2017/3/31

3日目(3/21 火曜)  

定点観察
桜開花。

クリックすると元のサイズで表示します

3日目(3/21 火曜)
2日目のセミナーの内容は初めて聞くような内容だった。非公式の会議ということで内容は公開できない建前になっている。(ここを見る人には関係ないだろうが) それゆえ、写真も録音も許されないのはこの会議がアメリカでスタートした時からのお約束。(今回はイタリアで開催されたが、これは例外的でもともとはアメリカの会議)とはいえ、この時代Facebookやtwitterで情報はすぐ流れるので微妙な面はあるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

写真はアウトなので、上の写真は会議が始まる前の遠景。


知らないことが満載でなんとか話についていくだけで精一杯。細かい点などよくわからないことが多かった。初日にOverviewをした先生によれば、この分野の仕事が報告されたのが1987年だったとか。その後は他の分野の進展と絡みながらかなりのことが分かっている。特にノックアウトマウスを用いた研究で老化や神経変性、心疾患など様々な疾患、加齢現象と結びつくことがわかり現在では非常に多くの研究者が集まるようになったようだ。これからはiPS細胞から臓器を造れるので動物実験なしで直接ヒトの疾患の解析なども進むだろう。夕食時、たまたま隣に座った先生がこの会のオルガナイザーの一人で、自分の研究の話をする機会があったが、自分の分野にはまだ人が集まっていない旨を述べると「You are Lucky!」みたいなことを言われた。確かにそれはそうだ。でも逆に言えば、まだ人を惹きつけるほどの潜在的魅力がないというだけのこと。

1時のランチ開始から、ポスターセッション開始の4時までは自由時間。実際にはポスターセッションに全員出るわけではないので人によっては6時のオーラル発表までかなりの時間自由になる。 とはいえ、山の中(正確には丘の上)どこかに移動するにも自動車がいる。トレッッキングコースやプール、それにホテルが主催するイベント(パスタ作りなど)が唯一楽しみ方のよう。下の写真は散策の時のもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、こうしてホテルにカンズメにして会議をすることがこのGRCの目的。こうした機会に世界の研究者と知り合いになれる利点がある。帰国後、Google mapでホテルの位置を確認すると扇状地に建てられた古都Luccaからかなりセルキオ河を遡った、これまた小さな扇状地Bargaの丘陵斜面にある。正面遠くに見えていた雪山はParco Alpi Apuane;アルピ アプアネのようだ。
https://www.google.co.jp/maps/place/Renaissance+Tuscany+Il+Ciocco+Resort+%26+Spa/@44.0901743,10.4661566,64052m/data=!3m1!1e3!4m5!3m4!1s0x0:0x667e080566b77b1c!8m2!3d44.0908524!4d10.4681093

初日のWelcome dinerを除き、毎日夕食は夜のセッションが終わったあとの8時からだということを知る。初日は確かにOverviewなので真剣な議論はないからワインが入ってもいいのだろう。それにしても、夕食の時間はかなり遅く、腹ペコだ、それに終わった安心感でワインを飲むのですぐ睡魔が襲う。早々に切り上げ寝床に直行。そして3時頃に時差で目が醒める。朝まで眠れないのでメモをパソコンに打ち込んでおく。帰ったらセミナーの時に大学や近くの同業者に学会の報告をするのが決まりなのだが、その理由だけでなく、こうして文字化することが頭の中を整理する上でも重要。聞いただけメモをとるだけでは忘れてしまう。「言語化」は「認識」だと確信する瞬間。

別件だが、日本以外のホテルではどんなに高級なホテルでもヲシュレットがない。慣れてしまうとヲシュレットがないのは辛い。それとこのホテルが斜面に建てたいくつものビルの複合体からなるので分かりにくいがそれがホテルの探検という別の面白さもあるようだ。カナダのバンフ温泉やウィスラーでのアメリカの学会でも会場のホテルがそのような作りで、山の中で開催されカンズメになるので仕方なく? そうした楽しみ方があった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1478/trackback
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ