2006/3/3

『修道院と農民』  お勧めの1冊

副題;「修道院と農民―会計文書から見た中世形成期ロワール地方」佐藤彰一 (著) 名古屋大学出版会、1997年出版。75年に発見されたサン・マルタン修道院「会計文書」の体系的分析により、この文書がカバーするロワール地方を観察の場とし、史料が語る農村社会の構造と変動の様を介して、古代から中世への移行の様相を具体的に解明した力作。 

この中の「聖餅の神秘論」という同じ史料から出発して、私が計算をしたところでは1モディウスは約18Kg。ところが、歴史家H・ビィットヘフトの計算では104.56Kg。史料というのは9世紀半ばに書かれた文書で以下ちょっと、長くなりますが全て引用します。

『現在の3ヌミは大粒小麦153粒の重量に等しい。この3ヌミは1スタテールに等しく、練り粉状の大聖餅1つの重さである。火を通すことにより、それは全重量の6分の1を失う。小聖餅は1ヌムスを越えない重さである。重量について語ろう。大聖餅より大きくもなく、また小さくもないこの3ヌミ{の聖餅}はもし古よりの習慣にしたがって作られたならば、大粒の小麦153粒と過不足なく等しい重さを示す。そして300ヌミは昔の25ソリドウス・ポンドの重さがある。 その12ポンドはそれゆえ3600ヌミであるが、このは小麦1セクスタリウスに等しく、これから、それを以て1人の人間が1週間生きることが出来る、もしくは7人の人間が1日を生きることが出来る7個のパンが得られる。さらに公正かつ正規の1モディウスは均等なる17セクスタリウスからなり、これを以て神の加護により、食卓に集う119人にパンを購うことができる。』 p370

私は最後の行の「1モディウスは・・・119人にパンを購う」から出発して、1斤半の食パンを作るのに450gの小麦粉が必要であるとし、また1斤半の食パンで2人の1日分の食料と考え、以下のように計算した。1モディウス=119 x 450g / 2 = 26.8kg これは9世紀半ばの史料で、シャルル・マーニュが旧3モディウスを2モディウスに変更したので、これを7世紀の旧モディウスに変換すると新1モディウス= 26.8kg=旧1.5モディウス、すなわち、旧1モディウス=17.9kg。

同じ史料から出発してこれだけの違いが出たのは(勿論、私が何か間違いをしたのでしょうが)H・ビィットヘフトが最初の行の「3ヌミは大粒小麦153粒の重量に等しい」という事を元に計算したからだと思われる。しかし「1モディウスは成人の男子1人が運べる容量」だとするならば104.56Kgは、無理ではないか? 私の推理した17.9kgの方が少なくともの史料とは整合性があるように思う。

私の計算の問題点は、現代の方法で作った食パン1斤半が2人分の食料となるという仮定で、これが1人分しかならないとなると、それだけで1モディウスは36kgになってしまう。ただし、それにしても、とても104.56Kgにはならない。何故なら1人で4斤以上食べることになるわけで、現代の飽食の時代でもこれは多すぎ。また当時の収穫量が1粒の種籾あたり3粒程度の時代に、パンばかり食べていたとは到底思えない。それから「1モディウスは・・・119人にパンを購う」という記述を算定に使った点についてはかなり妥当だと思われる。 それは、9世紀のコルビー修道院長アダルハルドウスはスペルト小麦に関して、24新モディウスの麦から製粉後に10新モディウスの小麦粉がもたらされるとしている p384 この記述から著者は9世紀には12新モディウスの小麦の収穫があれば1人の生存を1年間支えることができる計算になるとしている。p384 一方、私の根拠とした記述から計算すると、365 / 119 x 1 = 3.06 約3新モディウスの小麦粉で1人の生存を1年間支えることができ、これを小麦に換算すると 3 x 24 /10 = 7.2新モディウスの小麦となる。これは、著者が別の計算によって得た新12モディウスと大差ない。

一方、歴史家の計算の問題点は小麦の容量(モディウスは葡萄酒にも使う)からパンの原料となる小麦粉の重さを推定する際の誤差。すなわち、容量から重量への変換、さらには脱穀にともなう重量損失を正確に算定するのは難しいと思う。

不思議なことに、著者が特に言及していないことを1つ。世帯の10分の1税の平均額は2.2モディウス、 即ち総生産量は22モディウス。p518 これから各世帯が1年間に消費可能な平均穀物量を計算すると。22 - 2.2(税)-7.3(種籾)=12.5モディウス。これは著者の計算による、1人の生存を1年間支えることができる18モディウス(=12新モディウス、私の計算では10.8モディウス)にさえ及ばない。確かに本文中でも「慢性的な飢餓状態」との記載があったが、むしろこのことは、穀物以外のカロリー源が重要であったということではないでしょうか? この時代の農業はかなり初歩的な段階で、かなりのカロリーを動物性食物から穫っていたと考える方が私には納得しやすい。「西欧精神の探求:革新の12世紀」堀米庸三編p41にも豚肉の消費量は12世紀当時でさえ1日平均で1キロとなっている。 これには異論も多いだろうが已然として初歩的農業の時代に穀物以外のカロリー源が重要であったということはあり得るだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ