2007/8/16

そろそろ「ぼっちゃん」首相には退陣願いたい  

今朝も小池防衛相と守屋武昌事務次官の問題が取り上げられていた。どうも安倍首相のガバナビリティーに不安がある。

そういえば、今朝のニュースで運用が始まって4ヶ月になる「赤ちゃんポスト」についての番組があっていた。その中で、毎年捨てられる赤ちゃんの数は460人にのぼるとか。かなりの数になるらしいことは知っていたが、これまでこの手の情報は公にされていないので正直驚いた。

以前、安倍首相がこの「赤ちゃんポスト」を批判していたが彼はこの460人という数字を知っていたのだろうか? 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/539/trackback

『薄闇のローマ世界――嬰児遺棄と奴隷制』によれば、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/569/trackback
赤ちゃんの破棄は古代ローマ時代から知られていて。 ローマの奴隷制度における重要な供給源になっていたという説がある。 そうだとするなら、この制度は確かに奴隷の供給という一面もあるが、反面破棄され死ぬ運命にある赤ちゃんを助けるという機能もしていたに違いない。ローマでは解放奴隷も多くいたと聞く。確か有名な哲学者もそのような解放奴隷の1人。 

近代国家では貧民を救済するのは国家・政府の役割。その長たる安倍さんが「赤ちゃんポスト」を批判するのはいいとして、ではそれに代わるどのような仕組みを設けるのか? それに対する解答なくして軽々に批判は出来ないはず。

ついでにもう一言、
昨夜終戦記念日特番で、戦場から帰還した老人が首相を批判して、本人はもちろん、親父さんも、爺ちゃんも戦争に行ったことのない人に『戦後レジュームからの脱却』とか軽々しく言ってもらいたくないと述べていた。

…そういえば、アメリカの上院か下院の議員で、子息をイラクに出兵させている人が一人もいないというような話を聞いたことがある、これとも繋がる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ