2012/6/5

『寧波・天台・金華と浙江省南部』   お勧めの1冊

『寧波・天台・金華と浙江省南部』 旅名人ブックス115、日経BP企画、2001年初版。

これを読むと寧波が古代から近代に至るまで、海外への門戸として最重要な場所であったことがわかる。それはアヘン戦争後、その地位を上海に譲ったわけだが、その認識が欠けていた。寧波には去年行く機会があったがその前に読んでおけばよかったとしばし後悔。

寧波の近くには、普陀山のほか
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2462/trackback
近郊に道元が修行した天童寺、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/634/trackback

さらに南にいけば最澄が修行した天台寺がある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/226/trackback

東銭湖の周囲にも名刹があるらしいが、前回の会議の時は何度か周辺を車で走ったが知らなかった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2460/trackback
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ