2020/1/20

『日本人の勝算』3  

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ルビーリーグ, 1271XP,+82XP 四十五分钟。



<航空券の代金とは何か?>
3月第1週から1週間ほど中国行きを決める。春節と日本の年度末の旅行シーズンを避けた選択だが、料金は福岡-上海往復でコミコミ28,610円。これが内訳をみると実に不思議。

航空券は15,000円だが、燃料サーチャージ、旅客税、空港使用料、TAX、手配手数料に決済システム手数料など、諸々おまけが一杯ついて、航空券代金の倍の値段になる。なんだか騙された気分。つまり航空券代金というのはキャリアー(中国東方航空)に払うお金ということか?

クリックすると元のサイズで表示します



<Fact or Fake>
https://forbesjapan.com/articles/detail/31734/1/1/1
https://toyokeizai.net/articles/-/324805
Forbesともあろうものがフェイクとも思えぬが…?

『本人と父親は別だ』とも言える。
しかし、日本には、『蛇の道は蛇』という言葉もある。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6007/trackback



『日本人の勝算』3
ではどうしたら生産性を上げることができるか? 著者は生産性と企業規模に正の相関があることを挙げ。日本の中小企業が多いのでM&A=統合が必要だとも。p130 どちらが原因で結果かは問題だが、多くの研究事例は規模の差が生産性をきめるということを示唆するようだ。確かに素直に考えれば、規模が多ければ投資や研究開発費に余裕が出てくるはず。また、規模が大きければ女性の雇用にも利点があるとの指摘も成る程と思う。小さな企業では経理などを1人の女性が担当している場合があり産休も育休も自由に取れない。もし、規模がおおければ=補完する人員があればそうしたことも楽になるというのは納得できる。p135

ここで産休や育休の話題がでたので付け加えると、私は長いこと生産性はGDPを労働人口で割るものだと誤解していた。これが人口だと知ったのはごく最近のこと(恥)このblogへのコメントで知った。これぞwebの利点、感謝。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5505/trackback

当然、日本だと女性の就業率が低いので専業主婦も分母に入りそれが生産性を低めている。これには政治的には難しいだろうが、配偶者控除の廃止が必要だと考える。著者は最低賃金を上げて消費を上げることを提唱する。日本の場合15%の上昇を提案する。p186 もともと低賃金の人こそ賃金上昇がそのまま消費につながるので、それは納得できる。金持ちは多少賃金が上がってもそれがそのまま消費につながるよりも貯蓄に向かうのは納得だ。ここで多くの経済評論家や経営者が韓国の例を挙げ、最低賃金を上げたことが経済に悪影響を与えたれいとして指摘するが著者はそれについては、一気に16%に上げたことが理由だとする、『流石に極端すぎました』と。p188  これについては、著者は後からも資料を上げて議論している。これについてはまた後で。
0

2019/12/31

スタバで考えた & ご挨拶  

<大晦日の1日>
今日も今日とてスタバで読書とWifi利用のweb検索。その中から気がついたこと、感じたこと。今日はスターバックスのポイントでケーキも頼んだ♪ これについては後述したい(笑)

1)日本で直接納税 アマゾンが法人税150億円納付のニュース:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53989080Z21C19A2MM8000/

4年前の10倍超を超える納付額とのこと。またグーグルとフェイスブックも同様の動きを見せているとか。基本、ネット事業はファブレス企業、地元に工場などを構えなくても海外展開できる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5488/trackback

それゆえ法人税の低い国に見かけ上利益を集めることで商売をした国の納税額を抑えることができる。これは違法ではないが信義に劣ると考える。その結果、税引き前利益に対する税負担の割合は日本の上場企業が19年3月期で平均28%なのに対し、米ITは10%台だとか(Amazon, Facebook, Apple, Alphabet = Google)。現在同様な問題を抱えるG20は20年までに「デジタル課税」に関するルール作りを進めていることから、こうしたIT企業もそれに備え(あるいは対抗して)商売をしている国での納税の方向に切り替えているということ、本来の流れだと思う。

これで無料分の日経web記事を読み終わった。今月はいつもよりギリギリまでかかったのはこれという記事がなかったから <これはあくまで私の価値観。



2)電子マネーの利点
今日も電子マネーでスタバ利用。それで、このことについて考えてみた。

普通の買い物には近所と巨大モールにある2つのイオンを利用していて、支払いはすべて電子マネー。1万円入金すれば、そのまま1万円分使える。年金生活者にはふさわしくない(汗)毎月1万円近い出費をしているスターバックスも専用の電子マネー。これらは実際にはポイントがつくから1万円以上使える。今日もポイント利用で無料のケーキをゲットした(笑)。これはPayPayも同様。電子マネーはカードを無くさない限り、リーズナブルでお得
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5909/trackback

クリックすると元のサイズで表示します
写真はポイントで得たケーキ♪

但し、決済をすべて電子マネーというわけにはいかない。毎月銀行口座から引き落とされる経費はカード会社経由や銀行口座からの振り込みが要求され、選択の余地はない。さてその手数料だが、例えばダンス教室の金額は6,940円。これはシニアー割引料金が6,800円(普通料金は8,500円)なので手数料は140円。つまり2%の手数料をQネットから取られている。だがこれは安い方。クレジットカードの手数料はモバイル決済(使っているのはApple Pay)で大体3%以上、通常のカードだと4〜7%。その他、口座振り込みで水道・光熱費やNHK、NTT、ケーブルTV、税金、保険などがある。クレジットカードの手数料はアメリカのカード会社だと18%に及ぶものすらあるとか、驚きだ。(『実践行動経済学』87ページ)こうしたクレジットカードの仕組みは会社が暴利を貪っているのが現状だが、それでいてアメリカ人はカード借金漬け。これは人間がホモ・エコノミクスでない証拠となっている(笑)
https://kessai-pro.com/credit-card/

それはともかく、年金生活者となって以来、UC Goldカードは契約解除した。これなど年会費だけで10,000円にも上る! 勿論飛行場での特別ラウンジ無料使用など特権はあるが、年金生活者には論外! それ以外にカードは2つもある。但し銀行口座直結のカードはリスク回避のために通常は使わないので実質1個、あくまでBack Up用に持つだけ。できれば電子マネーを使い、その選択肢がないものはカード決済か銀行口座引き落としにしている。手数料は取られるが盗難やWebハッカーなどのリスク管理を考えれば必要経費か?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5881/trackback

以上が私の理解。もし間違いがあればコメントください。



<ゆく年くる年>
暦上のことなのでさしたる意識の変化はありませんが、これも世の習い、年末のご挨拶をさせていただきます。

このblogは自分自身の備忘録、そして自分のバーチャル本棚『お薦めの1冊シリーズ』としてスタートしましたが、時折頂くコメントで刺激を受けたことも事実。文字通りの、”be log”であり”web log”であります。今後ともよろしくお願いいたします。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/212/trackback

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。夕食を済ませたら宇美神社に初詣の予定。

それでは皆様、よいお年を!
0

2019/12/23

休日色々なことを考える  

<既得権の壁を破る>
NHKの日曜討論を見る。野口悠紀雄氏を久しぶりに見る。いつものことながら流石。2020年度の予算の限界とデジタル人民元の脅威を指定されていた。また、既得権の壁を破ることは重要だと指摘されていた。他、
  水野和夫曰く、『今までの仕組みで生き残るのは無理』
  野口悠紀雄氏曰く、『危機感を持つことが必要』

以下は自分自身の勝手な考え:
日本の経済成長がなかなか今後伸びないのは人口が、とりわけ労働人口が減っていることが原因の1つだが、これはなかなか改善が難しい。その分、生産性が上がれば良いが、これが世界でも最下位に近い。これがどう改善できるか?

例えば日本で生産性が異常に高い産業を見れば不動産、何故か? この理由の1つが規制。これを自由化してシェアー経済を導入すれば規制による見かけ上の生産性の高さが崩壊する。例として中国の小猪comにヒントが得られる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4932/trackback

ここで小猪comを引用したが、その記事を読むと自分も既得権の壁を打ち破ることを主張し『今の日本には経済的な世界的地位が緩やかに低下していることに対する危機感がない、内向きになり自己満足の世界に篭っている。』と述べているね(笑)

あるいはタクシー産業。これも規制緩和でUberのようなシステムを導入すれば誰でもドライバーになりえて今 <飽和状態にある自家用車> が使える。さらに自動運転が導入できれば、人件費が抑えられるのでタクシー料金の低下が期待できるし、とりわけこれは高齢化と過疎化の地方を大きく抱える日本にとって救世主になる可能性がある。まずは特区を早く作って、自動運転の移動手段をこうした過疎地方に導入してみてはどうかと思う。

あるいは主婦に対する扶養手当(配偶者控除)制度をいつまでも温存していれば、女性の社会進出を抑制することになる、この早期の廃止が必要だ。こうした習慣を伝統的という人たちがあるが、彼らは日本の歴史を知らない。江戸時代までは共稼ぎがデフォルト。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5488/trackback
https://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/cea9c9e117594f8acef2d648c411befc



<天下り組織の体質>
総務省の事務次官が日本郵政の鈴木康雄副社長に行政処分の検討状況をリークしていたニュースが流れる。この鈴木氏、この問題に関するNHKの取材に対して「まるで暴力団」と牽制、圧力をかけたらしい。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012223071000.html
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53616720Q9A221C1EE8000/

日本郵政の長門正貢社長の態度もTVで見た限り最悪だったが、これは日本郵政に「親方日の丸」の官僚体質があるからだろう。考えてみれば、官僚が天下していれば当然の成り行き。
https://www.sankei.com/economy/news/191218/ecn1912180046-n1.html

何故、こうも最近の官僚は腐敗しているのだろう? それとも昔からなのか? 多分昔からなのだろう。文部官僚も、厚生官僚もそうだった。忘れちゃいないゼ。そして今回は総務省。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5651/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5961/trackback

長いこと日本の官僚は優秀で国のことをいつも考えていると信じていた時期があった。しかし、それがとんでもない間違いだと気がついたのは最近のこと。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4390/trackback



<NHKのドキュメント番組>
現在の香港情勢と重なる。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/3115783/index.html?c=housou
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-12-21/11/30282/3115783/

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/12/19

リタイヤ生活  

運動はサルサのクラス1つ。


<予定外の1日>
今日は6時前に一度起床。すぐ起きるつもりで目覚ましを解除した後、二度寝してしまい。次、起きたのは10時。そんなこんなで予定変更して今日は勉強なしで懸案の台所の掃除と外回りのチェックを行う。

リタイヤしてから自炊をするようになったのでガスレンジ付近が汚れている。これまで散らかった時点で軽く拭き掃除程度しかやってこなかったので汚れが目立つようになった。それで急遽、手に入るもので掃除開始。

写真上は最初の状態の写真を撮るのを忘れて手前半分を少し掃除し始めてからのもの、下は掃除後のもの。どれだけ綺麗になったかは疑問だが、とりあえず掃除をしたという事実が重要。反省としてレンジ専用の掃除器具やクレンザーを次回は用意したほうが良さそうだ。なかなか簡単には汚れは取れない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨も上がり、午後は暖かいので外の点検。下水溝は予想どおり問題なし。マンホールを開けて植木の根が入り込んでいないことを確認。前回は9月だったのでほぼ3ヶ月。除草剤を周囲に散布したことも効果があったかも? この分だと年2回程度で問題なさそうだ。(前回もそのような結論でした)次回は来年の5月に予定を入れる。外回りの雑草、植木についても問題なし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後、屋外で読書三昧。このところコーヒーはAGFの「Blendy、まろやかブレンド」。これまではUCCの「職人の珈琲、まろやかブレンド」だったが、「通」ではないのでドリップコーヒーならば差は分からない。どちらでもOK。これから安い方にしよう(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、『国家は破綻する』の6章は圧巻だ、過去8世紀の(AD1300〜)世界の経済デフォルトの歴史を辿る旅。自分の能力に余ることは十分承知しているが、少しでも学べたらいいと思っている。

Amazonのカスタマーレヴューを見ると27人の評価で平均星4つ。低評価のレヴューの中に少し考えさせられる批判があった。これについては明日にでも議論したい。先走って一言述べれば、サイエンスには「反証可能性を保証する」ことが最も重要だということ。それゆえ、その批判は必ずしも正当ではない。同様な批判はピケティーに対してもなされた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5350/trackback

星1つの批判者の意見を列記しておく。
批判1:
MIT の院生にデータ処理の間違いを指摘され「破綻」したで御座るの巻き(笑)

批判2:
1.エクセル コーディングのエラー
2.都合の悪いデータを除く
などの初歩的なレベルで問題の多い手法が暴露されました。
2013年4月に、この本の著者たちが謝罪するという騒ぎになりました。




<老後の生活費>
この1月間、思いついて現金払いの家計簿を始めてつけてみた。食材は3万円弱、遊びで使った金額が3万円程度。それにジムやダンス教室の銀行振込料を加えると遊興費合計は5万円弱か?
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5955/trackback

その他、医療費やガソリン代や灯油代を加えても合計で8万円程度にしかならない。それならば月10万円は貯金が増えるはずだが、記録によればこの1年貯蓄額に増減はない。つまり気がつかないうちに月10万円以上、自動振込(+キャッシュレス)で消えていく。税金、ガス光熱費、電気水道代、保険代、通信費等。あ、海外旅行もあるな〜(汗)自動振込やキャッシュレスは目に見えないだけに用心、用心(笑)
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5789/trackback

年金生活者としては普通の生活が年金で完全にカバーできれば何の問題もないのだが、これだけ自動的?にお金が消えていくことは頭に入れておくべき。リタイヤ後、最初の1年目には150万円程度貯蓄が減ったが、その後1年は変化なし。2ヶ月に1回の年金振込周期がはっきり波状に表れる(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

あくまで老後の蓄えは緊急事態対応用。「毎月の生活費の補填」の発想こそ老後破綻の原因。それと、こうしたことは数値化しておけば老後の不安もなくなる。不安につけ込んでの「不道徳な見えざる手」に引っかからないようにしましょうね♪
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5421/trackback
0

2019/11/25

地元  

<半日で読める本 vs 何週間もかかる本>
文庫本と片や本文だけで500ページの分厚い本、しかし問題は分量ではない。難解な言葉が踊っているわけではない、むしろとても分かりやすい言葉で綴られているが、それなりに理解するにはUberやe-Commerceのビジネスモデルが分かっていないと分からない。またアカロフやピケティーの本の内容をあらかじめ知っていないと理解は難しい。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5320/trackback

この本には殆どデーターがない、結論だけ。何時もなら苦手なタイプで早々に放棄するはずなのだが、重要なことが書かれていると「直感」が訴えるので何とか今日まで続けられた。多分最後まで読めるだろう。この本は500ページほどの本文の他に、50ページ程の参考資料が挙げられている。7〜8割が書籍ではなくネット上の記事でURLが記載されているのも最近の傾向。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は半日で読める文庫本『沸騰、図書館』と何週間も読むのにかかっている『WTF経済』。ついでに自分の本棚から見つけ出した(この頃は自分で購入していた)四半世紀以上前の骨董書、『初めてのUNIX』(1992年初版)これでUNIXコマンドをパイプで繋げながらインターネットに接続していた時代の本。 まだまだ屋外での読書は可能な11月末の週末だが、太陽がないとちょっと寒い。



<地元再発見>
30年この地区に住んでいるのに初めて知ることが多い。週末土曜の夜、8時から1時間ほどかけて小学校区のパトロール。自治体の所有する軽パトカー?に各自治体から係りになった人が乗り合わせ校区の青色防犯パトロール。私は組長としての立場。

クリックすると元のサイズで表示します

基本、車で校区を巡回するだけだが、青色の警告灯を廻してのパトロールなのでそれなりの防犯力にはなっているかもしれない。聞くとこによれば、この校区は月1回、別の地区では毎週やっているところもあるとか。今回組長になって初めて知る事ばかり(汗)普段3区ある自分の住んでいる団地の事しか知らないが、この小学校区はその団地を含め全部で5地区あり、驚くほど広い。

*下の地図を見ると河川の部分は町とは別の管轄のよう。調べてみると多々良川の支流で二級河川のようなので県の管轄なのだろう。これも初めて知る。

クリックすると元のサイズで表示します

車で主要(と言っても中には車の離合も難しそうな狭い道もあり)な道路だけ一筆書きで回っても1時間以上かかる。団地から外れた地区は山間部にあり、イノシシも出るとか! 驚いた。後からGoogle mapで確認すると、この校区は太宰府市、大野城市に接している。それと、町立の体育館だとか、ナイター完備の野球場&サッカー場など、とても施設が充実している。こうした施設は毎日朝8時半から夜9時半まで町民が低料金で利用できるように開放されているようだ。福岡市まで車で10〜30分程度、ベッドタウンであるのは間違いない。30年も住んでいるのに知らないことばかり(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回、町営住宅団地もあることも初めて知る。ただし空き家が多く、殆ど灯りがついていない。聞けば相当古いらしい。後から改めてGoogle mapのストリートビューで確認すると、カーテンのない部屋が多く確かに空き家が多そうだ。こうした地区は不審者が密かに住んでいないとも限らない、色々な意味でパトロールが必要だと一緒に回った世話係の方が述べられていた。その方の話によれば、この町営住宅は建て壊しの計画があり、一部はすでに進められているようだ。ストリートビュー左側の部分はそうして壊された跡なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します



ついでに最後の写真はジム帰りの青空。空気が清々しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/11/18

『イスラーム書物の話』7  

<立場を代えて考えて見よ!>
釈放された北大教授の略歴を見ると2007年4月〜2016年3月まで10年近く防衛省の研究所で勤務している。そんな人が安易に大量の軍事関係資料を収集した? もし事実なら拘束されても当然だろう。立場を代えて考えて見よ! 人民解放軍にかつて所属した研究者が日本国内で軍事情報を集めても気にならないのか?! リスク管理意識の欠如というのは言い過ぎか?


<地球ドラマチック「徹底解剖!万里の長城」>
土曜夜のNHKの番組、実に興味深い。受信料を払ってもOKと思ってしまう(笑)
https://www4.nhk.or.jp/dramatic/x/2019-11-16/31/4016/2340579/

初期の長城は泥と葦を交互に突き固めたもの。実は黄土には大量にCaCO3が含まれ、これがゼメントの代わりとなるらしい。また葦は排水機能を持つことで壁が崩壊しないように保つとか。明代にはこれが焼き固められたレンガになる。レンガを焼く炉は熱を循環し高温を保つ構造を持っていたとか。

クリックすると元のサイズで表示します


<数字のマジック?>
https://toyokeizai.net/articles/-/311659
申し訳ないけど、これは常識の範囲。これが驚きを持って受け取られるのは「統計」についての教育と実践が日本で殆どなされていないからだと思う。原因の1つは教師がそもそも教育と実践経験がない。教師ができないことは学生には教えられない。
https://www.stat.go.jp/teacher/c3index.html

これは「データーベース検索」も同じ。新入生向けの「一般教養」でボランティア的にやった経験から言える。中学くらいから統計についての教育を導入すべき
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4099/trackback



<消費税増税>
消費税増税が最悪と言い続ける彼、増税前には駆け込み需要があるので反動があるのは当然。しかも今回は色々対策がとられて前回ほどではないだろう。そのうち結果は出るはず。何度も言うが彼の予想はほとんど当たっていない。なぜ、いつもNHKが彼をコメンテーターとして選ぶのか理解不能。

日本の負債がこれ以上増えるのは国家の衰退につながる。増税するか歳出を減らすか、あるいは両方。これ以外に道はない。「歴史は決して繰り返さない、しかし韻を踏む

この方は今回、キャシュレスは期限切れ(来年4月)で反動が来ると予言した。是非これは検証して、また予想が外れたら吊るし上げしたい(笑)人間の経済行動は合理的ではないというのが、最近のマイブーム。

クリックすると元のサイズで表示します



『イスラーム書物の話』7
1つの教科書がマドラサで何世紀も使われているが、その間「注釈=シャフル」という形で変化が続いているという。p270 これは時代の要請に応じた面が大きいが、特に法学ではその傾向が大きいらしい。p271 書かれていないが、これは「イジュティハード」というものだろうか? これは今後の課題。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4574/trackback

ちなみに桜井啓子氏によれば「これ(イジュティハード)はクルアーンと、ハディースを理性を用いて、現代的に解釈する道を開く行為で論理的推論による法解釈」とする。

また写本ではイスラーム諸学の本が主で、文学や歴史などはごく一部、この状況が変わるのは技術書や地図、マニュアル、新聞、雑誌など19世紀を待たないといけないらしい。p277 ここら辺の事実認識についてはあの『イスラム世界はなぜ没落したか?』の著者、バーナード・ルイスの解釈に間違いはない。そこで彼は以下のように述べていた。『(末期のイスラム社会が、外部の文化や学問に対し全く興味を失っていったことを指摘し)18世紀の後半まで中東の言語に翻訳されていたのはたった1冊に過ぎない』と述べている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/122/trackback

現ウズベキスタンのブハーラー出身のブハーリー(ブハラ人の意味)のハディース集は90万の中から真性と思われる2700を選んでいるらしい。p306
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4161/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4055/trackback

ミシガン大学のイスラーム写本ウェブサイト。p315 時間のあるときに調べてみたい。
http://www.lib.umich.edu/islamic/
最近では写本の場合は世界各地の研究施設でコピーやCDの形で配布されてもいるらしい。p331 中には上記のようにweb公開されているものもある。

昔、「ベアトウス黙示録」の写本のデーターベースを探し出して興奮した時期があった。
あの頃はwebが使えるようになって間もなかった時期なのでとりわけそうした思いが強かった。このblogを作る前、90年代中頃ではなかったか? 時代が変わったね!
https://www.google.co.jp/search?q=beatus&hl=ja&tbm=isch
0

2019/10/6

お主も悪よの〜 & 有朋自远方来 2日目  

<根から腐っている>
菓子折りの下に金貨!!! 信じられない!

『お主も悪よの〜』の世界ではないか。江戸時代の話だと思っていたが…

腐っている。本当に原子力村は根から腐っている。

「違法性がない」 シャーシャーと言う、この感覚が信じられない。

クリックすると元のサイズで表示します

原子力村の魑魅魍魎性が言われたのはもう何年も前からだが 、全く改善されないどころか今でも生き残っているということに驚く。一着50万円の背広仕立て金が「儀礼の範囲」??? 
ちゃんと使用済みなのが全てを語る
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2380/trackback



<有朋自远方来 2日目>
1日目の夜は飲みすぎた。2日目の朝、少し二日酔い気味だが朝からスタバに行き朝食?初めて行くスタバ。駅前のスタバが移転したのだろうか? 

クリックすると元のサイズで表示します

まだアルコールが残っている可能性があるので地下鉄で天神へ。最初にイムズの最上階からの景色をと考えたが何と10時開館で待つもの馬鹿らしいのでアクロスの天空庭園の案内。ここの展望台も土日祭日だけの公開だとか(ただし階段を使っての外部庭園はOK)

クリックすると元のサイズで表示します

そのうち10時になったので再度、イムズに戻り最上階に上がろうとすると入場禁止になっていた! 後で調べたらここも11時以降の公開だとか。仕方ないのでその下の階の休憩場で少し休む。

クリックすると元のサイズで表示します

そうこうするうちに12時に近くなったので、多分もう大丈夫ということで、ホテルの駐車場に戻り、一路一般道で志賀島へ。台風一過で天気は非常に良く、休暇村で外洋と内海の景色比較後、休暇村のレストランでランチ。食事類を頼むとミニバイキング付きとなり、これはお薦めです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは都市高速で市内を東から西に横断。高架なので景色が楽しめるのが良い。西区から一般道で博多駅に向かう。 
お土産に沖縄の泡盛を頂く。ありがとうございました〜

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/5

有朋自远方来 1日目  

<有朋自远方来 1日目>
坂本八幡→玄ボウ(日方の文字は文字化けする)→太宰府→天開稲荷→三国志展:まず令和ゆかりの坂本神社に行くと、これまで普通に車で通れていた道が通行禁止になっていた。多分、余りに多くの観光客が「令和」効果で集まり、地域住民から不満が出たのだろう。事実、この神社はちょっと前までよほどの大伴旅人マニア以外、参詣に来る人はいなかった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5720/trackback

もっとも付近には当然、民家があるのでそうした住民は乗り入れが許可されているようで、車でそのまま入れなくもなかったが流石に遠慮した。但しそこは地元、迂回路があることは知っていたのでその道を使い無事、神社に行く。

次に車で清水山観世音寺の駐車場まで行き、そこに車を止めたあと、徒歩で観世音寺、玄ボウの墓、戒壇院を散策。

次に太宰府駐車センターに行き、そこに車を置き、徒歩で今日の一番の長い散策スタート(12523歩を記録)。まず、参道店をひやかしたあと、本殿とその脇に神宮寺(明治の廃仏で取り壊される)の存在を証明する相輪摚見学。茶屋で少し休憩後、天開稲荷までの登り。そして稲荷裏の祠参拝。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5143/trackback

その後、山道を辿って「虹のトンネル」のエスカレーターで九州国立博物館に行き三国志展を観る。なお今回は全て撮影可能(フラッシュ不可)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

关于像(guanyu xiang)は明代の作だが写実的、よくあるワンパターン的表現ではない。
クリックすると元のサイズで表示します

曹操の祖先は会稽郡の長官を務めたらしい。それを示す安徽省で発掘された煉瓦?
クリックすると元のサイズで表示します

広西省で発掘された漢〜三国時代の船の土器模型。船首の波避けとなだらかな船底は沿海航路と河川の両方での航行を可能にしたとか。呉の海洋進出と交易を示すらしい。先の『エリュトゥーラ海案内記』ではインドに中国の交易品が来ていることを示していたが、そのことの示す中国側の史料。なお呉と山越はこの地域を争ったらしいが、それだけ海洋交易が旨味を持つものだったからだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5914/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長江を航行する軍艦模型。こちらの船底は平らで河川航行専用だったことがわかる。
クリックすると元のサイズで表示します

公孫氏は山東省の威海までも勢力圏内に入れていたよう。これにより公孫氏はこの海域を支配したので、この間(倭国から卑弥呼の邪馬台国までの期間)日本についての記述が中国の史書に欠如する理由だとする史家もいる。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3213/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

曹操の墓の実物大模型
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

博物館の後、参道のお店で遅いランチ。博多駅近くの宿を確保後、暫く休憩後酒盛りで久しぶりに酔う。

他の方の記録。
https://blog.goo.ne.jp/yamafuntouki-56/e/3ca72d63ce0118a116efa00e36fd11cc
1

2019/9/21

いろいろなこと  

<パスポート申請>
金曜午前中に、残り半年の期限を残して新たにパスポート申請するため天神に行く。前回10年前は県庁に行ったと思うが、今は福岡市天神のアクロス3Fのパスポートセンターのみ。写真はスタジオで1,200円也。セルフもありそちらが安いが10年ものだからプロに任せた方が良いとの判断。申請は行列もなくスムーズに進み、駐車場代金380円。受け取りは10日後の9/30より。



<マイナス金利は特殊なことではない>
昨日のライブドアニュース記事、『「口座維持手数料」導入の是非に黒田総裁は明言せず「銀行の経営判断」』
https://news.livedoor.com/article/detail/17107717/

口座維持手数料は世界の常識、日本の非常識の類? 以前もここで書いたように「お金使いすぎのアメリカ人」の国でもやっていた。はい、すでに体験済みです。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5502/trackback



<ドコモの「d払い」の障害のニュース>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50019800Q9A920C1EAF000/
いかにもありそうなこと、これが初めてではない「d払い」トラブル。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5880/trackback

結局、現在PayPay1本なった理由もドコモの技術力とサービス力に疑問を持ったから
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5699/trackback

因みにPayPayはIT先進国インドのPaytmの技術が入っている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5880/trackback



<豚コレラワクチン接種に関する報道について>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50030180Q9A920C1MM8000/

「対応が遅い」という意見だけがTVで流れていたが、「汚染国」のレッテルが何を意味するか、裏に潜む政治的駆け引きをもっとマスコミも深堀しないと!
https://ameblo.jp/nanzuhan/entry-12499862999.html

追加:汚染国からの豚肉輸入禁止の歯止めが外れるということ。つまり長期的には豚肉の価格低下が起こるということだ。



<関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅>
13〜15日目:鉄道のままフェリーでシシリアに渡る。シシリアは沢山の文化が融合した土地、まず頭に浮かんだのがシシリア・ノルマン王国。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4990/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1167/trackback

ただし番組ではそれに関する話題はなし。そして最期の15日目は、再び海を渡りイタリア半島南部の小さな町リアーチェへ。ここは多くの難民や移民を受け入れることで過疎を解消した町の紹介が最後の数分、ちょっと短すぎて何も伝わらない。
https://www4.nhk.or.jp/sekiguchi-tabi/x/2019-09-20/10/29119/2377015/
https://www.nhk.or.jp/sekiguchi-tabi/italy02/route.html



<瀬口清之氏の記事を読んで考えた>
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57658

全体的にはある程度納得できる面もあるが、果たしてそのように楽観的でいいのだろうかと最初に感じた。国有企業が非効率であるのは事実だろうが、それだけ「伸びしろがある」ということにもならないか? 

図表の解釈にも疑問を感じる点があった。例えば図表1で国有企業の比率が減少しているのならば、まさに民間企業が伸びているということだが、それには特に言及しない。あるいは、図表2、図表3のグラフから売上高・利潤総額の両方において国有企業の伸び率は全体的に民間企業を下回っているとしているが、その差は本当に有意であるか? それを主張したいのであればエラーバーをつけるのが普通だろう!?

著者が指摘する、今後成長率が2020年を境に3〜4%台にまで低下するとする原因は概ね同意できる。というか、これまで人口動静から予想されてきたことだ。著者が指摘するのは3点。

1)都市化のスローダウン、2)大規模インフラ建設の減少 3)少子高齢化。特に3)が大きいことは日本が良い例。

結論としての著者の懸念は、中国の国家資本主義が世界を席巻するというよりは、中国経済の長期停滞がもたらす世界経済の不安定化の方であるとする。

こうした議論とは別に思ったのは、現在中国が進める「一帯一路構想」は中国のやり方を欧米流が浸透していない地域(=国家主導型あるいは開発独裁型)で拡大して、これまでの拡大路線を伸ばしていこうとするものではないか。これまでの国家管理された巨大な中国市場でのやり方をそのまま東アジアで拡張するものだとの理解である。特に一帯に含まれる中央アジア、中東地域はこれから規模において人口構造においても、人口ボーナスは半端ない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4016/trackback
0

2019/9/11

書かれていないこと  

<数値目標>
https://www.youtube.com/watch?v=xer8C_poG98&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=10
HKS 4 #9》10, 背了一个小时七分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=1mpPevSjKQ4
https://www.youtube.com/watch?v=uLmUd231fHo
李姉妹ch 二十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=T14rRJ-oCUM&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=75
#71〜75 ブレチャイな,学了三十五分钟语法。

https://www.youtube.com/watch?v=WRxBjTLIyWo&t=15s
0〜1h46min, 一个小时四十六分。

https://www.youtube.com/watch?v=T6DjmBMOwt8&list=PLRRe0GExdDrU5L7kN9NsU4ram19ki2_Ux&index=40
labo chai 38〜40 。学习了二十七分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=M0j7FknRgEo&list=PL2qMvlnKBIIymJ7OT9xFonvCpHITGYmoZ&index=13
チャイナ道場 #12〜13 一共背了四十五分钟句子。很好,但是例句很难。一共五个小时一分钟。

运动;爬山散步300kcal和一个Aerobics课



<書かれていないこと>
今、孟元老の『东京梦华录』を読んでいるが、たまたま月餅のことが最近よくお邪魔するblogの中で話題になっていた。
https://ameblo.jp/changzi728/entry-12522697562.html

それがキッカケで、その本の中秋節のところで月餅というのが<書かれていない>ことに気がついた。そこで改めてwikiで調べると。

『「月餅」という言葉は、最初に南宋の呉自牧の『夢梁録』に現れた。当時の月餅は菱葩餅のような形をした食べ物で、後に円形を型どり、団円を寓意するようになった』と書かれていた。

あれほど細かく北宋時代の開封の庶民の生活を描写した孟元老が書き漏らすということは考え難いので、そうするとやはり南宋以後の習慣か? 史書というものは書かれていることだけでなく <書かれていないこと> にも注意を払う必要があると感じた今日。

ちなみに中秋節のところでは<贈り物をし合うという習慣>すら書かれていない。


<肉まん=156kcal>
ジムに行く日は夕食は軽めか、なしで済ませる。今日は帰宅後肉まんで水割りと洒落込もうと思ったら、1個で156kcalとの記載が目にはいる。一瞬迷ったが、とりあえず1個だけにしてみたが結局、追加で合計2個。今日のトレッドミルの300kcalが帳消しになってしまった(涙)



<9-11>
また9-11がやってくる。いつもの問いが繰り返されるが、答えは同じ。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1597/trackback

今回は特にラムズフェルド氏の回顧録を読んだばかりで、思いも複雑さが加わった。
あれから世界が変わった。中東だけでなく、そのアメリカそのものも。



<世界ふれあい街歩き>
「多民族が奏でるハーモニー〜マレーシア ペナン〜」
https://www4.nhk.or.jp/sekaimachi/x/2019-09-10/10/21943/1767511/

ドリアンがあのような大木になるものだとは知らなかった。

ペナンは正に多民族国家マレーシアを示すように、イスラーム、ヒンズー、キリスト教、道教、仏教が共存する。その中でも中国人の存在は大きようだ。祖先が福建省から来たという周さん一族、今も伝統を守り一族内では中国語。もちろんペナン全体では英語が共通語。

ペナン料理、ペナンラクサ。これは魚の出汁なので誰でも(モスレムもヒンズー教徒も)食べられるとか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ