2018/2/12

電力会社の方が1枚上手  震災ー原発事故

<電力会社の方が1枚上手>
前回「入試問題の作り方」で解答が1つしか出ないようにするコツについて述べた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5225/trackback

そしてそこから「送電線容量ゼロ」のカラクリについても述べたが、今日特番で電力会社の具体的なカラクリが判明した。それは送電線の使用権は「先着順」で

 <発電している、発電していないに関わらず送電量をキープする> 

「カラクリ」であることがわかった。そしてそれができるのは電力会社が送電線を独占しているから。これは単なる取り決めでドイツでは「再生可能エネルギー優先」の決まりになっているし、イギリスでは「コネクト&マネージ」つまり接続してみて、そのうえで容量をコントロールするという方式らしい。日本だけ「先着順」に積み上げるので電力量が実質20%でも規則上満杯になる。

なるほど、電力会社の方が1枚上手の「解答が1つしか出ないようにするコツ」をよくご存知だということがわかった。




ちなみに、資源エネルギー庁の試算によれば発電コストは原子力が10.1円/kWhで風力、太陽光とも20円以上ということになっているが、世界では太陽光が10円程度、風力に至っては7円台だとか。例えば、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のデータによれば、2015年の太陽光発電コストは英国:9.3セント、フランス:8.9セント、ドイツ:8セントだそうです。これって日本の原発のコストとかわらないか、安いのでは?

日本では、何故か太陽光も風力も大変お金をかけて発電しているらしい!?
http://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/nuclear/nuclearcost.html

あ、それから忘れていたが、原子力のコストは正確には10.1円〜/kWhです。この後ろについた(〜)が味噌。入試問題にもよくやる手ですが「目立たぬように書く、条件の類」ですね〜
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5225/trackback
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ