2015/4/15

再び原発  震災ー原発事故

日本のニュースではいずれも浙江省と云っていたが、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150415-00000022-ann-int
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150415-00000021-jnn-int

youkuで確かめると温州苍南のよう。ただし、それを伝えているのは浙江テレビ。浙江省と聞いてオリジナルのニュース源を調べたわけ。




訂正:温州は浙江省でした。m(_ _;;m



<原発再稼働さし止め>
福井地裁による高浜再稼働差し止めの決定のニュースが入ってきた。まず、最初に云えば「審査に合格すれば、再稼働したほうがよい」というのが私の立場。

しかし、政府や電力会社の云う原発の経済性については大いに疑問。 第一、放射性廃棄物の処理や保管についての方法論さえ科学的に未確定で、しかもそれには天文学的コストがかかる。それについて口を噤んでいる、彼らの云う原発のコストとは精々、廃炉までのもので保管については無視していると考える。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3353/trackback

以前私は、

「人類が経験したことのない期間、安全に保管する事が出来るという底抜けの楽観性はどこからくるのか?!」
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3551/trackback

と述べたことがあるが、どうやらそれは「底抜けの楽観性」からくるのではなく、廃炉に出来ないという裏事情があるようだ。つまり今、廃炉に決めれば現在あるすべて原発は不良債権となり途端に原発の採算性が破綻する。 つまり今のコスト計算は採算性の帳尻合わせから逆算した結果のものに違いない。またリスクを事実上ゼロにまで完璧さを求めるとなると、それにかかるコストは莫大なものになりとても化石燃料やその他のものと勝負にならないだろうから。

それでも「審査に合格すれば、再稼働したほうがよい」と考えるのは短期的採算性と他の代わるべきエネルギー資源の開発が遅れていて間に合わないから。


…では何故、各国は最終的採算性のない原発を進めるのだろうか? 

これについての解答は実は今問題になっている、<エネルギー大国>イランの原発開発を思い浮かべればヒントが掴める。どこも原発の開発の裏には核兵器転用の意思がある。今の世界情勢では核兵器開発は公言できない。それ故の隠れ蓑ということだろう。

「原発と核兵器開発技術は別物だ」と知った風なことをいう人がいるが、もともと原発が核兵器開発技術から転用されたものであることを思い出せば(そんな昔のことではない!)、その逆が出来ないと考える方が非論理的。


以上の理由から、『原発の再稼働が滞れば、電気料金の上昇などを通じて経済への打撃が広がりかねない』とする日経の意見は支持できない。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG14H2A_U5A410C1EA2000/?dg=1

再度持論を繰り返せば、

「審査に合格すれば、再稼働すべき。ただし新たな原発はつくらない」

そうすれば、短期採算性を確保した上で、いずれ地震国日本に原発はなくなる。ただし事故のリスクはそれまで抱えることになるが、それを是とするか非とするかは政治判断であり国民の選択によるということだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ