2012/10/4


BSプライムニュースで野田毅氏登場。同氏は都が尖閣を所有するより、国有化する方がよいと中国に説明したが向こうは「それは絶対駄目だ」と言ったことに対し、司会の反町氏がその説明をどうも判らないといった風に装っていたが、そんなに判らないことか?

領土はお互いに譲歩出来ないイッシュー、日本が日本の領土としての前提でいくら説明しても中国が納得するはずがない。立場を逆にして考えれば簡単に判ることではないか? それが何故判らない。 判らないのは自分の論理でしか考えないからだろう。これは想像力の欠如。


いずれにせよ、領土問題の唯一の解決法は戦争しかないというのが歴史的事実。中国は戦争することに躊躇しないはず、少なくとも軍事衝突は「あり」のはず。国内の不満分子から、愛国無罪と袋だたきになる位なら、戦争は躊躇しない。このことは何度も述べていること。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2051/trackback

誰かさんは「攻めて来ない」などピンぼけしたことを言ったとか。国内で命を賭けた権力闘争をしている政治家と親父の庇護の下の政治家では覚悟が違うだろう。比較的親日路線の胡耀邦胡錦濤、恩家宝も国内の、特に解放軍の強硬派には抗じきれないだろう。

 …段々腹が立ってきて過激、暴言、毒舌はご勘弁 m(_ _;;m


戦争をしたくなければ対中的にはソフトに、日米同盟はハードにする以外に方法はないのでは? ところが都知事がシャシャリでて対中的にハードに、一方で民主党、特にあの鳩さんが日米同盟にヒビを入れた。真逆なことをしたね。

最後に両人の提言は、

野田毅氏 『小異を残して大同につく』
  残すのは領土イッシュー。領土の問題は捨てられない。確かにそうだと思う。

岡崎久彦 『日中交渉より日米戦略協議を』
  岡崎氏には色々な面で同意できないところがあるが、後半部分については同感



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ