2018/3/19

夫れ文字は皇道より起こる & 『ヤバすぎる経済学』2  お勧めの1冊

<夫れ文字は皇道より起こる>
先日『妖猫伝』を観たこともあり、空海についての本を読み始めた。その中に『文鏡秘府論』というのがあるらしい。その中に、文の力こそ国家統治の源泉であり、倫理道徳の根幹であるとする認識を持っていたとする。

『君子の時を済う、文章是れ本となり。夫れ文字は皇道より起こる』

天子が文章の力にもとづいた統治を行う限り、天下は自然に治ると。その文章を改竄すれば何が起こるかよく考えるべき。


<t-検定>
梵さんのblogでt-検定がギネスの研究者が考案したものだということを知った。
https://ameblo.jp/fang289196664/entry-12360995374.html
https://theconversation.com/the-genius-at-guinness-and-his-statistical-legacy-93134

ここでは正規分布に従うとしているが最近ではベキ分布の場合もあるとする新しい考え方がある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5165/trackback

一般的にFeedbackがかからない系では正規分布を示す発現パターン(正規分布)が多く、Feedbackがかかる系ではこのベキ分布をとるものが多いらしい。そして後者ではその中の「外れ値」にこそなんらかの意義を見出すべきとか。

ついでにそこのレスで話題になったことについての確認
https://ameblo.jp/fang289196664/entry-12360995374.html#cbox

<時系列は重要>
2017.05.23時点で出会い系バーの関係者によると、『前川氏は数年前から店に来ていた。多いときで週に1回来ていた。2、3カ月空くときもあった。だが、昨年末(2016年末)ごろからパッタリと来なくなった… 前川氏が「出会い系バー」通いを止めたころは、文科省による組織的な天下り斡旋(あっせん)問題が発覚(2017年2月7日頃)する直前だった』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170523/plt1705231530002-n2.htm

いずれにせよ、前川氏は杉田和博・官房副長官に注意されたあと(2016年の秋頃)は行ってない。
https://ironna.jp/article/6728

内情は部外者には判らない。しかし別に「出会い系バー」に行くことは違法ではもちろんないし、個人の趣味の問題。大体「違法」にもかかわらずパチンコで <小遣い稼ぎ> する公務員が処分されない方がおかしい



『ヤバすぎる経済学』2
面白い章と、よく判らない章がある。多分それは米国の内情をよく知っていないとピンとこないことがあるのだろう。

この中でジャネリック医薬品が米国の薬局で値段が全然違う例を示す。例えばプロザック90錠を5箇所の薬局で買うと、一番高いのがウヲルグリーンの117ドルで、コストコで買えば12ドルと信じられないほどの10倍近い開きがある。これが身近な『情報の非対称性』ということだ。アダム・スミス的世界は幻ということか? p56
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5214/trackback

そのほか、自己申告の危うさを実例で示す。福祉制度の適応を求めて人が申告した家財の中で「無いのにある」としたもののリスト。

トイレ(39%)、水道(32%)ほか、 つまりトイレが自分の家にない人の10人に4人が「ある」と嘘をつく、何故??  理由は「恥ずかしいから?」 評判に関わる嘘の例として印象的なものと著者はいう。p158

実は同じ難しさをアンケートで感じたことがある。それはweb site効用についてのアンケート。今でもはっきりとした理由は不明だが、学習用のサイトを「見る、見ない」で学生さんをグループ訳すると、両者の成績には「差なし」の結果だが、web siteが学習に「有効だった」とした学生の平均点は「役に立たなかった」とした学生より5点も高かった(標準偏差をみると差がないかもしれないが?)。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5128/trackback

これはもしかすると自分の成績を知っている(完全に公開している)から
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3881/trackback
それに誘導されて成績のよい学生は「有効だった」と回答したのかもしれない。これが自己申告の難しさだ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ