出来るだろう。 放射能は物理的現象だから化学変化をさせても消えるものではない。唯一の解決は「時間」しかない。

またこんな試算もある。効果的かつ実際的な汚染除去法は表層土壌の削除だが、表層4cmとして、汚染土壌は合計300万トンと推定されている。そのコストと保管場所確保は国家的な課題である。

だが問題はそれだけでない、1cmの表層土壌ができるまでには有機堆積物と微生物により数百年かかる。 たった4cmの表層土壌だがこれをつくるには1,000年かかるとか。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2483/trackback

1,000年かかった土地を台無しにして、さらにこれから先何百年、何千年も膨大なコストをかけて管理しなければならない。どこかの1企業の命運とはわけが違う。

どこかの馬鹿が、

「国有化とはとんでもない… 国有化して、きちんとした経営になった企業を見たことがない」

と口走ったとか、この方にはこのことの重大性が全く判ってないようだ。

これから何十年も何百年も日本国民は放射能汚染とつき合っていかなければならないのに、
事故対応で不幸にもかなり被爆された人たちの中にガンが発生することも覚悟しないといけないのに、
場合によっては周辺住民の中に小児がんの発生頻度も上がるかもしれないのに、

このお方には目の前の1企業しか見えていないようだ。こんどの会長は特に質が悪い。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2346/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2292/trackback

あの御手洗氏の方がまだマシなことを述べていた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/216/trackback

今朝も過激で元気よい?
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ