2013/10/31

大学人でない人たちが「大学入試改革」を提言するとこういうことになるという実例  教育

<燃費計算>
805km/38.43L=20.9km/L
現在10万481km走行済み
最近、プリウスの燃費が落ちてますね。クーラーも暖房もなしなのに、やはり10万キロを越えたからでしょうか(涙)



教育再生実行会議は、大学入試を知識偏重の選抜から能力や意欲などを総合的に評価する選抜に転換する必要があるとして、面接や論文など多様な方法で選抜を行うことを安倍総理に提言したとか。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131031/t10015721371000.html



このニュースを聞いた時、どんなメンバーがこんな提言をしたのか知らないが、現状を判っている人がいるのだろうか?と思った。 

多分受験の経験のない*安倍さん好みのメンバーだろうし、彼に気にいられるような提言をしたのだろう、とも。

  *成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校、成蹊大学



まず今問題になっているのはまさに「知識のない」学生が増えていることだ。それに10分やそこらの面接や論文で本当に学習能力が判るとでも思っているのだろうか? 

確かに面接である程度「意欲」は判る。だが「能力」は無理、これは経験から云える。

それに現在の55万人の受験生に面接や論文での選考が可能だと思っているのだろうか??? 現状でもセンター試験でかり出される人員は5万人程度。これは一度に沢山の受験生を同時に試験する体制でもこれだけ人員がいる状況。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3083/trackback

これを1人当たり10分の面接をするとして、述べ550万分=9万時間以上。複数の審査員が(個人差を少なくするため某大学では3名)12人X10分=2時間程度受けもつ(現実的な数字で、実質のべ4時間程度)として、面接官だけでも1日13万人(9万時間÷2時間 X 3人)の教員をどのように手配するのか?? その他裏方にはその5〜6倍の人員がいる(某大学の例) 

まして論文となると1人当たり10分程度で判定できるはずがない。 大学生のレポート程度の判定でもかなりの時間をかけて判定している。 まして大学入試のような「人生を決める判定」にどれだけの時間が必要だと思っているのだろうか????

何故このような単純計算が出来ないのか?? 馬鹿じゃないかと思う。

因にメンバーはwikiによれば、

有識者委員
• 大竹美喜 (アメリカンファミリー生命保険会社創業者・最高顧問)
• 尾垣議セ (高知県知事)
• 貝ノ閏「 (三鷹市教育委員長)
• 加戸守行 (大阪国際大学客員教授 元愛媛県知事)
• 蒲島郁夫 (熊本県知事)
• 鎌田薫 (座長)(早稲田大学総長)
• 川合眞紀 (東京大学教授、理化学研究所理事)
• 河野達信 (全日本教職員連盟委員長)
• 佐々木喜一 (成基コミュニティグループ代表)
• 鈴木高弘 (専修大学附属高等学校校長)
• 曽野綾子 (作家)
• 武田美保 (スポーツ出身タレント 三重大学社会連携研究センター特任教授 元アスリート)
• 佃和夫(副座長)(三菱重工業代表取締役会長)
• 八木秀次 (高崎経済大学教授 「新しい歴史教科書をつくる会」元会長)
山内昌之 (東京大学名誉教授、明治大学特任教授)

成る程ね! と思った、数名を除いて本当の大学人ではない。それでは判らないよねと納得

大学人でない人たちが「大学入試改革」を提言するとこういうことになるという実例



ただし提言にある「数回の受験」というのはよいだろう。これは現状の「知識偏重の」受験なら可能な線、この点だけは賛成。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ