2014/5/24

中国バブル崩壊3  試行,指向,志向、思考

「死人に口無し」という諺が頭に浮かぶ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000113-jij-pol




いつも参考にさせてもらっているサイトに以下の様な記事が出ていた。

『2007年から2011年の5年間の中国の空き家率は15%』
『…空き家の総額はGDPの18%を占める』
『2014年から販売量は減少し、2013〜2020年の間に不動産市場の販売量は36%減少すると予測』
『地方都市の現在の空き家率は17〜18%、今後2〜3年で20%を超える可能性』
http://bbs.kurashi-china.com/viewthread.php?tid=10398&extra=page%3D1

その他のソースとしても、
http://blog.livedoor.jp/nabesholtd/archives/8385031.html

唐山市や温州市などの三線都市の空室率は平均16%で、北京市や上海市などの一線都市(大都市)は10%、南京市や重慶市、瀋陽市などの二線都市(地方中核都市)は13%。ここでも不動産がGDPの12%程度とはじき出されている。

杭州のデーターはないが、二線都市として10%〜15%程度ではないか? 最近も値下げによる暴動? が起こったという記事がでていた。

さて、将来の買い替えを考えているものとしては、とりあえずの値下げは有り難い。ただしソフトランディングであって欲しい。日本のようなバブル崩壊では迷惑。 ただし、先の核家族化が目下中国で進行中であることを考えると、日本のようにはならないだろうし、政府の強引な政策もあるだろうから。多くの評論家がいうような(期待している?)中国経済崩壊とはならないだろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3622/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3604/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3605/trackback



クリックすると元のサイズで表示します

QQもweiboもお上に吸い上げられるみたいなので、微妙なことは書けないしね〜
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ