2014/5/30

エコの見える化  震災ー原発事故

エコを導入したのは記録によれば2008年頃、2年後には使用電力を三分の一程に落とすことが出来た。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1383/trackback
また2008年にはハイブリッド車も導入しガソリン使用量を半分以下にすることが出来たし、1年で湿重量にして7.8トンの樹木を育てたことになると計算して喜んだ。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1382/trackback

その後エコ熱は停滞し3-11まで変化がなかった。それが、あの震災とそれに続く原発事故で再びエコ熱が復活した。ガス使用量は60%まで低下させることが出来た。これは積極的に太陽熱温水器を使用したことによる。以前から導入済みだったが、意識が低かったので真夏になるまでそれまでは使うことがなかった。今年は5月はじめから使用し、1日を除きガス湯沸かし器を使っていない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3606/trackback

一方、色々試みをしたが電力ではそれ程大きな省エネが達成されていない。2011/2013年比で電気使用量は殆ど変化無い(99%)。自宅の主要な照明を20 万円以上かけてLEDに代えたのに、これは意外だしガッカリした。多分それまでにかなり電気についてはエコ意識が高い状態だったので「絞った雑巾」状態だったのだろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2642/trackback

しかし、此処で重要なことはエコの「見える化」だと思う。実際に数字を出してみれば何に効果があり、何はそうではなかったのかを把握出来る。そこから次の方策が生まれるということ。「口先エコ」や「思い込みエコ」では駄目で「数字でナンボ」の精神が重要だと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ