2016/7/31

『イスラームから見た「世界史」』14  お勧めの1冊

相模原市の障害者施設での殺人事件
「世界には8億人の重度障害者がいる。かれらにかける費用を他に必要としている人たちに使った方がよい」

この発言の倫理性は兎も角、論理性は大したものだ。私の心の中にそれを部分的にでも肯定する声がないとはいえない。私自身運転免許の裏に「植物人間になる延命治療は拒否します」の一言を入れてカバーを被せている。

先に私は『犯人の異常性というものは正常人の精神とつながる部分が大抵あるものだ。 として、この犯人の言葉に  <それなりの論理性はある> と述べた。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4593/trackback

我々は、この犯人を薬物中毒者にしてこうした事実から目を背けようとしていないか? 憂鬱な事件が起こったものだ。

先のblogで述べた、GPSによる犯罪可能性のある人の常時監視はプライバシー侵害の憲法違反との判断があるらしい。しかしそれなら事件をまだ起こしていない殺人予告者の措置入院も人権侵害の憲法違反にならないか? 識者の意見を聞きたいところ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00004945-bengocom-soci




『イスラームから見た「世界史」』14
ここでトルコにおけるアルメニア人迫害の歴史が書かれていた。否、迫害というような生易しいものではない、虐殺の歴史と云った方が正しい。

アルメニア人はトルコ人より前から小アジアに住んでいたが、ヨーロッパ人でもトルコ人でもなかった。彼らは多くのモスレムの中に住む少数派キリスト教徒だった。あの特徴的なアルメニア教会がそのシンボルだ。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/830/trackback

在米中アルメニア人(当時はアルメニアという国はなかった)と同居したことがあり、日本人としてはかなり早くからその存在を知っていた部類だろう。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1632/trackback

彼らは支配階級の職業から締め出されていたので、彼らができないことを、つまり金融業を生業にしていた。これはユダヤ人も同じ。ともにモスレムやキリスト教徒が禁止されたことに進出した。p527

またそれ故に、恨みをかうことにもなった。1894年から1896年にかけての民族浄化で30万人が殺されたという。p529 しかしそれは第一次世界大戦時に起こった民族浄化の前振りでしかなかった。一説にはこの時期の「強制移住令」により100万人を超えるアルメニア人が犠牲になった。因に現在のアルメニア人口は310万人。 この数字が正しいなら3人に1人が民族浄化の犠牲になったことになる。著者も言うようにこれはユダヤ人のホロコーストを越える。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4154/trackback
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ