2012/6/23

確率統計  震災ー原発事故


下に自分で書いたものを読んで思ったのだが、一番人が受け入れにくいものが確率かもしれない。これは確率が数学的に難解だということだけではない。むしろ心理的な面だろう。

低線量の被曝で癌が発生するのは確実だし、おそらく今度の福島の事故で癌の発生が、特に小児癌の発生は増大するのはほぼ間違いないだろう。

しかし一方で、毎年日本で10万人の人が煙草で命を落としていると疫学者は統計的に結論しているが、いっこうに煙草の規制は進んでいない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1177/trackback

さらに言えば、今の日本で3人に1人が癌死していることも明瞭な事実。

『年間、1mSv被曝で2万人に一人は致死的ガンになり、50年間では400人に1人となる』 との推計が事実だとしても、50年間で一体どれだけの日本人が癌死するかとの比較は不思議に議論されない。

現在日本で3人に1人が癌死する、つまり平均寿命を50年とすれば全人口三分の一、4000万人ということになると思うが…
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ