2006/9/20

竹島問題その後  試行,指向,志向、思考

昨日の新聞の片隅に韓国が竹島近辺の調査を中止したとの報道。朝見た時には見のがしていた。

選択肢のない外交の袋小路に何故韓国が入っていくのか? その理由を5月の時点で私は「死に体」の盧武鉉政権がナショナリズムに訴えて求心力を得る為の手段だと見たが、どうやら正しかったようだ。やはりこんな場合は冷静に時間が過ぎるのを待つのが得策。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/205/trackback

しかし、予想より早く来た感じではある。私は政策変更は盧武鉉政権の退陣の時期とみたが…? 悪化する対米関係や6カ国協議の行き詰まりで、これ以上日本との関係を悪くしても得にはならないとの判断が背景にあるのかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ