2006/3/2

『ブラック・デイアスポラ』  お勧めの1冊

ロナルド・シーガル著、明石書店、1999年初版。著者は南アフリカ出身の白人。しかしユダヤ人である出生がこの本を書き上げさせたのだろう。 彼は『網羅的だと言い張るつもりはない』とも『他の人々の学問的成果に依拠し…』とも述べていますがなかなかの名著。 

また彼はこうも云う 『何度も思ったことだが、情報の波がもう一波押し寄せたら、この本を海にまで押し流して元も子もなくなることだろう』p19 このようなことが云える著者は信頼出来ると思う。

私はサルサの流行を「移民・デイアスポラ」というキーワードで読み解くと色々理解出来ると気がついて以来、これら関連書籍を読むようになった。 此処でレゲエやカリプソを詳細に見ていくと、それらがジャマイカやトリニダードの政治・経済と深く関わっていることが非常によく判る。 比較するにサルサはより『移民』の音楽の側面が強い。つまり出身国と受け入れ国(アメリカ)の双方のファクターが複雑に絡みあう。つまりレゲエの方がより土着性が強い。ところがサルサ以上にいまレゲエが世界で流行しているのは何故だろう? おそらくそれはレゲエのもつ、あるいはボブ・マリーという稀代の強力なメッセンジャーの存在だろう。

なおこの本の中で著者は、合衆国南部やサン・ドマング(現ハイチ)で 『何故、人種差別主義が奴隷制の維持に必要な範囲を越えて、また奴隷制を維持する上での利益に反してまで極端に走ったのか』p121 という問いに対し、南部の支配層であったアングロ・サクソンのプロテスタント的道徳心とは相容れないような奴隷制度に対する「罪の意識」と一方のフランス人の場合は「プライド」を挙げている。 しかし、私としては説得力がない。むしろE・トッドが『新ヨーロッパ大全』で議論した、ヨーロッパの伝統的家族制度で説明する方が私としてはより説得力がある。(『新ヨーロッパ大全』については以前このコーナーで既に紹介しています)即ち、アングロ・サクソンとカリブ地帯にプランターとして移住した、主にフランス南西部の人々が携えていた家族制度にこの疑問に答えるヒントがありそうです。

トッドは『新ヨーロッパ大全』の中で宗教改革以後の西欧社会宗教地図を作成する p206
(1)直系家族+聖職者権威への異議申し立てに有利な条件=正統プロテスタンティズム(北部ドイツ、北部スイス、南フランス、スエーデン)
(2)絶対核家族+聖職者権威への異議申し立てに有利な条件=アルミニウス派的プロテスタンティズム(ホラント、イングランド)
(3)直系家族+聖職者権威への異議申し立てに不利な条件=カトリシズムの維持(アイルランド、ラインラント、イベリア半島北部沿岸、フランス中央山塊、アルプス高地)
(4)平等主義核家族+聖職者権威への異議申し立てに有利な条件=カトリシズムの維持(北部イタリア、パリ盆地)
(5)平等主義核家族+聖職者権威への異議申し立てに不利な条件=カトリック支配の維持(中央並びに南部スペイン、南部イタリア)p155-6

アングロ・サクソンは(2)でフランス西南部は(1)(2)(3)の境界域、つまり絶対核家族&直系家族出身者。一方、比較的人種差別が厳しくなかったのが(5)の中央並びに南部スペイン地区の平等主義核家族出身者。 また非常に重要なことだが、フランス革命やハイチ革命の原動力になったのは(4)のパリ盆地=イル・ド・フランスの平等主義核家族出身者。単純な結論は慎まなければならないでしょうが、絶対核家族&直系家族 vs 平等主義核家族制度の事実は示唆的

その他の点として、著者は、『…ムスリムはハウサ人のみならずヨルバ人の中にも多数の改宗者がいた。ムスリムには、宗教の勉学(=高識字率)とともに政治闘争の強い伝統があった。バイヤの多くの奴隷主が読み書きを知らなかったのに対し、到着したばかりの奴隷の多くは読み書きができ、他の奴隷達を感化したのであった…』p281 と述べてイスラーム文化の中南米への伝達についてのべている。 しかしこれまでラテンアメリカ文化のイスラームの影響についての言及は聞いた事が無い。これは今後の課題。

最後に1つだけ注意を要することがある。それはアフリカから黒人奴隷を新世界に拉致したのは決して白人達だけではない。 彼らをアフリカの地で追い立て、拉致した者達もアフリカ人自身であることは忘れてはならない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ