2017/11/18

「あとは野となれ、山となれ」&「意図的削除?」  震災ー原発事故

『日本原子力発電が原電の廃炉費、大幅不足 原発建設に流用』このニュースを昨日車の中で聞いた時「やっぱり!」という気持ちが湧き上がった。それは原発を運営している組織に対する根強い不信感がその背景にある。

原電の廃炉費を原発建設に流用し大半が残っていないとのこと。なぜこのような重大な事件が話題にならないのか? ニュースを運転中に聞いたあと調べてみてもなかなか出てこず、検索しないと見つけることができなかった。大手のマスコミですら片隅に載せているだけ。きっと「忖度」があるのだろう。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6261462
http://buzzap.jp/news/20171117-tsuruga-nuke-plant-diversion/

つまり、廃棄物についても廃炉についても、「あとは野となれ、山となれ」ということだ
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5042/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4911/trackback

ちなみに廃炉費用の積み立て金は40年、利用率76%で計算されている。つまりそれより短い期間で廃炉になるものは不良債権化する。 これは「予想」ではなく、純粋な「計算」
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4454/trackback

因みにこうした重要な書類がいつの間にやら、経済通産省のweb上から消えている。もし隠す意図がないなら行き先のURLを明記すべきだろう。
http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131001002/20131001002-4.pdf

注)一見すると、探している資料が「インターネット資料収集保存事業」の中で見つかるような体裁をとっているが、いろいろ試しても見つからなかった。つまりこれは意図的削除
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ